・ アフリカで、サファリの最中に、チーターがジープに飛び乗り・・! お知らせ追記

今日は写真を見ただけで「キャッ!」と言いそうになる記事の、
可笑しくもあり、ハラハラドキドキのお話をどうぞ!
2023年12月22日の記事ですから、つい最近で~す。

ネコ科動物であるチーターは車内を覗き込み、人間に近づきます。

ghepardo-jeep-safari_GF.jpg



緊張しきった前席の男性の顔を!

ghepardo-jeep-safari - Copia_GF.jpg


さて、どうなるかは、ひとまず置きまして、
チーターなるネコ科動物についてちょっとお話を聞いて下さいね。

チーターは公式に、走る速さの世界記録を持っています。 
0から100 km/h まで、3秒未満で到達できる事、ご存じでした?!

で、この様な速度に達するのに役立っているのは、身体的構造や
脚だけでなく、内耳も重要な事が最近の科学研究で発見されたそうで。

まさに内耳は、バランスと頭の安定した位置を維持する事を可能にし、
3半規管で構成されたそれぞれが異なる角度を持ち、異なる動きに
敏感で、つまり、縦、横、そしてこちらからあちらに、という
動きに敏感なのだそうで。

こちらはチーターのチビちゃん。

ghepardo_GF.jpg


で、この構造により、チータはより敏感になり、頭をより速く
動かすことが出来、速度が向上するのだそうで。

そしてこれ程発達した内耳は、100年前、200年前に生息した
チーターの標本では決して発見されなかったもので、
いわば進化の成果なんですと。

で、良いニュースは、ははは、この様な速い動物が人間に対しては
それほど攻撃的ではない、という事だそうで! 良かったぁ。

というのも、チーターはガゼルや大型哺乳類を餌としており、
明らかに大人のチーター、チビちゃんを脅かさない限り人間を
攻撃する事は無いものの、

もしもの場合の衝突は避けられずで、その時はチーターは誰でも
傷つけられる「武器」を持っています、と。 
はぁ、よく分かりますがぁ、やはり怖いなぁ。

で、本題に戻りますと、

チーターの自然生息地はサハラ砂漠以南のアフリカで、
これらの国では動物たちを自分の目で見ようとする自然愛好家に
依存した観光業が盛んで、
タンザニアにはチーターが多く生息しています。

で、アフリカのある国で今回の例は、
自分から数メートル離れた所をジープが低速で通過していくのに
気づいたチーターが、それを訪問する事にし、

非常に大きな開口部を持つ車に、ネコ科動物は簡単に侵入を!


投稿者の書き込みによると、チーターは約10分間「車上」にいたそうで!!

乗員と一緒に居たガイドは、動物を怖がらせないよう、全員にじっと静かに、
とアドバイスを。

10分間フリーズしたままというのは、素晴らしい経験ではありませんが、
結局それが勝利の動きとなり、

と、ちょっとの運、つまりチーターは通り過ぎるガゼルに気づき、
こちらの車よりガゼルの方が面白い、食欲をそそる、と
考えて追いかけて去り、

つまり技術と幸運により、少人数の人間グループが、チーターとの
トラブルを回避できたのですと。  

済んで見ればやれやれと、ヴィデオを投稿し、話の種にもなりますが、
やはり怖かったでしょうねぇ!!
TVニュースにならずに良かった、良かったですねぇ!


で、以前面白いと思ってコピーしていた記事を思い出し、引っ張り出し、
つまりチーターと人間との、または他の動物たちとのスピード競争で、

世界最速の男ウサイン・ボルトは、100mを9,58秒で走りましたが、
チーターは5,8秒!なんだそうで。 約、倍の速さ!

un-ghepardo-potrebbe-correre-i-100-metri-in-5-8-contro-i-9-58-del-campione-olimpico-usain-bolt_GF.jpg


人間は時速37,6キロメートル、または秒速10,4メートルまで走れ、
この速度は、毎秒9,8m、時速35キロメートル以上で移動できる
ヒトコブラクダよりも有利ですが、

人間はマラソンや、長距離走に非常に適しているのですと!

と、あれこれ様々な記録比べが続くのですが、残念ながらこの記事は
失われており、見て頂けずに残念で~す。


ついでに、と言うとなんですが、

チーターも素晴らしく可愛く、猫ちゃんの様にゴロゴロ喉を鳴らし
ほっぺにチュとキスすると、お返しに舐めてくれるヴィデオを。
こちらから。
https://forumagricolturasociale.it/2023/11/28/ragazza-da-un-bacio-a-un-ghepardo-la-risposta-del-felino-e-da-non-credere/

ghepardo-felino-ragazza-dolcezza_GF.jpg


これはオーストラリアの、ニューサウスウェールズ州・New South Walesに
あるワイルド・キャット保護センター・Wild Cat Conservation Centre、

つまり保護されたネコ科動物たちの自然の中のオアシスで、
可愛い女性は、このセンターの警備員、職員なのだそうで!!

チーターをまるで恐れていませんが、きっとこのチーターが幼い頃からここに
住んでいて、世話をし、完全に自由に任せてくれる人間の存在に慣れて
いるのを示している、というので、

2_GF.jpg

即行ったからチーターがキスしてくれる訳ではない様で、ははは。



◆ お知らせ追記 ◆

広島の画家 田谷行平先生が、恒例の新春個展を
広島市並木通りの、ギャラリー たむら にて 20日より28日迄
開催されます。

20240113_141710_GF.jpg

お近くの方、どうぞご高覧頂きたくお出かけ下さいます様
ご案内申し上げます。



*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!

     s2019誕生日 - Copia_01.JPG


*****
 
本家ブログには、 
ヘドヴィヒ・ヘンデル、 ルドルフ・ヘス-アウシュヴィッツ収容所長の妻 と、映画「インタレスト・ゾーン」
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


この記事へのコメント