・ 動物の話題2つ 黒猫の日 と イタリア初の無料の動物病院

今日は猫ちゃんと動物たち全般のニュースを2つで、

1つ目は、毎年11月17日が「黒猫の日」として祝われている、事を
今回初めて知った、既に13回目とか、shinkaiです。

1-6afbad4d31c349858e4c8a5dbf295683_GF.jpg

黒猫・ガット・ネーロ、11月17日・ディチャセッテ・ノヴェンブレ、
ここまではイタリア語で、
お終いの、日・デイ は英語、というのが可笑しいというか
可愛いというか、にゃにゃにゃ。



「黒猫の日」を定めたのはイタリア動物保護協会(AIDAA)が
イニシアティブをとり、

普通の毛皮の猫ちゃんであれば、可愛く、面白く思われるのが、
この神秘的な黒猫となると、多くの人は同じ態度を取らず、

というのも、古くからの不運の原因とされる迷信や偏見、伝承や
神話が伝えられているからで、

とりわけ中世には猫に関する多くの神話、迷信が生まれ、
猫にとっても暗黒の世紀だったと見なされることも。

2-gatto nero-4_GF.jpg


というのも、黒猫というと、真っ先に思い浮かぶのは魔女、というのも、
魔女は自分自身を黒猫に変身させることが出来たという信念から、
猫が悪魔の様な人物とみなされ、

この類推を最初に発見したのは、なんと1200年の教皇グレゴリウス12世!
で、何ともはや、この方が黒猫排除を奨励したのだそうで!


また昔は一般的移動手段は馬車でしたが、照明の無い暗闇の中で
黒い猫を見るのは難しく、唯一目立ったのは黄色い目!
で、馬を怖がらせたり、

それに闇の中から突然現れる黒猫への、人間の恐怖もあったかも、ですね。

3-gatto-5-1024x768_GF.jpg



ですが、黒猫は不運の前兆とみなされるだけでなく、状況によっては
幸運の象徴ともみなされており、

例えば古代エジプトでは、豊穣の女神と家の保護者のバステトが、
黒猫の頭を持つ官能的な女性の姿で現され、神聖であるとみなされ、
崇拝されていたのだそう。

4-ancient-egyptian-goddess-bastet-deity-with-cat-head_GF.jpg

スコットランドではケルトの伝統によると、妖精のシス・Sìthが黒猫の姿を
とり、家で黒猫を飼っている女の子は求婚者が多く、繁栄の代名詞だったと。

古代ローマでも、黒猫の姿は豊かさと幸福の象徴であり、家に黒猫が
いると、幸運がもたらされると言い、

その猫の死後は、伝統によると、実りある収穫を得るために、彼の遺灰を
畑にまき散らさないといけなかった、と。



そんなこんなの、古くからの因習、迷信を払拭し、黒猫を支持する、
という、「黒猫の日、11月17日」が制定されたのだそうで、

実際「17日」というのは不吉とされるイタリアで、
わざとこの日を選んだ、というのも、迷信払拭の為で、

今年も何百人もの賛同者、黒猫愛好家たちが、夜の色の神秘的な
4本足の友人のみならず、動物への愛に満ちた短いヴィデオを制作し、
コンテストに参加したそう。

6-Image-2022-11-17_GF.jpg


随分以前ですが、黒猫迷信に関する笑い話で、お笑い芸人が、
  わぁ、キャッ、目の前を黒猫が横切った、不吉だぁ!と悲鳴を上げると、
  猫はゆっくりと振り返り、
  心配するな。 尻の下に、小さな白い斑点があるぜ!

というので笑ったのを今も覚えておりますがぁ、

なんで今頃はすぐ何でも忘れてしまうようになったんだろ?! 不吉だぁ。


***

2つ目の話題は、

ローマに、イタリアで初の無料の動物病院が開設される、というもの!
Arriva il primo ospedale veterinario gratuito d'Italia: apertura a Roma

5-veterinario-1_GF.jpg

これは、14日付けのニュースで、

ローマ市議会がプロジェクトを承認し、工事は2024年に終了する予定。

という大きなニュースで、まさに、まさに、ホンマかいな、と思いますが、

この噂は既に広まっていたのが、遂に遂に、カピトリーノの市役所の
公式の確認は、ロベルト・グアルティエーリ市長・Roberto Gualtieriの
ソーシャル・メディアを介した宣言と共に届いたのだそう!

ロベルト・グアルティエーリ市長、ってどんなだったっけ?と思いつつ、
写真を探しましたら、

2-gualtieri-lapresse_GF.jpg

はぁ、確かにお顔はニュースで見て知っておりましたで~す。


ローマ市評議会は、ムラテッラ市営犬舎・canile comunale di Muratella
の完全な再開発と拡張、および動物ケア・サーヴィスへの無料アクセスを
可能にする、イタリアで唯一の構造作成への工程を開始したというもので、

技術的、経済的な実現可能性のプロジェクトにゴーサインが出て、
実現に向けて動き出したのだそう。

4--11-19 112603_GF.jpg

1_GF.jpg


4本足の友人への支援と保護に関し多くの点で取り残されている
我が国の真の文化の見本ですが、

いやぁ、この一節に笑いましたが、ちゃんと書ける認識が偉い!

この病院が、願わくば、転機点となります様に、と。


そしてその優位性に加え、病院は非常に野心的なプロジェクトの一部となり、
無料のシェルターと動物の治療に限定されず、

まず、24時間対応の緊急治療室を備え、あらゆる緊急事態に対応する、
そして構造には、診断および分析ラボ、手術室、石膏室、集中治療室、
外科入院、そして伝染病の動物の隔離エリアも。

という素晴らしい目標ですが、まだ使用されていないエリアから回収、
自治体が構造物に使用できるようにした670平米の土地があるそうで、

経費の評価の後に、2024年に完了する為の全体建設の為の
入札に移ります、と。


download_GF.jpg


わぁお、ホンマに出来るのかなぁ?! 
建物が出来た後、ちゃんと必要な機器も収められ、
働けるドクター、アシスタントも、ちゃんと揃うのかなぁ?!
お給料もちゃんと払え、良いスタッフが揃うと良いけどなぁ。


はい、イタリアに長らく住み、様子をあれこれたくさん知ってますので、
まず、計画が出来る事、そして実現できる事、出来た後で継続できる事、
それらすべてに、大丈夫かいなぁ、と心配しつつ、


でもね、毛皮の4つ足の友達たちの為に、ほんとに1歩前進出来ると
凄く嬉しいなぁ!! と思ったのでした。

どうぞ、上手く行きます様に!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

     
     誕生日カード2021 - Copia_GF.jpg

*****

本家ブログには、 
木の梢の位置を巡る スイスの世界一長い散歩道
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!