・ マルケ州 ・ Marche

◆ ウルビーノの朝  ドゥカーレ宮   Urbino  37,5x26,5cm  5号大


+DSC03443_01_GF.jpg  


ウルビーノの朝 ドゥカーレ宮_01_GF.jpg

ウルビーノのシンボルの一つでもあるドゥカーレ宮。 現在は博物館になっていて、

収集された絵画や、有名なモンテフェルトゥレ公の書斎も見れますが、

これは町の大駐車場からの眺めで、朝陽がドゥカーレ宮に当たり、手前の要塞はまだ暗い中。


2本の塔が並ぶ美しい一廓で、間に見える白いバルコニー部分は、有名な傭兵隊長であり、

ウルビーノの町にルネッサンス文化を持ち込んだフェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロの

居室部分があった場所で、書斎や祈りの部屋、また私的な浴室、温められお風呂とサウナで、

高さ60mというこの小塔内の通路から城内のどこにも行ける様に、また秘密の通路もあり、

公爵と親密な関係者のみが使っていたとか。


既に33年前かになる最初のウルビーノ訪問の時は、現在のこの駐車場は広い土の広場で、

アレッツォからバスではるばる来た我らは寂れた広場のバールで、ウルビーノに来た!と

感激したものでしたが、現在の広場駐車場は車で満杯、うっかり歩けないほどの、はは、

賑やかな町になっておりましたぁ。




◆ ラファエッロの生家にて  ウルビーノ  Urbino 27,5x19cm  3P

    

+DSC03300_01_GF.jpg


ラファエッロの生家にて ウルビーノ_01_GF.jpg

マルケ州の山の中に位置するウルビーノ・Urbinoは、現在は大学町で若者がいっぱいの

町であり、ルネッサンス文化を取り入れた宮廷を、また町作りをした有名な傭兵隊長、

フェデリコ・ダ・モンテフルトゥロの町であり、ルネッサンスの画家ラファエッロの生地

であり、そして町中の道はどれもこれもみな物凄い急坂が続く町!


ラファエッロの生家は博物館になっていて、これまた急坂の道を上って行った所にあり、

まだ若い頃に描いたフレスコ画の「聖母子像」が残る程ですが、当時の家の中の生活が

想像できるようになっていて、炉の前に肉をまんべんなくグリルする為に回す仕掛けが

あったり、また今回のモチーフにした、一見した時すぐに、このまま描けるなぁ!と

思った、ほり抜きの小さな棚に陶器壺や銅器の収まった箇所がありました。


そしてその横には小さな内庭に向かっての窓が開き、その手前に段が2段ほど。 

まだまだ小さなラファエッロがよじ上ったりしたのだろうな、と思わせる

家博物館の様子でした。



*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。


"・ マルケ州 ・ Marche"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。