・ 芽生え 描き始めと、 ヴェローナの古い白黒写真 


  葡萄の木の芽生えを描き始めましたので、見てやって下さい。

  芽生え 葡萄   19x14,5cm  0号大

s+DSC05804_GF.jpg     

    
  絵のサイズが小さいので、写真小さめにアップしています。


  冬の一番の厳しい寒さをのりこえる頃、葡萄の新芽が吹き出します。

       
  これは下描きをした後、色を付け始めた所で広島に出かけ、
  今改めて始めていますが、

  最初に塗っていたバックの濃いめの緑色が気に入らず、一旦全部消し、
  その後別の緑、薄茶という感じで詰めていますが、
  まだまだ気に入らず・・。

  というのも、まだ新芽の描き込みも出来ていないからでしょうが、
  色自体があやふやで、透明な空気感が出るのにはまだ遠く・・。

       
  ですが描きながら改めて写真の新芽を見つめると、
  最初の芽吹きの時に被さっている茶色のマント風が根本に残り、
  それが何とまぁ、本当にフェルトの様にふかふかの皮で、
  植物とはいえ、お母さんのような心遣いの下に芽を吹くのだなぁ、
  と感動にも似た思いです。

       
  伸びゆく葉っぱの茎も、ふかふかの白い産毛がいっぱいで、

  これらは一旦描いて後、グワッシュの白で描き起こすつもりですが、
 
  まずはもっと描き込んで行かないと!



 *****

  今日の第2部   ヴェローナの古い白黒写真

  いまイタリアは大寒波のもとにあり、南の方は大雪に埋もれ、
  我が家のある北イタリアは、お日様が出るものの寒い日が連続。

  遂に今日は曇り日で、しかもお昼前の現在も零下1度!
  今朝は零下7度まで下がり、先日は零下9度もありましたっけ!!
  家の中の暖房は21度に設定していますが、
  まだ18,5度位にしか上がらず、足元に小さな電気ストーブを。


  第2部の写真は午後予約の美容室への行き戻りに、と考えてましたが、
  この寒さで歩いては坂道で行き倒れになる恐れもあり、ははは、
  急遽思いついたのが、ヴェローナの古い白黒写真。


  ですが改めて見ますと、ヴェローナで買った事は確かなのですが、
  本当にヴェローナの風景なのか、ちょっと怪しい雰囲気もあり・・!
  まぁ、イタリアですので、ははは、そのあたりは大目に見て下さいね。

  最初の3枚は、如何にもプロの写真と分かるやつで、

  釣り支度のシニョーレを、街角の壁龕の中から見下ろす聖母子像。
20070827005914_t_GF.jpg
     



  これがどこかは見当がつきませんで、
  ですが、光のあたり方と影が素敵でしょう?!
20070827010011_t_GF.jpg
     



  これは今でもよく見かける光景。 
  常連たちが集まるバールで、ちょっと違うのは衣類と帽子。
  今はもっとラフな服装ですね。
20070827010104_t_GF.jpg
     



  ヴェローナの白黒の古い写真はサイトで見つかるのですが、
  皆サイズが小さく、教会などは今と余り変わりませんし、
  
  この一枚だけサイズの大きな、庶民生活の見えるのが。
  アディジェ河畔の古いオステリーア・食堂。 50年代?
Verona-antica_GF.jpg
     

  という事で、1日も早くお天気が好転することを願っていま~す!   
 *****
  ただ今本家ブログには、 冬枯れの丘、色  オリアーノ村散歩             
  をアップしています。      
  ご訪問、よろしくどうぞ!
  
       

       
   

"・ 芽生え 描き始めと、 ヴェローナの古い白黒写真 "へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。