・ 雨上がり風景描き出し と、 アンナリーザの家に絵を届けに

新しい我が家付近の絵を描き出しているので、見てやって下さい。

雨上がりの朝 カルページカ   41x27cm 6号P

1-DSC05565_01.JPG

少しブレ、失礼を!  週2回の朝歩きの時に我が村スコミーゴから葡萄畑の
脇を通り、隣のカルページカの教会前まで歩き戻ってくるのですが、

5月の中頃に撮った、カメラを持たずだったのが、たまたまポケットに入れていた
スマホのカメラで撮ったのがこちらです。


大変大きな雲の流れで、おまけにピンクの色の雲、朝焼けの反映で丘の
すぐ上には黄色も見え、何とも素敵な風景で、スマホを持っていて本当に良かった、
と喜んだものでしたが、

我がスマホは家の電話の代わりで、いつも家におり、使うのはPCなので、
スマホは安いOPPOで、はぁ、
写真は撮れたものの、何とも情けない色の出様で! 



が今回描きだすにも、こんな写真でも手元に有るので大いに喜んでおり!!

2-IMG20210515061021_01_GF.jpg

この写真は、実際に撮った写真よりもずっと丘と空の明るさを強調していて、



最初にペンで下描きをしたのち、下地塗の水彩で色を入れた様子がこちらです。

3-DSC05538_01.JPG

で、この下絵の感じが良いなぁ、こんな感じで進められると良いのかも、と、
いつもの自分の絵とはちょっと感じが違うのができるかも!と喜んだものの、

いざこの上に色鉛筆で色を入れ始め、丘の部分を塗った時に、あっ、これはダメ!と。

つまり、丘の色を下の水彩の色に従い、明るい緑色を入れたのでしたが、

そういう明るい丘になると、雨上がりの今回の空の色とは一体にならない、というのに
気が付き、明るい緑色をの明度を落としていったのが、一番上、今回の途中経過状態。

空にも一応色を入れ出し、写真では丘全体が暗いのも明るく、空も明るめにし、
これで空の広がりが描けるかも、という状態です。

  
自分では今回同様の思いを、「ナル二の坂道」、一番手前に暗いアーチの石段があり、
奥に続いていく道なのですが、下描きの時にやはり水彩下地を入れたところで、
ああ、こんな感じで仕上がると良いのかも、と思いつつ、

描き込み始めるとどうしても、がっしりしたイタリアの石組の感じが描きたく、
水彩画のようなすっきり、軽い絵からどんどん離れていき・・!


まぁ、これはやはり自分の狙いとする絵が、水彩画の世界とは違う、という事なのだと
今回も改めて考えた事でした。


*****

今日の第2部   アンナリーザの家に絵を届けに

暫く前に、アンナリーザの馬ゼウスを描いたのを何度か見て頂きましたが、
額を頼み、1か月ほどして漸くに額もでき、やれやれとアンナリーザと連絡を取り、
どの様にするかとあれこれメールのやり取りでしたが、

この夏、というよりいつも夏休みが始まると彼女は自分の今の仕事翻訳と、
様々な他の活動、今回は子供たちの演劇活動で、午前午後共に超多忙、という事で、

ついにshinkaiが、では家に絵を持っていくよ、という事になり、
先月末28日に出かけてきました。

いや、なに、彼女の家は我が家からだと25分ほどで、以前にも2回行っており、
住所を再度確かめ、出かけました。


そうそう、ゼウスの絵が額に入った様子はこちらです。

4-DSC05495_01_2.jpg

レナートとルイーザが勧めてくれた店で、すべて絵に合わせての製造で、
素敵な、でもかなりお高い額になり、まぁ馬子にも衣装、という事で、ははは。



先回行った時は道に迷ったので、へへ、グーグル地図で調べ、曲がる位置も
確かめて出かけたのが、また迷い! 大丈夫だろうと打ち込んでいなかった
トムトムを打つにも、長い間使っておらず、なかなかうまく打てない、

おまけにいわゆる市の名はOKでも、彼女の区画が出ず、打てない、
やっと市の名前で打ち込み、彼女の通りの名も出ずで打てないのを、
一つ手前の長い通りの道を覚えていたので打ち込み、

畑の中の道を曲がり、曲がりしながら連れ出してもらい、あとは直線で到着!



彼女のコンドミーニオは、PCでは一発で出た通りと番地で見た通り、ははは。

5-DSC05536_01.JPG

右側の張り出した部分の、1階がお家。



ずっと以前、入れていたサインによると2009年5月の、彼女の愛犬バルトを
描いたもので、

6-DSC05531_01.JPG

彼女は私と一緒に額を入れに行った、と言うものの、その年にはまだイタリアで
額屋に行ったことはなくで、はは、でも久しぶりに会った我が絵なのでした。

今見ると、あれこれ思う所もありで・・。



このノートPCで、毎日英語本のイタリア語訳をしているそう。

7-DSC05533_01.JPG

手前に見えるのは、お土産に持って行った、間違って買ったDVDと、タイトルが同じなので
確かめずに買ったら、英語とドイツ語しかしゃべらずで、ははは、

下の箱は彼女の2人の娘に、昨年買ったまま、説明書が目の状態の為読めずで、
自分が作るつもりで買ったのが、ははは、置いたままだったのを持って行ったのでした。



壁にあった娘たちの写真と、シャガールの絵、彼女はシャガールが好きで。

8-DSC05534_01.JPG

娘たちは彼女の実家の乗馬教室に出かけているそうで、会えず。

乗馬センター  再訪探訪



最後は、やっぱり絵をもって、と頼み、バルトの絵同様に。

お陰様で絵はとても気に入ってもらい、顔がよく似ているとで、良かった!!

9-DSC05535_01.JPG

9月になったらまた会って、お寿司でも食べに行こう、という事で、
30分もおらずにさよならし、

戻りは何とも簡単にまっすぐ道を戻り、あっという間によく知っている道まで出て、
なんと20分ほどで我が家の下まで!

なんであんなに分からずに迷ったの? しかも3回のうち2回も迷ったりして、
あの一帯には根性の悪い狐でもおるのかいな、と思ったことでしたぁ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s誕生日カード2020.jpg

*****
  
本家ブログには、
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。