・ ひとり遊び、途中経過と、  アルルの街、落穂ひろいの写真を


  ひとり遊びする男の子、詰めて見ましたので、見てやって下さい。

  ひとり遊び  フランス・ニームにて

1-DSC07089_GF.jpg

  バックのブルーが少し鮮やかに見えていますが、
  実際はも少しグレイが入った色です。

  子供の顔、髪、チェックのシャツ、ジーンズ、玩具の車と、せっせと描き込み、
  なんとかここまで詰めて来ました。

  今一番気になっているのは髪の毛で、影の色の濃さで髪が固く見える、
  というのか、も少し中間の影の色が出ないといけませんね。

  と、手の影の色、顔の影の色、これはどうでしょうか?
  地面からの反射の色があるので、少し難しいのですが。

  と、地面は殆ど下描きのままで、紙の凸凹の色が入らない部分の
  効果などがうまく行っている気がして、そのままなのですが、

  どんなでしょうか?



 *****

  今日の第2部   アルルの街、落穂ひろいの写真を
                      
  今日の第2部を何にしようと思いつつ、小父さんのブログにお邪魔しましたら、
  なんとヴァン・ゴッホの映画「炎の人ゴッホ」の記事があり、
  とても懐かしく、そうだ、まだゴッホが入院していたアルルの病院のご案内は
  まだだった、とネタを頂き喜んで写真を集め、最後に念のため、
  自分のブログを見ましたら、なんとすでに載せておりましたぁ、馬鹿がぁ!

  でもそれ位ではへこまない、根性の、もとえ厚かましいshinkaiは、
  ではブログにまだ載せていないアルルの写真を、
  何枚かは重複しますが、へへ、ご覧頂く事に。

  という事で、ゴッホがらみの内容も含め、アルルのご案内を先にどうぞ!


  で、アルルの街に到着前、ローヌ河を渡り、

2-5991_GF.jpg




  大きな木がゆったり茂り、脇には公園もあり。

3-6001_GF.jpg




  市内観光バスというのは、イタリアも汽車ポッポの形ですけど、
  色が赤と白の賑やかなのが、こちらでは南仏アルルといえど渋いベージュ。
  さすがファッションの国おフランスですねぇ!

4-6009_GF.jpg




  こちらが、現在「エスパス・ヴァン・ゴッホ」と呼ばれる文化センターに
  なっている、
  ゴッホが自分の耳を切り入院した、元の病院。

5-6010_GF.jpg

  光、色溢れる南仏に来て、ゴーギャンと共同生活をしながら絵を描く、
  という喜びにあふれていたゴッホですが、
  まるで性格が違い、絵を描くスタイルも違う二人の衝突は激しく、
  遂に激情にかられ自分の耳を切るまでに感情的に追い詰められたゴッホ。





  入院中に描いた中庭の絵がこれだそうで、

6-6017_GF.jpg




  今は中庭の区割りも絵にある様に整理されています。

7-6022_GF.jpg




  こちらが旧市街中心のレピュッブリカ広場で、右に見える教会が
  サント・トロフィーム・St-Trophimeで、左が市庁舎。
  この教会の正面のご案内だけでも、また改めて。 素晴らしいのです!

8-6030_GF.jpg

9-6037_GF.jpg




  そしてゴッホが「夜のカフェ」を描いたカフェ。 確か黄色く塗られた
  このカフェの2階に、ゴッホとゴーギャンは一緒に住んだのだったと。

10-6068_GF.jpg

11-6069_GF.jpg

12-6077_GF.jpg

  ずっと昔、池田満寿夫がゴッホの足跡をたどるアルルの旅のTV番組の中で、
  「ゴッホは物を見ずには描けない画家で、ゴーギャンは見ずに描くタイプ」と
  説明した言葉をとても納得した記憶が今もありますが、
  まさにその通りと!

  ちらっとゴッホの生涯を読みましたが、そういえば、と思い出したのが、
  若い頃に好きだった女性に会いたく、手を蝋燭の火にかざし両親に迫ったり、
  のそういうシーンがあったっけ、とか、

  自分の熱中を他人にも押し付けるような、純といえば純粋すぎるような
  性格の持ち主だったのだろうと思いますが、
  
  あの数々の彼の名作を生みだしたアルルでの生活が15ヶ月間、
  彼は有名にならずのまま37歳で亡くなった、というのも、
  今の自分の年齢になって考えると、・・・、という想いがありますね。




  アルルの野外闘技場。

13-6100_GF.jpg

14-6110_GF.jpg

  市内観光のバスがベージュであり、窓の鎧戸がベージュや薄い空色だった
  のと同様、アルルの闘技場はグレイ色で地味な印象で、それに比べ、
  ヴェローナの闘技場やローマのコロッセオは色も形も美し~~い!!




  これはたぶん、玄関入り口前に置く靴の泥ぬぐいではないかと。

15-6083_GF.jpg




  南仏で見た美しい布の数々が忘れられませんが、
  今土産物店の前でお財布を開く友人ジュリアーナ。

16-6121_GF.jpg


  
  
  町の古い城壁と門の名残もあり、  

18-6124_GF.jpg




  夕暮れ迫る広場でペタンクに興じる中高年男子たち。

19-6125_GF.jpg




 *****

  コメントの書き込みについてのお願い。

  ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
  上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
  記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。

  非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、
  コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
  それもご了承下さいませ。


 *****

  ただ今本家ブログには、
   アップしております。           

  ご訪問、よろしくどうぞ!


 *****


  いつもブログご訪問、応援有難うございます!







   

"・ ひとり遊び、途中経過と、  アルルの街、落穂ひろいの写真を"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。