・ 絵はパスし、 ヴェネツィア、サン・マルコ聖堂入り口上の4頭の馬について

絵の方もボチボチ頑張っておりますが、今日は見て頂くほど進まずで、

たまたまサン・マルコ聖堂の入り口上に威勢を見せている4頭の馬、
イスタンブルから分捕って来た黄金の馬、についてのサイト記事を見つけ、
興味深い事も分かりましたので、皆さんにも!

まず、この馬達の像ですね。

1-san-marco-horses-1.jpg



イスタンブルへ出かけた第4次十字軍、ヴェネツィアのドージェ、
エンリコ・ダンドロに率いられた十字軍が勝ち、1204年、
その後戦賞品で持ち帰り、

エンリコ・ダンドロについて サンタ・ソフィーア聖堂博物館 ・ イスタンブル
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/474423497.html

その後ナポレオンが1797年ヴェネツィアに勝った後、パリの凱旋門用に
持ち帰っていたのが、ウィーン会議で返却が決議され1815年ヴェネツィアに戻り、

再度サン・マルコ聖堂の入口上に1982年までいたものの、
現在は聖堂内の博物館に本物は移され、現在見れるのは模写作品。

というのは知っていたのですが、あの馬は何の馬で、イスタンブル、いや
元の名前コスタンティノープルのどこにいた馬なのかは知らず、
考えた事も無かったのでしたが、

皆さん、ご存知でしたぁ? あの4頭の馬達はコスタンティノープルの
どこにいたのかを。 知らぬはshinkaiのみではないと、ははは。

おまけについつい深追いをし、コスタンティノーポリの競馬場についての
事などもあれこれ出て、まぁ、興味深い事なのでちびちびと。


はい、あの馬たちの正式の名は、ラ・クアドリーガ・La Quadriga、
並列4頭立て2輪馬車、つまり映画「ベン・ハー」で凄い戦車競走を見せた
あの2輪馬車用の4頭の馬達だったのですね。

2-ben_hur_1.jpg



で、コスタンティノープルのどこにあの馬達の像はあったか、と言うと、

この大きな競馬場・イポードゥロモの入口門サンタリーピオ・Sant'Alipioの
上にあったと!

3-kapak.jpg

地図の、競馬場の斜め上あたりが金閣湾で、湾の上、向かい側がガラタ地区と。



そしてこのコスタンティノープルの競馬場はこんな形だったそう。

4-Inkedhippodrome1_LI.jpg

ちゃんと場所の名前の説明があるものの、言葉が何語か分からず、
翻訳サイトであれこれ試してもダメ、この図が出た元のサイトはトルコ語で!
はぁ、イタリア語に訳して読みましたぁ。 馬達がいた場所が知りたくて。

ご説明しますと、大きな U の字型の競馬場の右上、Carceresとある所に
出場する馬達が連れて来られ、またどのレースに出るかの籤の結果も出て、

こちら側真ん中近くにある白いKathismaが、皇帝たちが座る場所で、
戦車競走は大変に皇帝、貴族たち、また一般庶民にも愛された競技で、
騎士たちはこれで勝つと、一般の職人たちが稼ぐ1年分位の賞金を稼いだそうで。

競技場真ん中に細長く伸びるオベリスクや像が立っている部分はSpinaで、
ここの部分は幾らか土盛りで高くなっている、つまりコースに傾斜が付いている訳。


一番下に見えるSpendoneの説明は見つかりませんでしたが、

外壁のロッジャとかいう感じでしょうか。

5-spendone-dis.jpg



で、この部分は現在も下部分が半分残っていて、こんな様子。

6-spendone.jpg



競馬場の元の大きな形は、こんな風に残っていて、

7-InkedAdsiz_LI.jpg



こんなオベリスクの写真も見たりして、そう言えばイスタンブルで見たっけ!
行ったっけ! と、ははは。

8-tumblr_mlg400OiEe1snp17yo1_640.jpg



で、デジタルでの復元図があり、ほら、左上の白い塀の真ん中に門があり、
その上に4頭の馬が乗っているのが見えるではありませんかぁぁ!!

9-Byzantium1200.jpg

つまりCarceresの、競争出場の馬達も集まってくる場所、コースの籤が
貼り出される場所、きっと観衆の入り口でもあるあの門の上に4頭の馬像がね!

イェイ、見つけたぞぉ!


走るコースは時計回りと反対で、直線コースの長さは455m、幅は122mあり、
7ラウンドの勝負で、1回毎にコースの上に掛けられているダチョウの卵を取り、

なんか、本当に「ベン・ハー」の映画のシーンみたいでしょう?!
DVDをまた見たくなったです!!

どうやらギリシャのアテネからこの戦車競技が始められており、様式がここ
コスタンティノーポリでも踏襲されていたようですし、勿論またローマでも。


所で、この馬像の制作年代ですが、ルネッサンス期から学者たちの研究があり、
ある人は、ギリシャ人リュシッポス・Lysippos 紀元前4世紀の彫刻家の
作であろうと言い、

彼については日本語ウィキにページがあり、素晴らしい作品類が見えるので、
是非ご覧になって下さいね。

またある人はもっと後期帝国ローマ期の作品であろうと言い、

彫刻の青銅の素材検査では、錫や鉛と比較し銅の割合が高いので、
それはギリシャ説を支持するでしょうし、

実際ローマ人は製造コストを抑え、化合物をより流動的に、楽に鋳型に注げるよう、
より高い鉛含有量の合金を使用し、青銅彫像を作った様子であり、
未だ正確には分かっていない様子です。



サン・マルコの入り口上の4頭の馬の姿は美しいのみでなく、確かに
ヴェネツィア共和国に重みを、また聖堂にも宗教的重要さを与えてますよね。

10-venezia_quadriga.jpg


そう、shinkaiもつい釣られて、あれこれ読んでしまいましたもの。
でも、知った事がとても面白かった!
皆さんも楽しんで下さると嬉しいです!!

楽しかったイスタンブルのご案内はこちらから
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/460834203.html


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s誕生日カード2020.jpg

*****
  
本家ブログには、
n.3 ヴェネツィア行き  ムゼーオ・コッレール ・ コッレール博物館 その2
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。

この記事へのコメント