・ ヴェネト ・ Veneto

◆ 朝焼け  スコミーゴ村  Scomigo  37x25cm  5P大


+DSC03222_01_GF.jpg     


朝焼け スコミーゴ村_01_GF.jpg

夜は9時頃に寝て、朝は5時起きの良い子の生活をしていて、はは、夏の間は5時半頃から

歩きに出かけます。 葡萄畑を脇に見ながら、家並が途切れ途切れに続く道を隣村

カルページカの教会まで歩き、その近くをぐるっと回り戻ります。


ちょうど朝の日の出の時間の移り変わりが良く分かる時間で、薄い青紫の空からほんのりの

日の出前の明るさ、太陽が真ん丸に赤く昇る時、雲や靄に隠れ半分だけ見える時、

そのさまざまな色を楽しみながら、顔なじみになったワン君の歓迎の挨拶も受け、

葡萄畑の枝葉の成長ぶり、葡萄の房の大きさも眺めながらの大体週3回、

1時間15分程の歩きです。


このモチーフは朝家を出る時の雲のかかり具合から、これは、と思ってカメラを持って

出た時に得たモチーフで、一旦雲の流れに隠れた太陽からの光が雲の縁を煌かせた

迫力あるもので、手前が葡萄畑の丘の上の木でお分かりの様に、まだ葉が茂り切らない

晩春の頃のもの、得難いモチーフでした。




◆ 初夏の葡萄畑  ヴェネト Santo Stefano in Veneto 22,5x16cm サムホール


+DSC03439_01_GF.jpg


s初夏の葡萄畑  ヴェネト_01_GF.jpg

今年2019年夏、遂にヴェネト州の念願が叶い、「プロセッコの丘」として世界遺産に

登録された我が町コネリアーノから北西のヴァルドッビアーデネに至る一帯。


ヴァルドッビアーデネは以前からプロセッコの生産地として有名で、この一帯の葡萄畑の

美しさはその季節によりいつも美しいのですが、とりわけ美しいのは少し手前の

サント・ステーファノ一帯が一番なのですね。


山腹を耕し、まさに耕して天に至る、という古くからの葡萄畑で、急な傾斜地にトラクターの

入らない間隔の狭い畝が、びっしりと感嘆する程に並びます。 本当に人の手で営々と作り、

育て上げて来た葡萄畑の美しさなのです。


プロセッコでも一番お高い「カルティッツェ・Cartizze」を生み出す畑は、ほんの小さな一廓、

細く長々と続く葡萄畑の中でハンカチを広げた位の土地ですが、

そのすぐ近くの葡萄畑がこのモチーフです。


プロセッコを味わう折には、プロセッコの郷はこんな葡萄畑なんだと思い出して下さいね。



*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ ヴェネト ・ Veneto"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。