・ オーストラリア  コアラを森林火災から救助する犬 ベア君

新しく絵を描き始めているのがまだ見て頂けるほどでなく、
気分があちこち分散し消耗気味で・・、

ちょうど見つけた動物ネタ、オーストラリアの森林火災から
コアラを救う犬の活躍のお話をどうぞ。

見つけたサイトはこちら
Bear, il cane che sfida le fiamme per salvare i koala dagli incendi boschivi 
森林火災からコアラを救うために炎に立ち向かう犬、ベア

まずはベア君をご紹介。

cane-pompieri-salva-koala-incendi-1_GF.jpg

彼はボーダー・コリーとクーリー犬の混血で、森林火災で負傷したり、
孤児になったコアラを消防士が救うのを援けるのが仕事で、

コアラのウンチと毛皮、両方の匂いを嗅ぐことの出来る世界初の
コアラ救助犬なのだそう。

足を保護する為の特別な靴下を履き、火災の影響を受けた地域に
送られ、近くでコアラの声がすると警報を発し知らせると。



ええと、ボーダー・コリーはご存じですね? 大体が白黒で、昔から
牧羊犬として働いており、運動能力、知能抜群の犬、として有名な犬。

4456_6_GF.jpg


でもクーリー・Koolie というのは知らず検索しましたら、
非情に活動的で、賢く、多様な犬。 もともとは牧羊犬として働く為に
選ばれた犬なんだそう。

koolie_GF.jpg


で、今回のベア君は、遊ぶのが嫌いな!強迫性障害を患っていて
飼い主から捨てられたのだそうで、幸いな事に保護施設から
引き取られ、コアラを見つける訓練を受けたのだそう。

性格にぴったしの天職が見つかったのね、良かったねぇ、ベア君!


今回の写真を提供してくれているIFAW(国際動物福祉基金)の
ジョージー・シャラッドさんが説明するベア君の活動がなぜ重要かは、

 火災の季節には、一部の火災は完全に鎮火する迄に何週間も
 何か月もかかる事があり、コアラはそれほど長くは生きられないので、
 火災が完全に鎮火する前にコアラを見つける事が重要なのです、と。

cane-pompieri-salva-koala-incendi-8_GF.jpg

そう、コアラの動きはゆっくりですから、援けに来てくれるまで、
きっとじっと木の上で待っているのでしょうね。



確かに、炎に囲まれているコアラは良く目撃されているそうで!

cane-pompieri-salva-koala-incendi-9_GF.jpg

cane-pompieri-salva-koala-incendi-4_GF.jpg


先週の月曜に、フラッシュと言う名のコアラが救出されましたが、
彼は酷い火傷を負っており、治療を施す前に鎮静剤を投与する
必要があり、

cane-pompieri-salva-koala-incendi-5_GF.jpg

cane-pompieri-salva-koala-incendi-6_GF.jpg



火災から救出されたコアラに消防士が水を与えるヴィデオは世界中に
広まり、

cane-pompieri-salva-koala-incendi-2_GF.jpg

上に書きましたリンク先の記事内で、ヴィデオを見る事が出来ます。


cane-pompieri-salva-koala-incendi-7_GF.jpg

はい、私もこの前のオーストラリアの大森林火災の時のコアラ救出の
ニュースを見た記憶があります。



救出は大変でしょうが、でも最後のこの写真、こんなにしっかりした目で
こちらを見つめる、元気になったコアラ君の様子が一番のご褒美でしょうね、
消防士の方々にも、ベア君にも!!

cane-pompieri-salva-koala-incendi-3_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia_01.JPG

*****
 
本家ブログには、 
二月堂 参内   素晴らしいお天気、 良き眺め!
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


この記事へのコメント