・ 絵はパスし、 ドナルド・トランプ、1月19日迄米大統領の、家2つ

現在絵の方はシラミ潰し、描き起こし中の為、絵はお休みで、

偶然見つけた今まだアメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏の
子供の頃の家を2つ、ご案内致しますね。

2つとも実は「売り出し中」のサイト記事だったのですが、

1つは2016年8月の記事で、当時まだ大統領選挙が済んでおらず、
共和党の大統領候補、となっており、売値は140万エウロ。

1-38_trump_queens.jpg



子供時代のドナルドが住んだこのチューダー朝スタイルの家は
ニューヨークのジャマイカ・エステート・Jamaica Estatesにあり、

infantia Cattura.jpg


5つのベッド・ルームとバス・ルーム、地下貯蔵室、そしてガレージ。
1940年に建てられたこの家は、続く時代に何台もの複数の所有者の
物となっていたのが、Laffey FineHomes不動産代理店により
売りに出されたもの。

2-2867185_2.jpg

3-1-2867185_8.jpg

3-2-2867185_10.jpg


4-2867185_6.jpg

5-2867185_7.jpg

という簡単な説明のみで写真が続きますが、

6-2867185_4.jpg

7-2867185_11.jpg

8-2867185_14.jpg



実は同じトランプ氏が幼少に住んだ、という家が同じニューヨークの
クイーンズ地区にもう1つあり、こちらをどうぞ。

donald_trump.jpg

こちらの記事は2019年2月で、お値段がなんと290万エウロ!
勿論米大統領在位中で、こういうのはやはり大統領効果、とでも?!


やはりチューダー朝スタイルで建てられた家は、小さめ、わずか2500平米で、
オークッションで290万ドルの開始価格で売られるのだそう。

2つの記事を読んで分ったのは、どうやらドナルドの父親フレッド・トランプ氏、
不動産開発者によって建てられた1940年代の家で、煉瓦と漆喰を使った
5つのベッド・ルーム、とあり、



新しい土地開発で建てられた家の2つを、家族が使っていたのでしょうか?
地図をご覧になって頂くと分かる様に、すぐ近くなのですね。

infantia Cattura.jpg

ドナルドは4歳の時まで住み、それから家族はもっと大きな家に越したのだそう。



販売価格は、平均で125万ドルを超えない一帯の家の価格とはかなり違い、
勿論ね!  家の壁にある、アンディ・ウォーホールの彼の絵、
彼の本「The art of deal・取引の芸術」のコピー、彼に雑誌「ピープル・
People」から捧げられた表紙の額装、等が含まれるそう。

trump_3.jpg

trump_4.jpg

trump2.jpg


最後にあった興味深い文章は、どちらの家か明確には書いてないのですが、

マイルス・デイヴィスという人が、ドナルド・トランプの子供時代の家を
2016年に「たったの」140万エウロで購入し、トランプが
ホワイト・ハウス入りをした後、1泊700エウロでレンタルしていた、と。

2016年に140万エウロ、と言うと、上記の家でしょうね。

で、マイルス・デイヴィスから、2017年に214万エウロで買い取ったのは、
中国投資専門会社、トランプ・バース・ハウスLLC・Trump Birth House LLC
という所だそうで。

この2つ目の家の中も、かなりすっきりとモダンに改装されているので、
案外同じ会社が買い取って、今度は売りに出しているのかも!ですね。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    blog.with2.jpg

*****
  
本家ブログには、
12月12日 shinkai誕生日 寿司レストラン と プレゼント
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント