・ ミケーレ像 もう一度 と、 ルーヴル博物館がティエポロの絵を購入

ミケーレ像を詰めましたので、見てやって下さい。

飛ぶ天使ミケーレ  べヴァーニャ・サン・ミケーレ教会 45,5x35cm 8号

+DSC05088_01_01_GF.jpg

先回見て頂いた時にまだ詰めていなかった、ミケーレ像の上の壁、
そして下側の右半分を詰めました。

と言っても、塗りのシラミ潰しをしながら、近くて見る時になる部分を
詰め、下側の右半分は下描きのままで置いていたのを、
少し描き込んで形を取った、という感じです。

と、左上の暗い中にも少し暗い部分を作り、ミケーレの向かって左の
羽が見える程度に。

後はまだミケーレ本体の塗り込み不足など、気になった所に
手を入れつつ様子を見て、仕上げとしたいと思っています。


師の二木さんが、「ゆで卵のミケーレ」とメールを下さり、
自分も何となしにゆで卵みたいだなぁ、と思っていたので、
大いに笑いましたが、

一時は、ひょこっと「河内山宗俊」という名を思い出したりしたので!
それよりは「ゆで卵」の方が良いか、と、きゃはは。

でもこの絵が、最後まで行きつけたのにホッとしています、良かったぁ!!


*****

今日の第2部   ルーヴル博物館がティエポロの絵を購入

スマホを開きグーグルの目次ページ、で良いのかな、にまず行きますが、
上にイコンが並ぶその下に新しいニュースが出ますよね?

で、この25日、「ルーヴルがティエポロの絵を1500万エウロで購入した」
とあり、スマホで読むのは落ち着かず読みにくいので、いつも同様
同じタイトルをPCに打ち込検索し、簡単に様子が分かりました。

つまりジャンバッティスタ・ティエポロ・Giambattista Tiepolo
(1696-1770)が1735年に、ヴェネツィアのパラッツォ・サグレードの
為に描いた「雲の間のジュノー・Giunone fra le nuvole」
3,5x2,1mの絵。

1-t5605480_1846_tiepolo_giunone_01.jpg

2-050db7a645_01_01.jpg

3-Giunone tra le nuvole (Tiepolo)-2_01.jpg

ルーヴルは「素晴らしい「ルーヴル友の会」が1500万エウロを援助してくれ、
絵画部門に私コレクションから購入した」と告知したそうで、
幾つか同様のニュースがあるものの、内容はすべて同じ。


ティエポロの絵については、shinkaiはその躍動感と広がり、煌く豪華さが
好きなので、どんな様子なのか知りたく、あれこれ調べてみました。

「ジュノー」というのは、多産、肥沃、母性、結婚の女神で、
ジュピターの妻であり、最高位の女神、なんだそうで、
冠を戴き、孔雀がそのシンボルの聖鳥。 白い半袖ブラウスに、
広い明るい薔薇色の衣装、
という事で、まさにそのシンボルをすべて具えた、上の美しいティエポロの絵。


ただこれがキャンバスに油彩なのか、彼ティエポロが得意としたフレスコ画かの
説明がないのですが、
背後の雲と空に色斑が見えるので、多分元はフレスコ画だったのを剥がし、
キャンバスか、板に張っているのではないかな、と想像します。

建物の改修や、また壁に描かれたフレスコ画が傷んでいるのを剥がすのを、
ストラッポ・strappoと言い、絵の上から接着剤で布を貼り付け壁から剥がし、

というのも、フレスコ画を描く時には壁に下塗りをし、最後の上塗りの上に
描くので、絵を描いた上塗り部分のみを剥がす訳で、
それを新しく丈夫な下地の上に接着するわけですね。

いずれにしても、ティエポロの素晴らしく美しい絵がルーヴルで公開される
のは嬉しいニュースです。

ティエポロはヴェネツィア生まれで、最後はマドリッドで亡くなった、
18世紀を代表するヴェネツィアの画家で、ヴェネトのみならず
ヨーロッパの各地に作品が残りますが、

4-Giambattista-Tiepolo-1.jpg


こちらに彼の素晴らしいフレスコ画を眺めた様子を。
ヴィッラ・コルデッリーナ ・ モンテッキオ・マッジョーレ
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/467640455.html



ヴェネツィアのパァラッツォ・サグレード・Palazzo Sagredoの為に描いた、
と上記しましたが、
どこにある? サグレードというヴェネツィア貴族は?と調べました。

場所は、大運河のサンタ・ソフィーア、ちょうど対岸の魚市場への
渡しの大ゴンドラが出ている所で、

5-ca'segreto.jpg

国鉄駅方面に向って何軒か先にはカ・ドーロ美術館がある場所で、



この建物がそうで、何だ、あそこね、で、現在はカ・サグレード・ホテル。

6-Palazzo_Sagredo.jpg



ホテルのサイトから、素晴らしい内部の写真も何枚か見つけ、
2階の大広間、多分結婚披露宴にも使われている様子の、

7-unnamed(3).jpg



3階の大広間。

8-2018-08-03(2).jpg



素敵なお部屋の写真もいっぱいで、

9-2018-08-03(1).jpg



元々この大運河沿いの館は13世紀にヴェネツィア貴族のモロジーニ家・
Morosiniが建設したものだそうで、何度もの改装、美装飾を重ね、
1661年に現在建物に名が残るサグレード家にと。

サグレード家というのは初めて知った名でしたが、ヴェネツィア貴族の中でも
大変に裕福で勢力を持ち、1012年から大議会にも所属、ドージェも輩出、
17世紀に一番の繁栄を遂げた一族なんだそうで!

で、代々のヴェネツィアの画家達はこの屋敷の壁画や絵画を描き、
18世紀のティエポロもその1人、という訳で、

今回ルーヴルに行った絵は別として、ティエポロが1740年頃に描いた
天井画が1枚残る部屋があり、これが現在唯一このパラッツォに残る
ティエポロの絵と。

今回は彼の絵についてのみ書きましたが、他にもたくさんの画家の名があり、
宿泊は出来ずとも、はは、見学できる道がないかなぁ、と・・!

という、ティエポロの絵がヴェネツィアからルーヴルに行った、お話でしたぁ。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****
  
本家ブログには、
ルッケッタ・Lucchetta  コネリアーノのワイン醸造所訪問
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント