・ 朝焼け風景 描き出しと、 絵画史における、最初の接吻場面は

スコミーゴ村の朝焼け風景を描き出していますので、見てやって下さい。

朝焼け  スコミーゴ村   46,5x33cm  8号P

+DSC03763_01_GF.jpg
 
個展に出した絵はこちらで、今回は左を少し詰めた構図になっています。

今漸くに全体に色鉛筆の塗りが入った所で、濃い雲の色の様子を見ていて、
これからどんどんと鮮やかな色も入り、中間色で抑える所もあるのですが、

はぁ、やはり絵が大きくなると、塗り甲斐があるなぁ! です、ははは。

まだまだ先が長いので、頑張りま~~す!


*****

今日の第2部   絵画史における、最初の接吻場面は

今回の本家ブログでは、フランチェスコ・アイエスの「バーチョ・接吻」の絵の
周辺事情を取り上げましたので、こちらも絵画史における最初のバーチョを。

こちらです。 そう、ジオットの「黄金の門におけるアンナとジョアッキーノ・
Anna e Gioacchino(ヨアキム)」のこの場面が絵画史における最初のバーチョと。

Giotto-Lincontro-alla-Porta-Aurea.jpg

パドヴァのスクロヴェンニ礼拝堂にあるジョットの壁画の一場面で、

スクロヴェーニ礼拝堂 ・ パドヴァ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463179334.html

記事を見つけたのはこのサイトで、https://www.foliamagazine.it/il-primo-vero-bacio-della-storia-dellarte/

毎年の7月26日が、聖アンナと聖ヨアキムのキリスト教者にとっての祭日であると、
いう事の説明に派生しての記事で、

「30日間の別れから再会し、接吻を交わす場面」とあり、この場面は多くの画家が
取り上げる場面にも拘らず、リアリズモと詩的な表現で他に匹敵する作品がなく、
西洋美術史上における愛する2人の最初の本当の接吻場面である、と!

はい、そう言われてみると、アンナの首の傾げ方が微妙な感じで、はい。


ですが、キリスト教徒でも無いshinkaiは、聖アンナと聖ヨアキムは
キリストの母であるマリーアの両親、というのは知っていますが、
「30日間の別れ」とは何?で、調べました。

それで分かったのは、2人は結婚したものの子供が生まれず、当時結婚して
子供が生まれないのは、神への義務怠っている者だ、と公の場で非難され、
ヨアキムは深く反省、砂漠で40日間の(30日ではなかった?)の断食をし、
子供を授かることを祈り、授かった子は必ず神にささげると誓ったのだそう。

すると天使が現れ、祈りが聞き届けられたことを告げ、砂漠から戻って
アンナに再会し、その時の接吻がこの場面という訳。

つまりこの聖なる接吻で、アンナは老齢であったにもかかわらず妊娠し、
聖母マリーアとなる女児を出産。 そしてマリーアが3歳の時にヨアキムの誓い通り、
神殿にマリーアを連れて行き、神に仕えさせた、というお話なのでした。



所でこの場面に描かれた「黄金の門」のモデルは、リミニのアウグスト門だそう。
現在の姿はこんなですが、ローマ期の門に後世あれこれ手を加えている事もありで、

sRimini.jpg

パドヴァに向かう前にリミニに滞在したジョットはこの門からインスピレーションを
受けたのだそうで。



こちらはレオナルド・ダ・ヴィンチ描く所の、聖アンナと、聖母マリーア、そして
子のキリストと子羊。

1200px-Leonardo_da_Vinci_-_Virgin_and_Child_with_St_Anne_C2RMF_retouched.jpg

聖マリーアも子供に戻った様に、母親の聖アンナに甘えて膝の上に、という
微笑ましい場面ですが、レオナルドの別の一面を覗き見た感もあり・・。


*****
   
ただ今本家ブログには、F.アイエスの 「接吻・バーチョ」・ 周辺事情あれこれ を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ 朝焼け風景 描き出しと、 絵画史における、最初の接吻場面は"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。