・ 絵の再開 と、 ラファエッロのデッサン

広島から戻って後、先週から絵を再開していますが、この先いつも描いている
小品より少し大きな絵を描きたい、と考えていた事と重なり、
有難い事に絵の再注文を頂いたので、描き始めています。

ええと、「スコミーゴ村の朝焼け」を倍の大きさで描き出しているので、
なかなか進まずでまだ見て頂けませんが、

気分転換に逆に一番小さいサイズでと、はは、0号 13X18cm で
クリスマス・ローズも描き始めたので、こちらの下描きを見てやって下さい。

林の奥で クリスマス・ローズ  0号 13X18cm

1-DSC03752_01_GF.jpg

まだやっと色鉛筆で塗り始めた所ですが、

林の奥の小さなクリスマス・ローズがしっかり朝日を受けている様子を、と
思っています。


*****

今日の第2部  ラファエッロのデッサン

ラファエッロ・サンツィオ・Raffaello Sanzio(1483–1520)、マルケ州の
ウルビーノ・Urbino出身のルネッサンス期の一番著名な画家の1人、はよくご存じと。

今回本家ブログでブレラ絵画館の記事を書き、登場したラファエッロの作品
「聖母の結婚」ですが、師のペルジーノ・Peruginoがほぼ同年に同じ主題で描いており、
2つの作品を比較してみて、その力量に驚いたのでした。

当時はペルジーノの方が勿論有名で、師匠でもあるので、師と同じような絵を、と
注文を受けたのかもしれませんが、しっかり下敷きにし、それを越えているのですね。

様子はこちらで見て頂き、

1504年の作品ですから、当時彼は21歳! なんとまぁ!なのですが、

そんな事もあって彼のデッサンを少し集めて見ました。 ご覧下さい。


こちらが彼が10代で描いた自画像、という事になっていて、

2-Raphael_colonna_01.jpg



ラファエッロの生家博物館で見た、フレスコの「聖母子像」が素晴らしく美しかったのを
よく覚えていますから、自画像のデッサンには驚きませんで、はい。

3-sRaffaello_Madonna_col_Bambino_1498.jpg

このフレスコ画は1498年の作、という事で、15歳の時という事になりますね。

ラッファエッロの生家、そして、殺人的坂道のウルビーノ!
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463304481.html

父親でもあり最初の師でもあったジョヴァンニ・サンティ(1440/1445–1494)は
彼が11歳の時に亡くなり、叔父に助けられながら父親が残した工房を継母と一緒に
経営したのであろうと言われていますが。

1499年徒弟からマエストロになり、17歳、同じウンブリアのチッタ・ディ・カステッロで
デヴューした、という事になります。

上で触れた「聖母の結婚」に登場する女性の顔の幾つかは、ペルジーノ描く所の
女性の顔によく似ているのですが、

シエナにも行き、フィレンツエで活躍するようになると、絵もどんどん変わり、
レオナルド・ダ・ヴィンチとの交流もあり、そして最後はローマで大成功を収めた、
という彼の人生なのですが、
37歳の若さの死。「過剰な性愛」の為の発熱からと! 皆さんもお気をつけあそばせね。



デッサンの年代が分からないので、系統だってご紹介できませんが、

この見上げる目の表情、これは彼の絵に何度か登場しますね。

4-7a1fab8ddeb7a32f638fbc6c6719283a.jpg



ダ・ヴィンチのモナ・リザ、のデッサンでしょうね。

5-09-ml-he-raphaelsketch-03-940x13185-730x1024.jpg



丸顔の、彼の中期の女性の顔でしょうか。

6-79a9b8312f38633767e2eda69b9fe207.jpg



男性も絵の中に登場していますが、デッサンとしては少なく・・。

7-80db7cbfb1fed21596abc4197696fbfc.jpg

8-DPOmfipV4AA4Hll.jpg

9-Raffaello-Sanziodetto-Raffaello-Cartone-Preparatorio-per-la-Testa-di-un-Giovane-.jpg

ダ・ヴィンチに少なからず影響を受けている様な感じがしますが、
彼の方が断然柔らかいですね。



聖母子のデッサン。

10-1513603655509509-raffaello-disegno-505.jpg



横顔。

11-1536834630175858-raffeallo-57E-disegno-PREVIEW.jpg



振り向く目。

12-horne_5643.jpg



見つめる目。

13-muserapheal1.jpg

14-Raffaello_focus2.jpg


私は昔はラファエッロの絵が苦手でした。 余りにも甘く、好きでなかったのですね。
今も特別好きな事はありませんが、それでも、成る程なぁ、という目で
見つめる様になっています、成長したでしょう? ははは。


*****
   
ただ今本家ブログには、 n.3 ブレラ絵画館  ミラノ 再訪 を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ 絵の再開 と、 ラファエッロのデッサン"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。