・ クジラ救出 と ドッグ・シッターへのお願いのメモ

今日の話題は、マヨルカ島沖でのクジラ救出と、
多分アメリカの少年のお話の2題を。

まず、クジラ救出のお話から。 サイトはこちらで、
ダイバーがクジラを救う: ダイバーに感謝することが感動を生む
I SOMMOZZATORI SALVANO LA BALENA: QUEL CHE FA PER RINGRAZIARLI È COMMOVENTE

人間と動物を結ぶ関係を描いた、とても感動的な物語りです、
とあり、
舞台となったのは、スペインの沖合にあるマヨルカ島。

Immagine 2024-06-15 161438_GF.jpg


危機に陥ったクジラをダイバーたちが救ったのは、救えたのは、
クジラが自分の危機を援けてくれるため、と理解し、協力したから、
とも言えるのだそうで、

これに関係する専門家の献身と冷静さも、クジラを援け、
もしそうでなかったら、異なる結果になっていたかも、だそうで。


この記事は今年の4月初めの日付で、

マヨルカ島沖でザトウクジラは漁船に発見されたのですが、
すぐに異変に気が付き、というのも、

gigi-torres - Copia_GF.jpg

クジラは実際に泳ぎ続けられなくなっており、
というのも、網に引っ掛かり、
網が口をふさぎ、呼吸問題を引き起こしていたのだそうで。


漁師達が介入を試みたものの、経験と適切な装備不足で成功せず、
彼らはエキスパート・ダイバーを探す為にマヨルカ島に急行し、


島の有名なダイビング・センターのダイバー数名が参加し、その中には
海洋生物学者ジジ・トーレス・Gigi Torres 32歳も含まれており、

gigi-torres - Copia (2)_GF.jpg


彼女によると、問題は網の種類で、これは大変危険で、現在では
違法と見做されていると。

このタイプの網は、複数の魚を同時に捕獲する為によく使用され、
材質と種類、特に水中に失われると、海洋世界の様々な種にとって
真の敵となるもので、

まさにこの哀れなクジラもその犠牲となったのですね。

で、この生物学者の直感は、すぐに口から介入すべきで、
そうでなかったら、クジラはその後じきに死ぬかも、という状態。

クジラの反応も貴重で、もし怖がって、酷い反応をすると救助に
問題が起こりますが、

sommozzatori-salvano-la-balena_GF.jpg

口が開放されると、クジラは彼らが自分を助けている事を理解し、
じっと動かないまま。


こうしてチームはその瞬間からわずか45分で、漁網から解放し、
自由にし、健康状態も最適である事を確認できたのだそうで!!

良かった、よかった!  終わり良ければすべてよし、と。




2つ目の話題は、2024.5.21付け

愛犬ロキシーをドッグシッターに預けるのに、息子は心を温める3つのルールを記したメモを書きます。
Lasciano il cane Roxy al dog sitter, il figlio scrive un biglietto con tre regole che scaldano i cuori


064708581-512bbf58-2047-4a7c-817d-823af402b1c9_GF.jpg

ある母親が息子と一緒に数日間家を空けねばならず、ドッグ・シッターに
連絡をしたものの、
愛犬ロキシー・Roxy 雌 をドッグ・シッターに預けるのは初めてで、
息子は従うべきルールをメモに書きました、と、


母親のケイティは息子の広い心を誇りに思い、メモの画像をRedditで
共有するのを少年が決めたのだそうで。

064708581-512bbf58-2047-4a7c-817d-823af402b1c9 - Copia_GF.jpg

「こんにちは、ミセス/ミスター・ドッグ・シッター、
ロキシーが好きな物をいくつか知って欲しいのですが、

1.彼女が横になっている時は、毛布を掛けてやって下さい。
2.顎の下や頭のてっぺんを撫でられる(のが好きです)
3.彼女のお気に入りの場所は、裏口近くのソファの後ろです。

有難う。 ケイティの息子より」


大体こういう伝言は、預け主、飼い主から口頭で伝えられますけど、
大事にしている息子君からのメモだと、大切に守って貰えるかもですね。


shinkaiも、猫たち4人を預けイタリアに2か月出かけた時、
友人2人に泊まりに来て貰ったのでしたが、
しっかりとあれこれ書いて残しましたっけ、

懐かしくもあり、少し哀しい思い出。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


      s2019誕生日 - Copia.jpg


*****

本家ブログには、 
2024年 第26回欧州陸上選手権大会 ローマ・オリンピック・スタジアム
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!