・ ピランの海 をもう一度と、 仕事を辞め愛犬とカヤックで

先回塗り残しのまま見て頂いたピランの港をもう一度見てやって下さいね。

朝の港  ピラン・スロヴェニア  18x12,5cm  0号

+DSC03966_02_GF.jpg

塗り残しになっていた部分は、本当に面倒くさいややこしい所で、
左手の指で辿りつつも、どこか分からなくなる、という情けない事で、
でも何とか、誰も助けてくれないので、当たり前ですが、ははは、
何とか辻褄を合わせ、塗り残し部分をやっつけ、

薄い黄色だった部分、空色が反射している部分も、もう一度
塗り込みを何とか済ませた所です。

白い線が反射している所も、グレイの濃淡も、もっと変化が付いてくる筈、
という所で、ピランの海は一旦お休みに。

面倒、ややこしい、と思いつつも、こんな波紋のあるのが好きで・・!
はぁ、私shinkaiは、一白水星の星なので~~す。 関係ないか?!


*****

今日の第2部  仕事を辞め、愛犬とカヤックで地中海の航海に

先回はハワイのサーフィン大好き猫ちゃんをご紹介しましたが、
今回ご紹介するのは、ワンちゃんと2人でカヤックで地中海を航海中、
というお話です。
  
見つけたサイトは
LASCIA IL LAVORO PER NAVIGARE IL MEDITERRANEO IN KAYAK CON IL SUO CANE

giro-del-editerraneo-in-kayak-con-il-cane-1 (1).jpg

セルジ・ロドリゲス・バゾーリ・Sergi Rodriguez Basoli、31歳、今は+何歳、
はスペインのカタローニャの仕事を辞め、地中海を航海する事に乗り出し、

お供は道端で出会ったニルヴァーナ・Nirvanaという名の小型犬、女の子で、
既に3年間航海中で、約5000Kmの行程を。


giro-del-editerraneo-in-kayak-con-il-cane-2.jpg

ニルヴァーナは雑種犬で、2人はサルデーニャの岸沿いで出会ったのだそう。

最初は友人-ご主人の航海、不思議な浮かぶものでの旅に従うのを少しためらっていた
様子の彼女も、今はすっかり慣れ、2人は離れがたい仲となり、
カヤックにも、海にも少しの恐れも無く。

セルジが櫂で漕ぐ間は舳先にしゃがみ込み、落ち着いて水平線を、そして次の
上陸地を見つめ、一旦接岸するや否や、お祭りと、愛撫と、散歩の時間に。



giro-del-editerraneo-in-kayak-con-il-cane-3.jpg

2人は毎夕別の砂浜、別の場所に停泊するようにし、小さなテントを張りますが、
冬の間は土地の住人が無料で提供してくれる場所とか、教会とか、
運の良い時はB&Bという事もあるそう。

朝、海が余り騒いでおらず、カヤックで出かけられそうな時は、
2人は次の新しい浜辺、新しく出会える人を目指して漕ぎだします。

giro-del-editerraneo-in-kayak-con-il-cane-4.jpg



食料はその日ごとに新鮮な食料を、近くのスーパーとか食料品店で調達し、
1日から2日間分をカヤックの船倉に収納しておくのだそう。

giro-del-editerraneo-in-kayak-con-il-cane-6.jpg



今回のカヤックでの航海は、セルジにとっては2度目の大きな航海になるそうで、
最初の時は何年か前、イベリア半島を6か月かけ、3600km周航した時。
が、今回の旅はそれとはまるで違い、まず今の所、どこが目的地かは決めておらず、
それにスペインに戻る日も決めていない事。

彼が言うには、
時々何日間か休む日を作り、例えばクリスマスにはカヤックを残して置き、
飛行機でスペインの家族の所に飛んだし、そしてまた止まった所から漕ぎだし、
歓びに満ちて、新しい海、新しい素晴らしい場所、新しい顔に向かって前進する、と。

giro-del-editerraneo-in-kayak-con-il-cane-5.jpg



2013年7月22日からバルセロナの海岸から出発し、スペイン、フランスの海岸に
寄りながらイタリア半島のリヴォルノ迄。 そしてエルバ島に向きを変え、
コルシカにも。 そしてサルデーニャ島の南の端のichnusa島に迄。 

そして2人は北に向かい、イタリアのトスカーナの海岸を離れた場所迄戻り、
そこからずっと南に向かいシチーリア島に。

この島は魔法の島だ。 プローチダ島からこちらに迂回した事に満足している。
でも明日の朝は、出発する。

giro-del-editerraneo-in-kayak-con-il-cane-7.jpg

giro-del-editerraneo-in-kayak-con-il-cane-8.jpg

どこに? 勿論今の所はシチーリア島を周航し、それからカラーブリアに向かい、イタリアの
東沿岸を北に向かい、ヴェネツィアまで行くだろう。
そして、多分、クロアチア、ギリシャかも。
本当に信じられない旅、今の所終わりのない航海が続く!

セルジとニルヴァーナの旅は、“Rumbo Mediterraneo”
http://www.rumbo-mediterraneo.com/ にサイトがあり、
2人をサポートする為の献金も出来るそうで~す。

https://youtu.be/_chswlQMJ_g  
で、今日の記事の航海地図も見る事が出来ます。


*****
  
本家ブログには、  ナルニの 「聖母の戴冠」図  ギルランダイオ作
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ ピランの海 をもう一度と、 仕事を辞め愛犬とカヤックで"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。