・ ジョヴァンニ・ベッリーニの 「鏡を見る女」

今の所、左右の視力の差が大きく、絵を描くのがままならずで、
本を読んだり、ネットであれこれ調べたりの方に傾きがちで、
やはりこれらも不便なのですけど、楽なので、はい、

今回もサイトで見つけたジョヴァンニ・ベッリーニ・Giovanni Bellini
(1433-1516)ヴェネツィア生没、の83歳までずっと絵を描き続け、
殆ど駄作がない、という画家の鏡の様な方で、
彼の素敵な絵に付いてです。
  
参考にしたサイトは Giovanni Bellini: piccola guida per conoscere l’artista.

ベッリーニの絵についての小さなガイド、という中から今回は1枚を。

こちら、「鏡を見る女」 板に油彩 62X79cm 1515年
ウィーンのKunsthistorisches Museum蔵

1-210mirr.jpg

何とも柔らかなイメージの漂う作品で、女性の体のふくよかさ、
実際よりもずっと彼がイメージした裸体という感じで、
左奥に見える風景も、彼が描いて来た宗教画と同じイメージで、
でも宗教画とはまるで違う、女性の美しさを描いたものですよね。



サイトには上の写真が載っていたのですが、もう1枚同じ絵の
肌の色調が違うのも見つけたので。

2-1377px-Giovanni_Bellini_-_Giovane_donna_nuda_allo_specchio.jpg

こうして見ると、かなり受ける印象が違いますよね?



私が一番すごいなぁ!と思ったのは、なんとこの作品を描いたのは、
彼が亡くなる2年前、つまり80歳を超えての絵だと知り、
すっかり感嘆してしましました。

彼の絵はずっと同じ彼自身のイメージを辿りながら、消化するというのか、
同化するというのか、調和のとれたものとなって行く、というのですが、

余分を省き、一番重要な部分だけとなりつつ、絵が枯れないのですよね、
これは凄い事だと思うのです。 人間が枯れていないというか、
まだまだ精神は若いのですねぇ。

彼の弟子にジョルジョーネ(1478-1510)、そしてティツィアーノが
(1490-1576)ジョルジョーネの下にいて、ベッリーニのこの絵は
ずっと年の若いジョルジョーネに影響を受けたのだろうとあるのですが、

ここでは見つけたティツィアーノ描く「鏡を見る女」をどうぞ。

3-871px-Portrait_d'une_Femme_à_sa_Toilette,_by_Titian,_from_C2RMF_retouched.jpg

画布に油彩 96X76cm 1512-1515年作 ルーヴル所蔵


制作年から見ると、ベッリーニはこの絵を見て刺激を受けたのかもしれず、
サイトにジョルジョーネとあるのはティツィアーノの間違いなのでしょうね。

ティツィアーノ22~25歳の作品で、ティツィアーノの作品も美しいですが、
穏やかでひっそり、ふくやかな魅力に満ちたベッリーニの作品に比べ、
やはり若く元気盛んなティツィアーノですねぇ。

孫弟子のティツィアーノの作品に影響を受けて描く、
ベッリーニの「そこのお若いの・・」という呟きが聞こえそう!!

あれこれ興味深いサイトでしたので、またご案内致しますね。

*****

本家ブログには、フェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロの聖書 を 
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。