・ パルマの、ドゥカーレ庭園 ・ Giardino Ducale 秋の色

今日は絵はパスさせて頂き、本家ブログでご案内したパルマ行き
エミーリア・ロマーニャ州の、パルマの生ハム、そしてイタリア・チーズの王
と言われるパルミッジャーノ・チーズで有名な街に出かけて来た様子の、
夕方のほんのひと時、通りすがりに覗いたドゥカーレ庭園の様子をどうぞ。

こちらは、庭園入り口の案内図ですが、大変に広い庭園で、
奥にはかなり大きな池もありですが、
我々はトスカニーニの生家博物館を見に行った戻りに寄り、

1-1-DSC01091_01_GF.jpg

地図の右下端にあるこの門から入り、斜めに進み、外に、という
ほんの少しを歩いたに過ぎませんが、大変良い雰囲気の庭園でした。



この庭園はパルマの街のどこにあるか、地図をどうぞ。
街の真ん中をパルマ川が流れていて、

1-2-img20180928_16421120.jpg

大きなピロッタ宮、ここに博物館、絵画館、テアトロが
ある宮殿の後ろから出て橋を渡った西側に、この庭園が。

庭園の南に印をつけたのがアルトゥーロ・トスカニーニの生家博物館で、
その戻り道だったのですね。



一番南端に当たる塀沿いの木々はまだこんなに緑色でしたが、

2-DSC01092_GF.jpg



ちょっと中に向かって歩くと、木々の葉が黄葉し、落ち始めていて、

3-DSC01093_GF.jpg



こんな風にかさかさと。

4-P26_5537_GF.jpg



正面突き当りに見えるドゥカーレ宮。 パルマはかってパルマ公国の首都で、
公国・ドゥカートと言いますので、そのドゥカーレ宮、ドゥカーレ庭園なのですね。

5-P26_5536_GF.jpg



夕方が迫る時間でしたが、色づき始めた木々の下で午後を過ごした
家族連れや、仲間で楽しんでいる人々の姿が見え、とても良い雰囲気。

6-P26_5539_GF.jpg

上の入口写真でもご覧になられたように、自転車も、ワン君もOKで、
4月から10月末までは朝6時から真夜中まで開いていて、
11月から3月末までは朝7時から20時まで開園ですから、
街の人々にとっては、本当に身近にある、素晴らしい庭園なのでしょうね。



一際大きな大樹が見え、

7-P26_5538_GF.jpg

8-P26_5540_GF.jpg



真ん中迄やって来ると、奥のドゥカーレ宮が良く見え、

9-P26_5541_GF.jpg



中央を通る広い道。 黄葉が進んでいます。

10-P26_5542_GF.jpg

今年はshinkaiが済む北イタリア、ヴェネト州は適当に雨があり、
乾期がひどい年には7月頃からすでに黄葉の気配があったりですが、
この秋はまだ緑が濃いのですが、
ここパルマでは少し黄葉が進んでいますね。



髪を夕陽に光らせながら、走り抜けていく女性もいて、

11-P26_5543_GF.jpg



今回旅をご一緒した友人が拾った、この庭園のマロニエの実。

13-P26_5547_GF.jpg



射しこむ夕日に煌く木の葉。 

12-P26_5545_GF.jpg



庭園を出てくると、目の前にかかる橋、そして向こうに広がるピロッタ宮。
その大きさ、高さ、広大さに、改めてファルネーゼ家の富を思いましたぁ!

14-P26_5548_GF.jpg



橋の下、地図にも見えるパルマ川ですがぁ、ご覧の通り、
完全に枯れた川底が見えましたぁ! どうなっちゃったんですかね?!

P26_5535_GF.jpg


明日30日から南イタリアのマテーラ方面に出かけますので、
ブログは2回お休みを頂きます、よろしくお願い致しま~す!


*****

ただ今本家ブログには、
パルマ行き  総集、予告編 を  
アップしております。  
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

"・ パルマの、ドゥカーレ庭園 ・ Giardino Ducale 秋の色"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。