・ スコミーゴ村の猫 一応仕上がり と、 先に逝った愛犬からの信号

マーブル紙に描いているスコミーゴ村の猫ちゃん、
一応の仕上がり、という所で、見てやって下さい。

スコミーゴ村の猫  18x18cm 


描いていて自分が興味を持てるモチーフで、案外すらすらと
進み、何とか一応の仕上がり、という感じになりました。


納屋の入り口にいて、背後は暗く、猫ちゃんは体の半分が
秋の日差しの中に輝き、その反対側は暗い中で、

撮った写真では殆ど見えないほど暗いのですが、影色で見える
様に描こう、と思ったのが、影の中の白い色などが描きにくく、

胸の半分陰の中の毛並み、の影色の描きにくさ、等など、

一番手前の枯草の描き方なども、へへ、初めてでして、

また暫くしたら、見える部分が出て来るかも、と。


という所で、ぼちぼちながら、マーブル紙の猫ちゃん達、
進んでおりま~す。


*****

今日の第2部   先に逝った愛犬からの信号が届く

これは先日読み、4月25日付けの記事、ちょっと胸に詰まる
想いもした、亡くなったワンちゃんに関する話題です。

2-1-094530268-5897d9af-e5aa-4320-b666-50efc9ef9d5f_GF.jpg


うちの犬のポピーはいなくなったけど、虹の橋の向こうから信号を送って来るんです
"Il mio cane Poppy non c'è più ma mi manda segnali dall'altra parte del Ponte dell'Arcobaleno"


飼い主のジョーアン・ナイツさんの、最愛の雌のピッツブルとの
雑種のポピーは、13年以上も傍にいたのですね。

彼女の13年半の生涯の間、私は一度も彼女の傍を離れなかった。
そして今でも彼女を身近に感じています、言い、

並外れて賢かった、というポピーとの深い絆があったのですね。


2-2-094603905-9ad971ce-fb1b-409f-b034-0ca85e442429_GF.jpg


残念な事にポピーは14歳の誕生日の直前に重病にかかり、この様な
ケースによくある事ですが、ジョーアンさんは毛皮を着た友人が
「虹の橋」を渡るのを手伝うという、悲痛な決断をせねばならず。

最後にもう一度最愛の犬を抱きしめ、永遠に忘れない、と約束し、
ポピーの子供2人が一緒にいても、越えるのが難しい深い痛み。


そしてポピーの存在を強調するような一連の出来事が起こり始め、

まず、クローゼットの中に羽を見つけます。

3-094612206-3fe507ae-1528-4ca1-90cc-2aa9c7f00d14_GF.jpg

彼女はショックを受け、その不思議な色の羽がどこから来たのかと。


そして次の別の信号。

半年後、ドアの外に出ると、フェンスの上にカタツムリが作った
ポピーの姿が。 私は泣き、気が狂いそうだった、と。

4-094551868-bed1e218-57b8-40bd-8c33-7aa93677d188_GF.jpg

カタツムリの粘液で作られたその信号は、雨で洗い流される迄
5日間そこに残り・・。


それからまた半年後、誰かが超現実的な贈り物を持って家の
ドアをノックし、

女性は子犬を抱いており、その毛皮の色は以前クローゼットで
見つけた羽の色と完全に一致しており、

5-094622076-43b96307-7247-4566-bdcc-5b36de67fcbd_GF.jpg

彼女はその子犬を貰いました。

他の人たちが何を言おうが、信じているか、気にしません。
私のポピーがあの子犬を私に送ってくれたのです、と。


***
 
これをお読みの皆さんが、どの様に感じられるか、信じられるかは
分かりませんが、

私も似たような経験があり、というのも、広島で一緒にいた猫ちゃん
4人のうちの健君が死に、イタリアには他の3人を連れて来ましたが、

何年か経って、ある時夢の中に健君が出て来て、
あれ、健ちゃん、あんた死んだんじゃなかった?
違うよ、死んだのは伯だよ、と。

伯というのは唯一の女の子で、確かにそれ以前に死んでおり、

私は、日本に1人残って健君、寂しいだろうね、と時に考えて
いたので、その夢を見て以来、

ああ、健君もイタリアに来れて良かった、と安心した想い出を持って
おり、今回のこの記事は素直に心にしみたのでした。


最もその話を聞かせた友人には、
その会話、何語でしたんですか? と聞かれ、
ははは、そういえば、勿論日本語だったよ、という落ちもありますが。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

    s2019誕生日 - Copia_01.JPG  
    

*****

本家ブログには、 
n.2 G・B・モロー二展 ミラノ  語り掛ける人物像 細部の見事さ
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


この記事へのコメント