・ カモメの日向ぼっこ 描き始めと、  カンシーリオの秋、鹿たち

ヴェネツィアのカモメの姿を描き始めていますので、見てやって下さい。

日向ぼっこ  ヴェネツィア・リアルト  18,5x14cm  0号

+DSC04939_01_GF.jpg

何年か前ヴェネツィアに出かけた時の事、リアルト橋近辺はいつも通り
大変な数の観光客で騒がしかったものの、
ゴンドラ乗り場のすぐ隣の桟橋が突き出した端に、このカモメ君。

世間の騒ぎをよそに、1人のんびりと日向ぼっこを楽しんでいて、
すっかり閉じた目と、居心地よく丸くうずくまった姿に、
いつもと違い、鋭い眼光がなく、鋭い嘴にも何となく可愛さを感じ、
猫ちゃんならさすれるのに、と。

鳥たちのあのすべすべの羽と体の暖かさは、ヴェネツィアの公園で
鳩たちに餌をあげる時、慣れてくるとこちらの足の上も歩き回るので
良く知っていますが、

いつも見ながらも少し遠い存在も、こうしてゆったりの日向ぼっこの姿には
何かとても近しいものを感じたものでした。


まだやっと下描きの段階で、色も大体に付けた所ですが、
カモメ君の体のグレイの羽の美しい色、これが上手く出ると良いなと
思っています。


*****

今日の第2部   カンシーリオの秋  鹿達の愛のシーズン

我が家から北東にぐんぐん上って行った所に位置する、カンシーリオの森。
ここは現在国の管轄になっており、広大な公園が広がりますが、

1-cansiglio-1024x385.jpg



かってはヴェネツィア共和国の「櫂の森」と呼ばれ、樫材の調達の森で、
美しい林がこの様に。

2-foresta-del-cansiglio-panorama.jpg



地図をどうぞ。 我が町コネリアーノ・Conegliano、ヴィットリオ・ヴェネト・
Vittorio Venetoの間の星印に我が家があり、はは、

赤い印のBosco del Cansiglio・カンシーリオの森、がそうです。

3-mappa.JPG

我が家からだと30km足らず、40分程で行ける場所。

ヴェネトの奥、カンシーリオの森 晩秋風景
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/465415971.html

n.1 標高1000m、 森林とアルプス植物園
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/472434773.html

n.2 カンシーリオの森 ・ 平野の眺めとお昼、そして子鹿
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/472435068.html

ヴェネトの奥には、まだ雪が ・ カンシーリオの
https://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462783728.html



葉が落ちた林はこんな風になり、

4-IMG_2762_1_1538145422.jpg



そうなのです、ここは鹿たちが多く生息する事でも知られ、秋などガイド付きで
案内もしてくれる様子ですが、

5-p1080425w.jpg



つまり秋は動物たちの愛のシーズンでもあり、鹿のブラミート・bramito、
鳴き声、とりわけ牡が雌を呼ぶ吠え声が良く聞かれるのだと。

見事な角を持つ牡鹿たち!!

6-cerviNicola_Ang_60892705.jpg

7-Cervo (1).jpg

8-unnamed (1).jpg

9-Cervo (2).jpg

10-cervo-rosso-europeo.jpg



霧の深い朝。

11-unnamed (2).jpg



森を歩いていて、こんな角を持つ美男の彼に出会ったら、
きゃは、どうする?!

12-unnamed.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****
  
本家ブログには、 
ジーロ・ディターリア2020  ミラノ到着 総集編 
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント