・ ヴェネト ・ Veneto 


◆ 初夏の葡萄畑 ・ プロセッコの里・ヴェネト  
  Vigneto del Prosecco - prima estate in Veneto   32x26.5    
 

  葡萄畑の広がる眺めは大変に美しく、この北イタリア、とりわけプロセッコで
  有名な土地に住む者にとっては、誇りを持って眺める風景です。

  20年以上前、始めてこの辺りの葡萄畑を見てその美しさに感嘆して以来、
  季節季節に移り変わるその色と様子はいつ見てもほれぼれですが、
  とりわけこのモチーフを取ったこの一帯は、辛口白ワインプロセッコの中でも
  最高級のカルティッツェの畑の並びで、
  トラクターが入らない傾斜地の小さな畑が入りくみます。

  平地ならば、葡萄の木が大体2本から3本置きに打たれた杭がきっちりと
  放射線状に広がり、こんな丘陵地でも畝はきちんと図って作られ、
  丘に添う畝の美しさにはいつ見ても感嘆!

  この絵ではまだ初夏の細い畝ですが、夏の盛りには葉が茂り、
  畝の隙間が見えぬ程の濃い緑に、
  そして葡萄摘みが終わり、晩秋には葉が枯れ落ち、
  年明け早々には剪定作業と、まさに季節の移り変わりを示す、
  日本の稲と同じ位置の、イタリアの葡萄畑なのです




◆ アーゾロの古い小さな泉  Vecchia fontana ad Asolo  24x20.5

       

       

  
  アーゾロ・Asoloの小さな町は小山の上にあり、町からかなり上にある
  楕円形の要塞跡が平野から遥かに見上げる高さで、少し不便な場所に位置しますが、
  かってはここに別荘を持つ事がステータス・シンボルでもあったという、
  穏やかで良い雰囲気の、高級品店も並ぶ町。
       
  車だと町のすぐ下の駐車場まで行け、そこから少し上り道を行くと町の門があり、
  潜るとすぐ左手の建物の角下にこの泉。

  泉の名はゼンの泉といい、ライオンの顔の上に1570X年の年号が刻まれどっしりと。
  上に見える札には、È vietato di abbeverare quadrupedi・四足に飲ますな。

  手前は狭い道の曲がり角にあたり、以前はこの絵の様に2本セメントの柱が
  あったのが倒され、泉盤も損傷を受けたか外されていた時期もあり、
  現在は味気ない金属柱に替えられ、泉も修復され白くなっておりますです。







"・ ヴェネト ・ Veneto "へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。