・ トスカーナ風景 途中経過と、 久し振りに友人達との集まり

トスカーナのオルチャの谷風景、描きこみましたので、見てやって下さい。


オルチャの谷 夏の終わり (晩夏、改め)   35x25cm 5号P

++DSC06429_01_GF.jpg

写真を入れ替えたものの、自動縮尺するのか、余り変化なしに見え、済みません。


先回見て頂いた時よりも、畝の流れ、土地の土の色の違いを、
  これ実際に同じ畑内のすぐ横でも、色の違いがよく分かる程で、
  かっての海底の底だった、という、海底の様々な違いだろうと、

描き込みに専念した、はい、でも実際の写真よりもかなり明るく、
丘の起伏にも気を付けて、

礼拝堂の向こうから一旦谷に下り、そしてまた奥の谷に向かい高くなる、
その感じが出るように、と描き込みました。


という所で、一旦お休みにし、寝かせてみようと。

そして暫く置き、また気が付いた所から描き込もうと思いま~す。


次回は、もう一枚、この周辺の風景を、と思っていますが、
さて、猫ちゃん、もありね、とも。


***

ええとですねぇ、つい先日からミラノのドゥオーモ横の、
パラッツォ・レアーレ・王宮で始まった、
ボッシュと他のルネッサンス」という展覧会。

Immagine 2022-11-24 171100_GF_1.jpg


来年3月中旬まで開催をジュリアーナが教えてくれ、ひそひそと、ははは、
話を決め、翌日には即私めが1月12日の切符をオンラインで買い、
土曜には一緒に電車の切符を買いに行く事に。

駅で「シルバーカード」無料、を貰うと、切符代を割り引いて貰えるんですと!


ボッシュの実物は、ヴェネツィアのカ・ドーロに小さいのがあるだけで、
今回のミラノにはどのくらいの点数が、もまだ知りませんが、
上のはリスボンから、と。

どの位の近くから、どの位の時間見れるのかも分かりませんが、
でもね、かなり大きいのも来ているようですし・・!!


はい、こうしたお出かけが決まると、頑張って描いて、晴れ晴れと
出かけようと、ははは、お子様同様単純なんで~~す!


*****

今日の第2部   久し振りに友人たちと集まり、食事とお喋りを

コロナも少し収まったのかどうか、規制も病院内のみマスクを、と
いう程になっていますが、まだスーパーや屋内、街中ではかける人も
かなりで、はい、shinkaiもそうしていますが、

コロナ期間は集まる事が無かった、あってもshinkaiは参加せずでしたが、
本当に久しぶりの食事会の声がかかり、
それもすぐ隣村オリアーノの元のピッツァ屋ですが、

経営者が変わり、最近は数種ながら他の食事も出すようになり、
夏に一度行った時は大変な賑わいで、皆が待ち構えていた様子。


という事で、大快晴の20日日曜、家から歩いて出かけました。約30分。

これはオリアーノ村への坂道を上り、店の前の駐車場脇からの
東、フリウリ方面への眺め。

1-DSC00062_01_GF.jpg

ふと見て、あれ、と思ったのは、中央に見える手前の家に流れの奥に、
ちょっと明るい屋根が覗いて見えますね。

あの屋根が、ひょっとして、カステル・ローガンツゥオーロの、
かっての「ティツィアーノの家」ではないのかな、と思って撮ったのでしたが、
以前撮った家の屋根とはやはり違う事が分かりました。

丘の高さよりもっと低い位置になるのかも、です。


ヴェネトの春、 そして ティツィアーノの家 n.1 
https://www.italiashiho.site/archives/20170404-1.html

この家の様々な興味深いお話、巨匠ティツィアーノの実の姿は、
古きロンゴバルドの教会と、 「ティツィアーノの家」始末記 n.2
https://www.italiashiho.site/archives/20170420-1.html



そしてこちら小高い丘の上の教会が、信徒と共に大金を支払い、
ティツィアーノに祭壇画を依頼し、今は代金に払った家の屋根のみが見える、
カステル・ローガンツゥオーロの教会。

2-DSC00064_01_GF.jpg



素晴らしいお天気で、木々の色も様々に変化して素晴らしいでしょう?!

こちらはヴェネツィアに通じる高速で、 はい、地平線が見えま~す!

3-DSC00065_01_GF.jpg



オリアーノのピッツァ屋の前から、すぐ下の畑。

4-DSC00067_01_GF.jpg



ここの葡萄畑は、ちょうど風が遮られる位置なのか、色付きがちょっと遅く、

5-DSC00068_01_GF.jpg



畝の色付きも、こんな感じ。  他の畑は既に茶色から落葉に。

6-DSC00069_01_GF.jpg



ちょうど撮っている所にルイーザが到着、後から声がかかり、
まだ皆来ていないだろうと思いつつ、尋ねると既に到着しており、
久し振りに6人が揃いました。 


我らの左側の席はずっとほぼ満席でしたが、
ジュリアーナの後ろ側は常に空いており、こういう時期にはなんとなし安心。

ジュリアーナは、ニョッキを。

7-DSC00071_01_GF.jpg



shinkaiが何食べよ、と考えていると、隣のルイーザが、ニョッキを半分づつにし、
そして「バカラ・ヴィチェンティーナ・タラのヴィチェンツァ風」を各自どう?
というので、OKと。

これがshinkaiに届いた、半人分のニョッキ! えっ、これで半分?!

8-DSC00070_01_GF.jpg

久し振りのニョッキは美味しく、上に掛った燻製チーズも美味しかったぁ!



アリーダ。 なんだったっけ、パスタだったと思うのですが、撮り忘れ。

9-DSC00078_01_GF.jpg



これはデザートに食べていたアイスクリームの、なんというのかな、忘れたぁ!

10-DSC00082_01_GF.jpg



ヘルガ。 彼女もニョッキを食べてますねぇ。 でもね、コカ・コーラなんすよ。

11-DSC00073_01_GF.jpg



店の庭部分、 夏にはこちらでジュリアーナとピッツァを食べましたっけ。

12-DSC00075_01_GF.jpg

間に、我らテラス席の後ろのビニールの仕切り、そして金網とあるので
ピントがはっきりしませんが、でも眺めが良いのはお分かりでしょう?!



そして届いた、バカラ・ヴィチェンティーナ。 わぁ、多いなぁ、大丈夫かなぁ、と
思いつつ、食べ始めると美味しく、ポレンタ一切れと一緒にするっとお腹に!

13-DSC00080_01_GF.jpg



奥がエレオノーラ、 手前がルイーザ。

14-DSC00087_01_GF.jpg



ジュリアーナのデザート、リンゴのトルタ。

15-DSC00081_01_GF.jpg



エレオノーラ。 彼女が一番美人度、若さを保っている感じかな、ははは。

16-DSC00085_01_GF.jpg

アリーダによると、彼女のかっての鋭さが少し落ちた、というので、はは、
良い事だぁ!とshinkai。



ルイーザとshinkai、そして誰かも頼んだ、クレーマ・シャンテリー、
として届いた小さなトルタ風。

17-DSC00084_01_GF.jpg

クレーマはトルタの底にあり、上にいっぱいナッツがね。

shinkaiはナッツなんかいらんのに、と思いつつ、結局食べ、ははは、
お腹いっぱいとなり、この日は夕ご飯抜き、となりましたぁ。

支払いもお安く、この近くにはちょうど良い店が無いのもあり賑わい、
この様子だと、また集まるのにも良いかな、という感じ。

いっつも集まるのがピッツァ屋なので、他のものも食べられる店にして、と
日本人的に違ったものが食べたいよぉ、となるのですが、
その点も大丈夫な店になり、良かったっす。

という、久し振りの友人との会合でした。

会うのは楽し、でも、「たま」にが良いなぁ! ははは。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す

     誕生日カード2021 - Copia_GF.jpg

*****

本家ブログには、 
レオナルド・ダ・ヴィンチ 「白貂を抱く貴婦人」 の謎、噂、今どこに展示?
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!