・ 春の訪れ 途中経過と、 ボッローメオ家の姫の現在は

先回に続き、我がスコミーゴ村の春の訪れを描きこんでいますので、
見てやって下さい。

春が来た! スコミーゴ村   36x27cm 5号

+DSC00681_01_GF.jpg


先回はペンでの下描きに、墨入れ、水彩下塗り、そして色鉛筆での
塗り込みを始めた所でした。

まだまだモチーフにしている写真を基に、地面のうねり、モグラの活動跡、
等を確かめながら、何とか枯草、そして萌え出る緑の芽が描ける状態に
持って行こうと頑張っていて、

で、ふと思いついて、地面が切れ、谷に落ち込む向こうに、
霞む木々のみでなく確か木があった筈、と思い、
古い写真を探し出しました。

見つけたのは2008年1月27日の本当に古い写真なのですが、
一緒に写っている白黒ワンちゃんにしっかり覚えがあり!

で、同じ場所を2枚撮っており、2月8日のブログに載せたのでした。

待春のスコミーゴ村 ・ 野生のクリスマス・ローズ、どんど
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461385960.html


で、今回のモチーフに使っているのと、もう1枚の別の方は、も少し広めに
撮っているのと、逆光になっている草原の色がも少しはっきり濃い目に出ており、

つまり、欲しい位置にモグラの掘り土が盛り上がり、土地にうっすらと出る
枯草の畝、というのかがよく分かるのですね。

有難い事!! これで随分納得して描きやすくなります!!

という事で、古い巻き草の影も安心して伸ばし、モグラの活躍跡も
増やし、ははは、
上部の明るい部分のシラミ潰しを始めた所です。

白い紙の凸凹が見えすぎると、明るい草の芽、枯草の延びたのが
描きにくいので、画面の明度は落ちますが、一旦シラミ潰しを。

という事で、頑張りま~す!


*****

今日の第2部  ボッローメオ家の姫の現在は

今本家ブログの方では、マッジョーレ湖の有名な観光地でもある
ボッローメオ家の島をご案内していますが、

それでやはり思い出すのが、ミラノのボッローメオ家のお屋敷の壁画で、

1-1_Giocatori-di-carte_GF.jpg

15世紀 ミラノの貴族のお遊びは、 ボッロメーオ邸 
https://www.italiashiho.site/archives/20170203-1.html


でご案内するのに、あれこれ検索をかけていて見つけた、
現代のボッローメオ家の姫がその暫く前に結婚した所で、2015年夏、
TVニュースに出たのを思い出したりで、一緒にご案内したのでした。

2-borromeo_casiraghi_GF.jpg

なにせ若いカップルは美男美女で、花婿はモナコ王室カロリーヌ王女の
3男、ピエール・カシラギ、
花嫁は何百年も続くミラノ貴族の末裔、ベアトリーチェ・ボッロメオ、
で、格好の話題になったのでした。



そして久し振りにボッローメオ家についての話題ですし、子供が生まれた、
というのも美容院で見る雑誌で知っていましたが、はは、

お2人ともお元気でやっておられるのかな、とちょっと検索を。

3-DANSE003_MGZOOM 2019_GF.jpg

仲睦まじい様子の写真もあり、



こちらは昨年11月23日の、モナコでのお祝いの式典かな、
ベアトリーチェはディオールの衣装、と注釈付きで、

5-Beatrice-Borromeo-in-Dior-per-la-Festa-di-Monaco23  11 2021_GF.jpg

男児2人も、上が6歳、下の子が5,6歳でしょうかね。



コロナの影響もあり、南フランスの田舎の農家で一家は暮らしている、
という記事、2021年2月13日付け、もあり、ふむ、ふむ。

4-casiragh-borromeo-meteoweek_GF.jpg



で続いて探していると、なんとなんと、何やら怪しい暗雲が。
今年2022年3月11日付けで、

モナコ王室のスキャンダル「婚姻外交渉」、ベアトリーチェ・
ボッローメオは打ち砕かれた、と。

6-pierre-beatrice-casiraghi_GF.jpg



どうやらドイツのブンテ誌がすっぱ抜いたゴシップの様で、ここ数週間
モナコではかなりの騒ぎになっているらしく、

7-tradimento_GF.jpg

というのも、夫のピエール・カシラギは、今迄も何度かこの手の問題を
起こしているのだそうで、

賢く愛情あふれる妻のベアトリーチェは、騒ぐことなく、自分の感傷的な
問題を個人的に解決して来ている、様子。


雑誌に載った若い女性が誰か、ピエールとの関係はどの様なのか、は
何もわかっていませんが、

フランスのメディアによると、今回は彼女は乗り越えられないであろう、と。

カシラギは、大きな代償を払うであろう、とかね、
火事は大きな方が面白い式に、ゴシップ誌は騒いで書き立てますが、

何度かそんな事が起こっているのであれば、それが新しく起こる度に、
内部深くで決して治っていない傷がまた開き、再び傷つくのですよね。


何も知らずに記事を検索していて、2人の中も上手く行き、お元気だろう、
と思っていたのがねぇ、

モナコ王室の方々は、皆さん熱い血をお持ちで、と昔読んだ事が
ありますが、
そのとばっちりが、ボッローメオ家の末裔の姫にかかわりがあるとは、

あまり嬉しくないゴシップを知ってしまったのでしたぁ。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    誕生日カード2021 - Copia_GF.jpg

*****
  
本家ブログには、 
n.1 イーゾラ・ベッラ・ボッロメオ邸  ・ マッジョーレ湖 ご案内
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!

この記事へのコメント