・ 健在! アッピア街道 


  皆さん、こんにちは!
  お休みを頂きましたが、旅行からも無事戻り、
  また再開させて頂きますので、宜しくお願いいたします。

  が、お絵描きは明日から再開しようと思っていますので、
  今回はこの旅で思いがけずに出会ったアッピア街道のお話を。

1-DSC04517s-_GF.jpg

  そうです、ローマの街から一路南に下りテッラチーナまで、
  それから徐々に斜めにイタリアを横断し、南のブリンディシまで続く、
  ローマ期にイタリアのみならずヨーロッパの隅々まで連絡していた
  古代ローマ期の道の中でも一番有名なアッピア街道。

  今回の旅行の基地となった宿がテッラチーナ・Terracinaにあり、
  思いがけずこのアッピア街道をバスで走りましたので、
  様子をご覧下さいね。

  上の写真は、初日夕方近く、テッラチーナのホテルに向かう時の物で、
  なんと美しい道!と思ったのでしたが、
  この時はまだ頭にアッピア街道とは思い浮かばず・・!




  地図をどうぞ。
  Terracina から斜め北西に伸びるまっすぐの黄色い線、
  SS7とあるのがローマに続くアッピア街道で、
  ラティーナ・Latinaの手前まで通る事が出来たのでした、勿論往復!

2-lazio_GF.jpg     

  左上にちょっと引っかかるのがローマの街で、
  右下に見えるNは、ナポリのN。


  この日は地図に見えるセルモネータ・Sermonetaの町に行くのに、
  通るチャンスがあったのでしたが、

  地図で見る通りご覧のように、この辺りの道は一直線に続き、
  殆どの区間、両脇に松の木並木が!
3-N20_6133_GF.jpg
4-N20_6136_GF.jpg
     
    

  ちょうど信号で止まった時に見えた、松の木。
  日本の松の様にくねっては折らず、真っ直ぐに伸び、頭の方がこんもりと。
5-N20_6137_GF.jpg
     


  道の西側には用水というのか、運河というか、が流れ、
  これもローマ期の仕事が残っていたのを、
  ムッソリーニ時代に湿地帯の干拓と共に再開発したのだそう。
6-N20_6139_GF.jpg
     


  当時の湿地干拓工事作業員の家が今も残ります。
7-N20_6141_GF.jpg
     



  道の両脇には畑が広がるか、それ以外はオリーヴ畑。
8-N20_6140_GF.jpg
     

  小麦ではなくカラス麦かな、既に黄色くなった畑も。
9-N20_6143_01_GF.jpg
     


  信号で止まって見えた横の道にも、松並木が見え、
10-N20_6151_01_GF.jpg
     



  我らのバスも曲がると、なんと奥に続く道も真っ直ぐで!
  直角に交差しているのが分り、驚きました。

11-N20_6152_01_GF.jpg     

  昔ローマの街の南外れ、カタコンベ見学に行った時に
  アッピア街道を見たのでしたが、
  この地に今も健在で車が走っているのを体験し、
  いやぁ、ローマ人というのは本当に凄かったんだ、を改めて!!

  今回の旅では最後に訪れたテッラチーナの旧市街で、
  このアッピア街道が町の広場に残り、
  ローマ遺跡が大きくしっかり残っているのにも出会い、
  ガエータの町でも、スペルロンガのティベリウスの洞窟でも、
  たくさんのローマ期の名残に触れる事が出来ました。

  まだまだ到底咀嚼できずに居りますが、
  写真整理をしているうちにぼちぼちと、
  自分のうちに理解しながら何かが溜まってくれるだろうと・・。

  こちらでもあれこれご紹介すると思いますので、
  お付き合い下さるよう、お願いいたします!

    
   
 *****

  ただ今本家ブログには、テッラチーナの海辺 朝と夕 ・ ラツィオ州
  をアップしております。  
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!
       

       

"・ 健在! アッピア街道 "へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。