・ 朝の港風景 一応お終い と、  ピラミッド型の、大金持ちの家

スロヴェニアのピランの港風景を、一応仕上げとしたので、見てやって下さい。

朝の港  ピラン・スロヴェニア  18x12,5cm  0号

+DSC05094_01_GF_1.jpg

先回見て頂いた後にした事は、色の、とりわけ右側の黄色の色部分の
色を抑え、全体の塗り残しを詰め、カモメをしっかり描き起こしで、

そしてOKかな、とみると、色の生っぽさは消えたものの、
どこかピリッとした、朝の港の空気を反映するべき水面がイマイチで、

黄色や空色の色自体を強くするのではなく、濃い色部分をはっきりと
描き起こしました。

これで、一旦抑えた色がしっかり見え、水面も朝の水面の様に
ピリッとした気がしますので、
これで一応お終い、という事にするつもりで、また最後の時に見直しを。

はぁ、やれやれ、これで今年の最後の月になり、漸く何とか1枚かな、
2枚かな、ははは、脇に仕舞って置けるのが出来ましたぁ。


*****

今日の第2部   ピラミッド型の、大金持ちの家

今日は本家ブログの方に、ラツィオ州の2700年ほど前のエトルスクの
ピラミッドのご案内をしたのですが、
検索で、かってに「ピラミッド型の家」というのが引っ掛かり、ははは、
アメリカの大金持ちの家というので、ご覧に入れますね。

タイトルは「ファラオーネの様に生きる、ピラミッドの家」
Una "casa piramide" per vivere come un faraone

アメリカはワシントン州のスノホミッシュ・Snohomishの
森の中に建設された家で、

sCattura.jpg



設計は1976年に、デイヴィッド・ターナーDavid Turnerがしたそうで、
クリスタル型のピラミッド2棟。

000.jpg

002.jpg

003.jpg



家の中は寝室が3つに、お風呂洗面所が2つ、そして大きな暖炉、というのも、
面積が170平米以上あるんだそうで!

005.jpg

006.jpg

007.jpg

008.jpg

009.jpg

土地は2万平米以上で、バークシャーハサウェイ・Berkshire Hathaway
に属し、つまり億万長者の起業家ウォーレン・ブフェット・Warren Buffet氏
なんですと。


地図で見えたシアトル辺りは、大変に年間降雨量が多いそうですから、
その近くの森となると写真の様にしっとりといつも濡れた土地、という事かも
知れませんが、

う~~ん、こうなると、エジプトのファラオーネの様ではなく、
大金持ちがうるさい人目を避ける為の家、の様な気もしますねぇ、ははは。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****
  
本家ブログには、
n.1 ボーマルツォのピラミッド と パゾリーニの塔・家
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント