・ ヴェネツィア  Venezia 


◆ 船出 ヴェネツィア  32.5x24  4F相当
  Verso la meta ...

+DSC02080_GF.jpg     


DSC_3782.jpg     

  ヴェネツィアには400を越える橋があるといわれますが、
  まぁ、余り街外れではない、ゴンドラが往き来する率の多い街中で、
  橋の上に立ち、ゴンドラがやって来る方角を見定め、カメラを構え、
  自分の足の下から、にゅっとゴンドラの舳先が現れるのを待ちます。

  こうして今まで何枚も撮っていても、気に入りの写真はほんの何枚か。
  余り乗り込んでいる人数が多いのも気に入りませんし、
  こちらを見てにっこりしてくれるのも、ダメ、ははは。


  こうして撮った中で、ボクが一人舳先に向こう向きに座り指を指しいるのが、
  黒塗りのゴンドラに反射する周囲の色も、水に映る建物の陰も含めて文句無く、
  一番のお気にいりでしたが、描くのをためらっておりました、・・なぜか。

  所がある日ふと、「船出」というタイトルが頭に浮かび、
  よし、描こう! と思い切れたのでした。






◆ ヴェネツィア 運河を渡る陽  41.5x27.5  6P
  Una lama di luce illuminata l'acqua del rio a Venezia

+DSC02059_GF.jpg     


DSC_3791.jpg     

  素晴らしかった! もう一度見れたら!と記憶に残る風景はありますよね、
  どなたにも。
  私には、ヴェネツィアのこの運河の風景がその一つでした。


  この小運河の、この建物の白い入り口、これは小舟やゴンドラの入り口ですが、
  ここにちょうど運河の向かい側の建物の隙間からの陽が射し込み、
  鮮やかに見えたのを、何年も前に見て記憶に残っていたのが、
  なんと、思いがけなくも再会出来たのでした!


  季節、時間帯、お天気の良し悪し、様々な条件が重なっての事ですから、
  私がわぉ~!と喜んだのもお分かり頂けるかと・・。


  となると、頑張って、思いを込めて描くしかありません!
  という、裏の私的事情あるこの場面です。






◆ 夏の朝 ヴェネツィア・ムラーノ島   36.7x24.5  5号相当
  Mattina d'estate a Murano, Venezia

+DSC02151_GF.jpg   


DSC_3816.jpg   

  朝早くヴェネツィアに向かい、ムラーノ島に渡って8時頃だとまだ観光客
  の姿も見えず、勿論店も閉まっていて、町の人たちの姿もまばら。
  ボートも動いておらず、教会のすぐ近くの橋の上から見る運河の水も穏やかで、
  小路から運河に射しこむ光の道が2筋。


  あ、これはいける、と描きだしたものの、いつもの事で後先考えず飛びつく私、
  ははは、本当に最初の主題にそっての仕上げが出来るまでの長かったこと!






◆ 月に飛ぶ  33.5x24.5  4F
  In volo verso la luna

+DSC02152_GF.jpg   


DSC_3790.jpg   

  ヴェネツィアのサン・マルコ小広場、カナル・グランデに向って開ける
  この広場には2本の円柱が立ち、
  広場側から見て左にヴェネツィアの守護聖人であるサン・マルコの
  シンボルである有翼のライオン君が、右の円柱には、サン・マルコ以前の
  守護聖人だった聖テオドールが鰐の背に乗った姿で。


  夕暮れから夜に向う時間に広場にいて、何度もライオン君の向こうに月が、
  ときに満月も眺めていて、いつの間にかブルーの空と共に描きたい気持ち・・。


  で描き始めた時は、確かに月はいつも見る様にライオン君の鼻先遠くに
  小さかったのが、
  いや、やはり大きな月を! という気持ちに、手に任せているうちに、この大きさ!
  大好きなこのブルーの色と共に、翼を持ったライオン君と共に、
  shinkaiの心も飛ぶ時があるのですぅ。  ははは、言わせてぇ!





◆ ムラーノ島の午後 ヴェネツィア  26x16.5  3M相当
  Pomeriggio a Murano, Venezia

+DSC02281_GF.jpg   


DSC_3793.jpg   

  ヴェネツィアのガラス製造の島として名高いムラーノ島。
        
  その起こりは度重なる火災を防ぐのと、当時は門外不出のガラス製造の
  技術を持つマエストロ達をいわば監禁する為に、
  ヴェネツィア本島から13世紀末に移されたと言います。


  ヴェネツィア本島と同じ様に幾つかの島を橋でつないだ島で、
  まさにたくさんのガラス製造の工房や店が立ち並びますが、
  どことなく長閑でのんびりムードが漂う島。
  建物が一体に低く、空が広く、運河の突き当たりには海が見えます。


  ここはかなり島の外れで、「ヴェネツィアの赤」と呼ばれる赤茶色のアーチと、
  古い赤めの煉瓦壁を描きたく、ついでに猫ちゃんにも参加をお願いし・・、はは。
   





◆ 橋を渡って  ヴェネツィア  25.5x20.8  3P相当
  Passando il ponte a Venezia

+DSC02056_GF.jpg     


DSC_3784.jpg     


  ヴェネツィアの街を歩く。
  細い小路を抜け橋を渡り、また小路を行き、目の前に広場が現れ、また小路に。
  いつも細い運河に出会い、離れ、また運河沿いを行き橋を渡る。

  向こうの橋が見える時、誰か渡る人が来るのを待ち構え、
  ちょうど狙っていた様子の人が通ってくれると、内心にんまり。


  冬の寒い、でもお天気の良い日、
  細い陽が射しこんで明るく輝く壁、
  それが運河に反射しての明るい波紋、を向こうの橋に見つけ、
  暫く待ったものの2度学生達が通ってくれ・・。


  
  ですがこの気に入ったモチーフは、
  描き出してから結局3年越しの仕上げになりました・・!