・ 絵はパスし、  イタリアのTVコマーシャルのあれこれを

風邪を引き、馬鹿は何とか、というのは当てになりません、の証明の為、はは、
2日ほどぼーっとしていて、ブログの用意が出来ず、

暫く前にちょっと書き留めて置いた、最近の面白いと思ったCMや、
これなど日本の皆さんにどうかな、というのを幾つか集めて見ました。

が、shinkaiは殆どTV番組を見ないので、これ以外にもっと面白いのも
あるかも知れずで、その辺はご容赦願います。

では、始めますね。
1. Skyという、ニュース番組一日中とか、スポーツ中継とか映画を好きなだけ、
  というチャンネルがあり、ニュースは無料ですが、他は有料、
  
最近Wifiを始めたそうで、そのCMに何とジュード・ロウがね。
但し、向こうから歩いてくる場面での彼の顔が大きく見えるのが気に入らない、
はは、のですが、ヴェネツィアも出るのでどうぞ。

1-sky2Cattura.jpg

2-sky1.jpg

単純で重要で、そう、愛情みたいなもの、とかごちゃごちゃ言っていて、
ははは、分からなくても問題ありませ~~ん。



で、こちらはCM撮影中のバック・ステージで、イタリア語を喋ってみたりですが、
う~ん、喋り方の遅さからして、本番は吹替役者の方と。

3-sky back stage.jpg



2. インティミッシマ・Intimissimaという下着メーカーの男性用で、
  台詞なしで楽しめます。




3. ドルチェ・エ・ガバーナの、男性用コロン K のCM
  
さてこの景色はどこでしょう?!

5-d g 1Cattura.jpg



トスカーナはオルチャの谷の東モンテプルチャーノ、ドゥオーモ前広場の井戸で、

6-d g 2-1 Cattura.jpg



ああ、あそこの広場だ、とか分かる懐かしい道を歩きながら、
即に肌を見せて回るのが、はは、ドルチェ・ガバーナのCMで~す。


前のカプリ島のCMの時のモデルの方が野性味があったなぁ!



4. これは知らずでしたが、Youtubeに並んで出たので、ついでに。
  「マリアーノとエレオノーラ」というタイトルで結婚式を。

素敵な場所の素敵なお城。 これから結婚を、というお若い方は、溜息をついてね。

8-mariano 1 Cattura.jpg


結婚式はどうやら本当の結婚式らしく、花婿は上のCMの彼だろうか?

9-mariano 2Cattura.jpg

で、どうやら結婚式のプログラミング・サイトのCMの様で、サイトはこちら。
https://www.matrimonio.com/video-matrimonio/wedding-motion--e110177



5. スナックのぺドン・PedonというメーカーのCMで、最近見て、笑ったやつ。

  世界がまだぺドンの豆類スナックの用意が出来ていなかった時

10-pedon Cattura.jpg


そうか、イタリアの自動販売機は時々、どこに硬貨を入れるのか分からないのが
あるけど、そういう時は、頭でドンとやれば良いのね、OK!



6. イデアリスタ・理想主義者という名の、家とアパートの仲介業者のCM
  これは昨年までので、笑ったやつ。

どうぞどうぞ、お入りください、

11-casa1 Cattura.jpg



天井も高いし広いし、等と説明している後ろで、すっかり気に入り、
既に自分の家のつもりですたすたと、ははは。

12.casa 2 Cattura.jpg



7. 同じイデアリスタの最近見るCMで、アホらしいけど、リズム感あり。

13-casa 3 Cattura.jpg



8. 下着メーカー、インティミッシミの信じられない革新、見えないブラ!

14.intimissimi1Cattura.jpg



9. おまけの、  魚定食(猫まんま)  CMではなく、youtubeで見つけた物
  
15-neko mamma Cattura.jpg


凄いなぁ、日本の猫ちゃんはぁ! いや、お猫ちゃまはぁ! 恐れ入りましたぁ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****
  
本家ブログには、 
ピカソ から モネ ・ 世界で一番有名な 5つの大作を
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント