・ 晩秋の朝 途中経過と、   スコミーゴ村、秋の色探し

フォンターネ・ビアンケの途中経過を見てやって下さい。

晩秋の朝    30x40cm  6号

+DSC00039_01_GF.jpg

ピン甘写真、お許しを。

先回の描き出しから、自然公園の秋を描き、塗り込みを
重ねておりますが、

手前下に入る草原の影の部分に手を焼いており、

上の明るい部分の草原の起伏などに比べ、影色を濃くしたくない、
という思いが、逆にぬるっとした、形の見えない感じになり・・。

と、落ち葉の形、色をどう描くか、それに迷うというか、まだつかめず、

石組みの壁は何度か描き、自分なりにつかめている気もするのですがぁ、
植物のみ、というのは、まだまだ分からない事ばかり!

まぁ、描く事で分かって来るのだから、と言い聞かせ、ははは、
分かる部分、気の付いた部分から詰めています。

が、これで少し寝かせ、また気の付いた時に再開を、という事で、

頑張りま~~す!


*****

今日の第2部   スコミーゴ村、秋の色探しのパトロール

先週末、久し振りのお天気になり、する事は詰まっていたものの、
天気予報を見ると、翌日から曇り、雨、という予報が続くので、
思い切って、お昼前の11時半頃カメラを持って出かけました。

我が家の少し先から続くシナノキの並木も、半分ほど先の並木は
こんな風に色付き、葉も落ちかけており、

1-V03_2707_GF.jpg



木の足元は絨毯を敷き詰めたように。

2-V03_2700_GF.jpg



脇が駐車場になっており、止めたままの車にはね、ははは。

3-V03_2706_GF.jpg



シナノキの実は、葉っぱから別に出る細い葉の様な物から下がりますが、
我がコンドミーニオに近い東の木々は、まだ緑がしっかり残る中に見えるのが、

4-V03_2697_GF.jpg



西側になると、葉も黄色の良い色で、こんな感じに。

5-V03_2710_GF.jpg

この小さい丸い実は結構固く、上からパラパラっと落ち、顔や頭に当たると
ちょっとした小爆弾並みなのですよ。



shinkaiが落ち葉をガサガサと踏んで歩くのに、飛び出して逃げたトカゲ君。
何かの蓋の隙間に頭だけ出して隠れたつもり、ははは。

6-V03_2702_GF.jpg



一方、こちらはバッタ君、3cm程かな。 ぴょんと飛んで車の窓枠に。

7-V03_2709_GF.jpg



いつもの様に、隣村オリアーノの教会と鐘楼。 お天気は良いのですが、
畑の上には少しばかりの靄がかかってます。

8-V03_2711_GF.jpg



良い色になって来ている、といつも見るのですが、こうして撮って見ると、
まだほんの少し早かったかな、11月まで待つともっと綺麗かも、ね。

9-V03_2712_GF.jpg



振り返って見た、我がコンドミーニオの庭の木々が良い色になっており。

10-V03_2716_GF.jpg



道脇の葡萄畑を覗くと、かなりの確率で葡萄の木の剪定が始まっています。

11-V03_2717_GF.jpg



農家のお庭の柿の木と、赤く染まった葉。

12-V03_2736_GF.jpg



オリーヴの実も、熟した色もちらほら見えるものの、まだ若い緑色も。

13-V03_2720_GF.jpg

14-V03_2725_GF.jpg

15-V03_2728_GF.jpg



と見て行くと、木々の下に収穫の為のシートが既に準備され。

16-V03_2729_GF.jpg



名残の薔薇。

17-V03_2731_GF.jpg

この枯れ草の列を見て、あれ、ひょっとしてここも葡萄畑になるのかな、と
思ったのでしたが、

18-V03_2743_GF.jpg

落ち着いてよく見ると、単純に草刈りをして干していたみたいで!
そのうちに巻きロールが見れるかも。


なぜ勘繰ったのかと言いますと、ははは、この広い草原の半分は既に
葡萄畑になっているのですが、
この葡萄畑の持ち主がヴィットリオ・ヴェネトの司教区と分かり、
働いている方もヴォランティア、というのを知っているからなので~~す。

久しぶりのお天気に誘われ、 スコミーゴ村を一回り
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/467228290.html



こちらは道の反対側、つまり南面向き斜面にあるオリーヴ畑。

19-V03_2747_GF.jpg

オリアーノ村の南面向きの広いオリーヴ畑は、昨夏に、既に全部抜かれて
いるのを知り、なぜかガックリしたのでしたが、ここはまだ元気で。



道脇の隙間から入り込み丘の高みから下る、ここから見える小さな
林の眺めが大好きで!!

20-V03_2755_GF.jpg

21-V03_2757_GF.jpg

ね、素敵でしょう?!



下りながら、脇の葡萄畑を見て行きます。

まだ残る葉の、黄ばみ、茶色の斑が浮いた葉。

22-1-V03_2768_GF.jpg



剪定された木に、1枚だけ残った葉も黄ばみ。

22-2-V03_2750_GF.jpg

23-V03_2753_GF.jpg



野生のリンゴの木にも、小さな実、直径5,6cm程、が実り。

24-V03_2761_GF.jpg

25-V03_2763_GF.jpg



未だ残り、元気に咲く野草たち。 良い子ねぇ!!

26-V03_2741_GF.jpg

27-V03_2771_GF.jpg

28-V03_2774_GF.jpg

29-V03_2779_GF.jpg

30-V03_2782_GF.jpg

31-V03_2781_GF.jpg



小さな林の木々も年々伐採され、ますます小さくなるのですけど、
まだ地面が薄暗くなる程の木々が何とか。

32-V03_2791_GF.jpg



林を通し、光溢れる畑を。

33-V03_2795_GF.jpg


この林の裏側、というか奥に湧き水が流れているのが、水音が聞こえず、
見に行くと、あれっ、枯れている!!

34-V03_2798_GF.jpg

ず~~っといつも結構な水量だったのが、川底の石が少し湿っている位で、
これにはかなりのショックを受けたのでしたが、



林に添って少し川上に歩き覗くと、底にチョロチョロ流れているのが見え、

35-V03_2802_GF.jpg

ああ、この春からの酷い乾季で、ここも半分干上がったのか、
でも、何とか湧き水は大丈夫だったみたいだね、とちょっぴりの安心を。

なぜって、shinkaiがこの村に住み始めて30年以上、湧き水は常に、
たっぷりと、水音を立てながら流れていたのですものね。
本当に枯れてしまったら、やはりショックです。



林に射し込む光を受け、煌めく猫じゃらし。

36-V03_2806_GF.jpg



戻り道にある、大きな柿の木。 いっぱいに実をつけ、葉も色付きはじめ。

37-V03_2811_GF.jpg

脇の新しく改装した家にはちゃんと住んでおられますけど、
柿は食べないのかな? と余計な心配を。 ははは。


1時間位の心算で出かけたのが、結局1時間半。
お腹を減らして家に戻ったのでした。

来月半ば頃、また良い色が見れます様に。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


      
     誕生日カード2021 - Copia_GF.jpg


*****

本家ブログには、 
ボニーとクライド  1930年代 アメリカの若き犯罪者カップルのお話
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。
ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!

この記事へのコメント