・ アンナリーザの馬 途中経過と、  世界のあちこちで茶室にお招き

アンナリーザの愛馬の肖像、先回の下描きを詰めてみましたので、
見てやって下さい。

ゼウスの肖像  33,5x24,5cm  4号F

+DSC05204_01_GF.jpg


形は変わっておらず、いや、目を大きくしましたが、
馬体も、背景のアイディアも変えてはおらずで、
とにかく馬体をしっかり重たくなるようにと詰め、

各部の筋肉の動き、骨格に気をつけ、何度も何度も写真を眺め、
分からない部分は、同種リピッツァーノで検索をかけ、
様々な馬体を見ながら納得できるように知る事に務めました。

お陰様で、馬体について、いや、肩辺りまでですが、はは、
こんな風になっている、というのも知りましたが、

また同じリピッツァ―の種でも、個体によりかなりの肌の色違いが
ある事も知りました。

まぁ、これは人間でも同様ですものね。
なので、分かる事が増えた事で、詰める作業が自分の意志で
出来るようになった気がして、これは嬉しい事でした。


今は、顔の影の色が少し濃いかな、という気がするのと、
たてがみや、細かい細部の描き込み不足、がこれからですが、

と、背後の木立については、きゃはは、何も言わないで下さいませぇ!
相変わらず、木が下手でぇ、情けないぃぃぃ。
いつも間にか、気がついたら皆同じ形になっていたぁ、きゃはは。


先回のブログに載せた時、下描きの写真をアンナリーザに送り、
形はこれで良いか、と尋ねましたら、
物凄く気に入った!!! と、ピンクのハートを3つも付けてくれたので、
何とか今回もOKを貰え、最終追い込みに掛かれる様に出来るのを願います。


馬の写真を求めつつ、ついついYoutubeの競馬ヴィデオにはまり込み、
武さんの乗る名馬、怪馬の大勝負での勝ちっぷりに酔い、
はぁ、長時間あれこれ追い求めているshinkaiで~す!


*****

今日の第2部   日本の茶道が世界の各地を回り・・、

素晴らしい写真、珍しくもあり、美しくも素敵な写真!
世界の様々な場所に簡単な茶室を設け、その土地で会った人々を
招待している写真を見つけましたので、ご覧に入れますね。

たとえ文化がとても違っていても共存できることを実証する為、
日本の茶道が世界を回った
LA CASA DEL TE GIAPPONESE CHE HA GIRATO IL MONDO PER DIMOSTRARE CHE ANCHE LE CULTURE PIÙ DIVERSE POSSONO CONVIVERE

 
というもので、

ハワイのサンセット・ビーチで、

1-malcolm-sunset-be-1595239801.jpg



ニューヨークの歩道で、

2-t013-rockefeller-center-1595239856.jpg



日本の富士山の見える湖畔で、

3-mrs-watanabe-mt-1595239857.jpg


カメラマンで、Artnetの創建者であるピエール・サーネット・Pierre Sernetが、
15本の細い木製の棒と、いくつかのジョイントで作る、象徴的な意味溢れる
簡素な茶室を世界のあちこちで展開し、

これは文化、ライフスタイルの対比と類似性を探求しつつ、明らかに最も
相容れないものでも、調和して共存できることを実証する為の動機で。

単なる想像上の壁ではない、彼の立方体の中に、様々な土地の客人を招き、
ゲストが立方体に独自の文化的価値、精神性、宗教、精神性を持ち込み、

その様々な環境の違いや、類似点を、ゲストに尋ねる事と、
写真を見る人々に、新しい異なる方法で見て貰う事で、一見異なる宇宙が
まるで両極の反対を共存させることが出来る、同様な普遍的価値に
基づいている事を示している、と。


と、はぁ、最後はshinkaiめの頭の中がこんがらかる説明と、
なんでこんな難しい事を述べなくてはいけないのか、と、はぁ、思いますが、

写真を見るだけで、単純に、

そうか、日本の茶道の、あの茶室の精神は、世界のどの地においても、
招き入れた人が寛げる、究極の宇宙なんだ。
千利休殿は偉大な発明をされた方だったんだ、と思いますよねぇ?!



という事で、難しい理屈なしに、最後まで写真をお楽しみ下さいね!!
以下の写真は場所が分からず残念、済みません。

4-denilson-niteroi-1595239857.jpg

5-jaswant-osian-raja-1595239857.jpg

6-phwayinkosi-zul-1595239857.jpg


◆ 明日9日は右目のレーザー手術、で、その後の検査もありますので、
  次回のブログ更新は1~2日遅れるかもですが、ご容赦お願い致します!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



    s誕生日カード2020.jpg

*****
  
本家ブログには、
クローンの鐘楼伝説  レージア湖に半ば埋もれた
をアップしています。  ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。

この記事へのコメント