・ マーブル紙の猫 ち~こ と、  元戦地特派員死亡のニュース

マーブル紙に描いている猫ちゃん7枚の最後、ちいこの様子を
見てやって下さい。


ち~こ と 松ぼっくり  18x18cm

+DSC02909_01_GF.jpg



その時にも書いておりましたが、紙が薄めだったのか、
ゴリゴリとやった所が、少し凸凹に波を打っており・・、

で、師の二木さんに、アイロンをかけたら良いだろうか、
裏打ちをする紙とか、糊はどこで? と書きましたら、

送ってくれればしてあげるよ、との本当に嬉しい有難いメールで、
ではでは、よろしくお願い致します、と送りました。


郵便局に持って行くと、金額が幾らだったか、何日位かかります?
早い便では? と尋ねると、40エウロだと1週間で着くよ、

ではそれで、と頼み、窓口のお兄ちゃんが驚き、本当に?!
はぁい、それでお願い。

うん、お金はあるんだぜ、とは、がはは、言いませんでしたが、
とにかく確実に、早く到着しないと困るやん!

結局45エウロ払い、で、6日間で到着!! そうなんですよね、
とにかくイタリアを出てさえくれれば、日本ではしっかり届くんですもん。


で、丁寧に裏打ちして下さり、戻りは半額程の運賃で10日で戻り、
本当に有難うございましたぁ!! 助かりましたぁ!


それから、安心して再度描き込み、喉元の辺り少し減量、
毛並みもママのYUNさんに改めて送って頂いた別の写真で確かめ、

下側を5㎜縮め、上辺を5㎜伸ばし、体のふっくりを出す様にし、
顔の茶の入り方も改め、これで一応仕上げ、という事に。


今後は7人分の顔、体を改め、ブレンダーを光対策にかけ、
その後フィキサチフをかけ、送り出す事に。

***

というのも、今回の7枚の猫ちゃんは、実は7月下旬の大阪での
友人との二人展用に描き始めたものなのです。

二人展をしよう、と話した時、テーマは即2人が好きな「猫に」と
決まり、1人10枚のうち、私めは既に本画で描いている猫を3枚、
とを決め、
マーブル紙の猫を描き出したのでした。


7月末ですので、これからDMデザインやら印刷やらもあり、
きちんと用意が出来た所で、また改めてご案内させて頂きますので、
宜しくお願い致しま~す!!


*****

今日の第2部   元戦地特派員の死亡のニュース

今朝5月18日のTVニュースで、元RAI・イタリア国営放送の
戦地特派員ジャーナリストが昨日、68歳で亡くなった事を知りました。

フランコ・ディ・マーレ・Franco di Mareと言い、

1-francodimare_tre_fg_GF.jpg

1955年7月28日ナポリ生まれ、1991年からRAIの特派員となり、
ボスニア、クロアチア、コソボの取材で、当時は毎日TV画面で
お目に掛かり、
確かアフガニスタンでの取材もそうでした。

適切なとても分かりやすい説明で、私のみならず多数のファンがいた程の
大変優秀なジャーナリストでした。

他にもアフリカのモザンビーク、ソマリア、ルワンダ、そして、
アフガニスタンとイラクでの戦争の取材等なども。


その後余りの人気に、と思うのですが、戦場からRAIのスタジオに
変わり、その後は、私の方の生活も変わり、RAI放送を見なくなり、
そのまま彼の顔を見る事はありませんでした。


で、今回の突然のニュースに驚いたのでしたが、

どうやら戦場での従軍特派員として長く働くうちに、劣化ウラン弾や、
爆発や建物の崩壊によって舞い上がる粉塵に交じっている
アスベストの粒子を吸い込み、

中皮腫」という、薄い膜の様に内臓を覆う膜の中皮の細胞から
発生する腫瘍に苦しんでいる、という告発も行っていたのだそう。

この腫瘍の場合、殆どの癌と同様病気が低い程治療が成功するのが、
腫瘍の診断が、病気が既に初期段階を過ぎ、治療が困難になった
時点で診断される事が多く、

予後が良好になる事は殆ど無い腫瘍の1つなのだそう。


で、彼はRAIに対し、彼の病気に対しての態度に不満を漏らして
いたそうで、これはもう本当にお気の毒というか、

大組織、それも国の機関となると、どの国も一緒なのかもと。


でも彼は最後、国立アスベスト監視機関とも関連しての働きもし、
腫瘍学者とも、有害廃棄物の不法投棄について取り組み、

最後までジャーナリストとしての使命に取り組み続け、
力尽き、昨日亡くなった様子。


ボスニアでの取材中、当時生後10カ月強だった女の子ステラと
サラエボの孤児院で出会い、養子にしていた事も今回知りました。

3-beppefiorellocover_1218372_GF.jpg


彼はこの事を「理由は聞くな」という本の中で語っているそうで、
その後Rai の番組原作ともなったそう。

4-franco-di-mare-figlia-stella-adottata_GF.jpg


戦場に出かけるジャーナリストには女性もおり、アフガニスタンで
暴行された上に殺された新聞記者、

同じくRaiの取材派遣で、アフリカで殺された方もおり、

ジャーナリストの生き方を貫く方々の危険と、その勇気を思います。


2-franco-di-mare_1219079_GF.jpg

享年68歳、フランコ・ディ・マーレのご冥福を祈ります



*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia_01.JPG


*****

本家ブログには、 
カステッロ・ディ・ソンメッツァーノ ・ 幻の城になりません様に!
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


この記事へのコメント