・ ヴェネツィアの大運河に、イルカのカップル! と ブオナ・パスクワ!

今日は絵をパスさせて頂き、
3月22日に起こったヴェネツィアの大運河に、イルカのカップルが入り込んだ、
というニュースを!

1-dolfini .jpg

フェースブックなどでも大評判になったそうですから、既にご存知の方も
お出でかと思いますが、

そうなんですよぉ、まさにイルカのカップルが泳いでいる様子が撮影され、
しかもサン・マルコ小広場の目の先、ドガーナからS.M.デッラ・サルーテ聖堂の、
あの岸辺を泳ぎ回り、そう、ちょうど上の写真の背景に当たる位置ですね、

遂に船に囲まれ、じわじわと大運河から押し出されて去った、という事で。


3月22日月曜の朝7時半頃、最初に小さな2頭がジュウデッカ運河・
大運河の南側に延びる運河、で発見されており、

その後2頭のもっと大きなカップルが、カナルグランデ・大運河の入り口、
ドガーナからデッラ・サルーテの辺りを泳いでいたのですね。

撮影されたヴィデオは、ルーカ・フォリン・Luca Folinによる1本のみで、
多分上の写真に写っている人でしょうが、どの人か分からず残念。

が、声も入っているヴィデオをどうぞ。
Coppia di delfini a Venezia, si è spinta fino all’imbocco del Canal Grande

聞こえる アリァ というのは、ほら、あそこ、みたいな意味で、ははは。


この時期はイカが産卵の時期で、今ちょうどコロナの影響でほぼロックダウン、
船が大幅に少ないのでイルカが漁の好機!とばかりに入り込んでくるのだそうで、
昨年同時期、やはりコロナ緊縮の時にも見かけられたのだそう!

でもヴェネツィアのカナル・グランデでイルカを見るなんてやはり驚きで、
見かけた人はとても喜んだそうで、それはもう勿論ね!


ヴェネツィア自然科学博物館の方の説明によると、
この種はステネッレ・Stenelle・スジイルカという種類で、
アドリア海のこの辺りでは見かけるのが珍しい種なんだそうで、
やはりイカの繁殖期のここ何日間か見かけているそう。



検索をかけましたら、日本では唯一和歌山県の太地町の水族館で
飼育されているものの、大変飼育が難しいイルカだそうで、

この美しい姿を見て下さい!

2-taicityou .jpg

背中は濃い灰色で、お腹はピンクがかった白で、目から延びる暗色の筋模様が
名前の由来と。



2mm程の体長があるので、大きいですよねぇ。
分布域の地図で見ても、やはりヴェネツィアはほぼ最北。

3-unnamed.jpg

イカの繁殖期、コロナ禍で船が大幅に少なく、海が深く、水も澄んでいる、
というのを上手く利用しカナルグランデに入り込んだんだ、という説明には
笑いましたが、

見れる物なら、shinkaiも見たいぃぃ!!  ははは。



という事で、今年2021年のパスクワ・復活祭は4月4日。

皆さまもどうぞ良い復活祭を!! ブオナ・パスクワ!

4-auguri-Buona-Pasqua.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s誕生日カード2020.jpg

*****
  
本家ブログには、
アッシジ サン・フランチェスコ聖堂の夜明け と ブオナ・パスクワ!
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。