・ 大阪での2人展 開催お知らせ と 亡くなった友の老犬の写真に

7月25日から30日迄 大阪の igu_m_art・イグエムアートで、
広島からの絵の友人ミノヨシコさんと2人展を開催させて頂きます。


Immagine 2024-06-17 180711_GF.jpg

Immagine 2024-06-17 180822_GF - Copia.jpg


2人とも乗りがよく、二人展しない? OK. テーマは猫でどう? OK.
と即話が成立したのでしたが、ははは。


2人が、わぁお、素敵!と喜んだDMも出来、お互いの作品傾向が
違う、面白い二人展になるかも、という空気ですが、
さて、どの様な会場となりますか、

どうぞお時間を取ってお出かけ下さる様よろしくお願い申し上げます

来週までに、各作品の様子なども纏めて、ご案内致します。
今週は少々困憊気味で、お許しを!


***

中学時代から尼崎に住み、とりわけ短大から結婚するまでは、
大阪駅付近から御堂橋通りをず~っと南へと、むか~し、昔は
一応の所は歩き回っておりましたが、

その後の広島20年程、そしてイタリアに、という事で、今はもう
大阪駅の中でもまるで知らず、分からず・・、の状態となっており、

それに7月末、という事で、あの蒸し暑~い大阪の夜を思い出し、
何でこの時期に決めたんだろ?!と、ははは。

まぁ、パリ・オリンピックがあるので、画廊とホテル往復のみの
お出かけ、という事になるかもで、ははは。


*****

今日の第2部   猫ちゃんが、亡くなった友の犬の写真に前足を伸ばし・・

ちょっと感動的な、老犬と子猫のお話を。

221852281-4c3612f0-0e38-46fe-8115-d08ffd24ed44_GF.jpg

クレオは11歳の老犬で、顔にも白毛が多くなっていましたが、
彼の生活にやんちゃな子猫グルートが入り込んで来て、

最初は元気いっぱいの新しい同居人に懐疑的だったものの、
子猫のエネルギーと愛情深い性質はすぐに老犬にも伝染し、

友人となり、時間が経つにつれ、彼らはより親密になったのですね。
グルートは年上の仲間に襲い掛かるのが好きで、彼も子猫の愛情に
馴染んでいる様子で、

老犬の静けさは結果的に子猫を落ち着かせ、カップルはお互いの
違いにも関わらず、よく調和し、寄り添っている事がよくあったそう。

221922530-c7616376-e6ba-4c9d-970b-0d9dc940790b_GF.jpg


が、残念にもクレオの年齢のせいで、10カ月の友情の後、犬は病気に。

そして1週間の後、彼は「虹の橋」を渡りました。

221938449-f935c418-380e-48a0-a939-b956eccee61d_GF.jpg


グルートはドアの所に座り、彼が戻るのを待ち、
落ち込み、まるで彼の半分が消えてしまったかの様子になったそう。

愛犬を偲び、家族全員がクレオの笑顔を忘れぬように、大きな
肖像写真を作り、壁に飾ったのですね。


その笑顔に安心したのは人間の家族のみでなく、

グルートも立ち止まって見つめ、立ち上がり、前足を延ばし、
クレオの顔を優しく撫でている事に気が付いたのでした。

Immagine 2024-06-22 170238_GF.jpg



そう、良いお話でしょ?! 聞く方も、慰められた心になりますね。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

     s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

本家ブログには、 
プワショフ強制労働収容所の跡地とその周辺 ポーランド・クワコフ
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!