・ロレンツォ・ロット「マルシーリオ・カゾッティとその妻ファウスティーナ」

今回はカタカナがずらっと並んだタイトルになりましたが、はい、
でも他に書きようがなく・・、文字通り、

ロレンツォ・ロット(1480-1556、7)16世紀の画家が描いた
「マルシーリオ・カゾッティとその妻ファウスティーナ」の絵について、です。

追記を」書き忘れましたが、参考にしたサイトはこちらです。

s1338px-Micer_Marsilio_Cassotti_y_su_esposa_Faustina_Lorenzo_Lotto.jpg

1523年作  板に油彩 71X84cm  プラド美術館蔵

これは「新婚の夫婦」を描いた絵ではイタリアでは最初の作とされるもので、
北欧ではあった様ですが、イタリアで結婚の図はそれまで存在しておらず、
多分ロットは、北欧の版画を見たものと。

ご夫婦はベルガモの裕福な布商人カゾッティ家の息子、
ミケーレ・マリシーリオ・Michele Marsilioと、20歳だそう、と、
土地の貴族の娘ファウスティーナ・Fausinaの姿。

ロットは自分の絵の中にたくさんの謎かけというか、暗示するものを
たくさん描き込んでいる事でも知られますが、勿論この絵の中にもで、

新婚の夫婦が並んで座り、指輪の交換をしている所で、夫の方は刺繍した
ブラウスがのぞく、高価な黒の衣服をまとい、頭にはブロケード織の
これまた高価な帽子で、

妻の方は夫よりも少し小さく描かれ、これは夫に防護される意味を現し、
エレガントな赤の衣服で、高価なヘアネットを頭に。
そして首に見える真珠のネックレスは、夫に従順であるシンボルといい、
首を夫の方に少し傾げているのは、夫に迎合の印と。

そしてロットはちょっぴり風刺をこめ、2人の背後に微笑む天使を加えてますが、
天使の、新婚の夫を覗き込む、ちょっぴり意地悪そうな微笑みが何とも、で、

天使は手に持つ「くび木・牛馬の首の後ろに渡す横木」を2人にあてていて、
これの意味する所は、これよりの結婚生活での「義務と果たすべきこと」、
そして天使の頭のオリーヴの王冠は「絆の永遠性とそれを維持する為に必要な美徳」
を、なんですと。

s1338px-Micer_Marsilio_Cassotti_y_su_esposa_Faustina_Lorenzo_Lotto.jpg

絵の注文は花婿の父親ザニン・カゾッティで、画家は30デナーリを要求したものの、
マージンを引いて20になったと、はは。
が父親はきっとロットの絵が気に入ったのでしょう、7枚の絵の注文をしたそう。

絵はその後カゾッティに17世紀まであったらしいのが、スペインに送られ、
1666年に城の財産目録に記されており、19世紀にプラド美術館に。

という、ベルガモの新婚夫婦を描いた、絵の周辺模様でしたぁ。

*****
   
本家ブログには、 麦畑の色 ・ シエナのクレータ、 トスカーナ を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。