・ 新しい色鉛筆到着 と、 スコミーゴ村の春 野の花

日本入国に関する新しい規制が昨日首相より発表され、
緩和された状態で3月から帰国が楽になりそうですが、

今の所まだ蔓延防止法がすべて解除されずで、
もう少し辛抱して様子見を、という所になっています。

でも、嬉しい事! 漸くに希望が見えて来た所で~す!!


スコミーゴ村、春の湧き水

V10_2378_GF.jpg


***

さて今日は新しく届いた水彩色鉛筆を見てやって下さいね。

先頃日本に発送した個展用の絵の仕上げの詰めの時は、
次々と先がちびった鉛筆続出で、
わぁ~お、今は注文して届くのは待てないから、頑張ってやぇ、と、
ははは、色鉛筆に頼みたい気持ちになったのでしたが、

漸くに何とか発送後の今、そうそう、色鉛筆の注文をしようと、
ファーバーカステル、カランダッシェ、そしてステッドラーの色見本を
コピーし、それと手持ち分を突き合わせて、と考えた時、

そうだ、好きな色がかなりちびっていたDALER・ROWNEYのサイトを
探して見ようと思い立ち、検索を。

で、見つかったのがダーウェント・DERWENTの水彩色鉛筆の
バラ売りがあるサイトで、72色あるのです。


今迄はダーウェント・インクテンスというのは知っていたものの、
説明を読むとどうも芯が柔らかそうで、固めが好きなshinkaiは
買った事が無かったのですが、

インクテンスではなく、たんに水彩色鉛筆、と別なのと、
15%引き、1本が1,96エウロだったもので、では試しに、と思い、

で、ダーラー・ローニィはどうなったの?! なんなんですが、ははは、

30色程を選び、これがサイトの仕組みが良くなく、どの色を選んだか
一目で分からず、在庫の無い色をクリックすると、

ヘイ、アーティスト、チェックを入れたら、在庫が入り次第連絡するぜ!
という吹き出しが出て、
ヘイ、アーティスト、とあんたに呼ばれる覚えはないぜ! 
年寄りは気難し屋なんだぜ、知らないのかい?と、ははは。

最後数えたら29色注文し、送料が4エウロ弱で、計67エウロ。

で、ミラノから飛行機のトゥレヴィーゾ経由で、昨日到着。

一緒に今年のカレンダー、予定書き込み出来る奴と、礼状カード。
どうも、サイトの作りと言い、イラストと言い、若向け意識のサイトかな?
でも全般の小品がそろっていましたっけ。

DSC06070_01_GF.jpg

色鉛筆の上の茶の箱は、色鉛筆を詰めてきた箱ですが、中には紙が
丸めて入っていたものの、芯を覆っては無く、中で動き、先が折れたりもあり。

うん、色鉛筆の使い心地にもよるけど、今回1回限りかも?!

いつも使っているサイトよりカランダッシェ、カステルファーバーなどは、
ほんのちょっとお高めでした。

色は72色の内から選んだ、shinkaiの使いやすい色で、
欲しくとも在庫の無かった色も5,6色かありましたね。

DSC06072_01_GF.jpg

まぁ、次回から使い始めますが、新しい色鉛筆が届くのはいつも嬉しく、
いつも注文する安定のサイトには、https://www.mondo-artista.it/
日本から戻ってゆっくり注文をね。


*****

先回ちょっと見て頂いた、「スコミーゴ村の春」のクリスマス・ローズ、

野生の丈の低い、葉の色が鉄茶色のもあり、花弁の形が少し違う種も。

V10_2363_GF.jpg

V10_2370_GF.jpg

V10_2365_GF.jpg

V10_2367_GF.jpg

V10_2373_GF.jpg

V10_2399_GF.jpg



と一緒に、オオイヌノフグリ、デイジー、ホトケノザ、など、
林の中に咲いている可憐な花、春を呼ぶ花をどうぞ。。

V10_2315_GF.jpg

V10_2337_GF.jpg

V10_2322_GF.jpg

V10_2379_GF.jpg

V10_2284_GF.jpg

先回は、本当に久しぶりにマクロ60㎜のレンズを付けて出かけたので、
遠景を取る時には遠すぎる、という事、
また逆に近くでモデルが大きいと後ろに下がらないといけず、の、

短焦点レンズの面倒さも感じたものの、でも、写ったのをディスプレイで見ると、
なんと、いつも使うズームの18-300㎜とは比べ物にならないシャープさで、


おお! お天気の良い時はこれを持って出かけてみよう! という
次回への欲も出ましたので、はは、

も少し野原に野草の花が咲き出すのをお待ち下さいませませ!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


     誕生日カード2021 - Copia_GF.jpg

*****

本家ブログには、
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!

この記事へのコメント