・ 絵はパス、  フィレンツェの大聖堂 クーポラの金の球の中に

最近サイト記事で見かける「フィレンツェの大聖堂、生誕600年」の文字。

1-U323013280498967YF.jpg

そしてそれに伴うあれこれの逸話に惹かれ、
ブログのネタになるかと、ははは、読むにはこちらの知識試し、
それにいつもながらのイタリア語の学力試しみたいな感じで、へへ、
痛めつけられるのですがぁ、はぁ、
それでもやはり、何が書いてあるか知りたく、コピーし記事を貯めています。

「フィレンツェのドゥオーモ生誕600年」は、確かに1418年には身廊が完成、
クーポラを残すのみとなり、

ええと、何となく現在の大聖堂の姿を思い浮かべた方、ご注意を!
「クーポラを残すのみ」というのは、現在のあのブルネレスキの赤く尖がった
8角形の屋根が無く、ズドンと抜けた8角形がそのままの姿であるのを
思い浮かべて頂きませんとね、はい。

そして屋根をかけるのにコンクールの布告が行われ、ブルネレスキの案が
採用され、工事責任者に任命されたのが1420年4月。
8月に建設が開始され、クーポラの頭頂部が閉じられ一応の完成となったのが
1434年8月30日。

その後頭頂部の明り取り部分が建設され、またその上にある青銅製の球、
その上の十字架がすべて完成したのは1461年。

というので、「フィレンツェの大聖堂生誕600年」は確かに600年なのですけど、
その時はまだズドンで、現在の美しい姿で無かった事もちらっとご記憶にね。
あと40年後には、真の生誕600年祭がある筈ですから!!

クーポラ登頂と、建設のあれこれ ・ フィレンツェのドゥオーモ
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/466188299.html

という様な文句たれはさておき、今日はあのドゥオーモのクーポラのそのまた上の、
ヴェロッキオ作の金色の球(青銅製)の中に入る、管理責任者のヴィデオを
見つけましたので、美しいフィレンツェの大聖堂、街の様子をご覧下さいね。
  
サイトは


フィレンツェ  朝6時

2-3-.jpg



まだ暗いうち、観光客がいないうちに清掃が行われ、

3-4-.jpg



朝の光が空に点し始める時刻の、サンタ・マリーア・デル・フィオーレ聖堂正面。

4-5-.jpg

「花のサンタ・マリーア聖堂」の名を口にする時、書く時、本当にフィレンツェ人は、
なんと凄い素晴らしい名を捧げたもの! といつも感嘆するshinkai.



こちらが管理保守係のチームで、今回一番上の球の中にまで上るカルロ・タッコーニ・
Carlo Tacconi氏 51歳。

5-6-.jpg

年に3回保守管理のために球の中に上るそうで、チームは20人、建設関係と
石工、こちらは大理石像の修復、正面壁のコントロールなども手掛けるそうで、
彼らが365日、聖堂全体の管理をしているそう。

説明している声が聞こえますが、どうやら生粋のフィレンツェ人の様で、
は、ひ、へ、ほ、 の発音がフィレンツェ訛りで可愛い。



聖堂に当たる朝陽。

6-1-.jpg



徐々に狭く、傾斜がきつくなる石段を上ります。

8-.jpg

9-.jpg



7時。 ブルネレスキのクーポラ内に。 116mの高さ、463段の石段。

7-.jpg



クーポラの頂上に至り、蓋を上げ。  すり減った階段にご注目!

11-.jpg



ランテルナ・明り取りの外側のテラスに出ます。
毎日2600人の観光客がここ迄上るそうで! はぁ、shinkaiも1度。

12-.jpg



ランテルナ部の外に張り出したテラス、迄は観光客が上れますが、
その上は管理の人のみ! 

13-.jpg

でもあの球の中まで上れる、というのは、やはり凄い!



安全の為、回転するモスケットを腰に付け、釣り綱を通し、

13-14-.jpg



鍵で、ランテルナの中心の場所の扉を開け、入り込みます。

14-15-.jpg



細い真っ直ぐ上に連絡する抜け道、高さ11mの中に渡された鉄の横棒を上り、
最後の2段は木の階段を上り、球の中に。

そして窓を開け、フィレンツェの天辺に。

15-2-.jpg

16-1-Cattura.jpg

球の大きさは、直径2,3mで、重さ1800kg!

1461年に取り付けられた球に、1492年4月5日に稲妻にやられたものの
大丈夫、ただフィレンツェ人はロレンツォ・イル・マニーフィコの死の予兆では、
と恐れますが、3日後にロレンツォは亡くなります。

1601年1月27日、再度稲妻にやられ、この度はドゥオーモ広場の東側に
球が落下、大理石の記念碑が広場に埋められているそう。 次回見に!
その後、球は修復され、1602年10月21日に、再度上に据えられたそう。


16-.jpg

17-3-Cattura.jpg



朝8時半、1296年に建設基礎が置かれたドゥオーモの扉が開き、
訪問者の数は毎年1,400,000人。

18-19-.jpg

19-17-.jpg

20-18-.jpg

21-20-.jpg



という、フィレンツェのドゥオーモの最上階、球の中に上る様子でした。

22-Cattura.jpg

そう、こうして見ると、現在は避雷針が付けられていますね、良かった!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s誕生日カード2020.jpg

*****
  
本家ブログには、
n.1 花嫁の結婚衣装  1910年代から1世紀間の歴史を振り返り
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけさせて頂きます。

この記事へのコメント