・ 天使ミケーレ像 描き始めと、 不思議な音楽楽器と、ドミノ倒し

ウンブリアはべヴァーニャのサン・ミケーレ教会の入り口扉脇の像、
サン・ミケーレを描き始めていますので、見てやって下さい。

飛ぶ天使ミケーレ  べヴァーニャ・サン・ミケーレ教会 45,5x35cm 8号

1-+DSC03972_01_GF.jpg

まだご案内していなかったウンブリアのべヴァーニャの町の古い写真と
再会し、一目でこれは描きたい!と決め、描き始めたものです。

教会入口両脇に、大天使サン・ミケーレ像があり、
こちらは飛ぶ天使で、もう片方にはドラゴンを退治する姿があり、
それはもう、こちらの飛ぶ姿に一目で惚れた、という訳です。

が、どうやって飛ばすか、どう描いたら飛んで貰えるのかと、
下描きをしながらあれこれ考えたのでしたが、イマイチ考えが纏まらず。

ですが、こうして色を入れ出した途端、
そうだ、ミケーレを濃い目の色でしっかり描き、他の部分は全体に
ミケーレよりも薄い色にし、とにかく彼がしっかり見える様に描けば
飛び出して見える筈、というイメージが。


何せ13世紀の像とあり、あちこち細かく欠けている部分があるものの、
こんなに一目でぐっと心を掴まれた像は初めてなのですね。

そう、砕けた言葉で言えば、彼のセクシーさに惚れたのです、はぁ。
石の像で良かったよぉ!!

私shinkai一人の男にして置きたいのですけど、ははは、
見て、見て、私のミケーレ、という見せびらかしたい気持ちで、
しっかり描きたいと思っていま~す。


*****

今日の第2部   不思議な音楽楽器と、 記録のドミノ倒し

どこから繋がったのか覚えていませんが、サイトで見つけたサイトから
芋づる式に次々とあれこれ面白く、奇妙的列な音楽を奏でる機械と、
ほら、ドミノ倒しってご存知でしょう? あれの物凄い数のドミノ倒しをどうぞ。

まずは、スウェーデンの音楽家で、ヴィブラフォン奏者であるマーティン・モリン・
Martin Molinの、木製手作りの、2000の金属のビー玉が音楽を奏でる機械を。

2-macchina-delle-bilie-musicale.jpg

機械を創るまでの計画、計算が物凄く大変なんだろうと、私など単純に
ヴィデオを眺めながら音楽を聴くのみですが、
https://youtu.be/IvUU8joBb1Q?list=RDIvUU8joBb1Q



そして同じ彼の、もう1つ別の機械を。 マーブル・マシンというのですが、
マーブル・大理石の球?と、ベルト・コンベアーで。
音楽が始まるのは暫くしてから、ね。

4-Cattura.jpg

Marble Conveyor Belt Completed! - Marble Machine X #78
https://www.youtube.com/watch?v=1AEvQAg6TE0



そしてもう1つ、これは別の人、と思いますが、音が優しいのと、
これも物凄く精密な機械で驚くのみ!!  

5-Cattura.jpg

Animusic HD - Pipe Dreams (1080p)
https://www.youtube.com/watch?v=HR8Oz8Pp8hI

こういう人達は、一体どんな頭脳を持っているんだろ??!!



そして、組み立てる人たちは物凄く神経を使って、繊細に並べるのだろうけど、
見る方は、おおおお、やったぁ、行ったぁ、と単純に嬉しがれる、ははは、
ドミノ倒し。

まずは250000のドミノで。

6-2-Cattura.jpg

250,000 Dominoes-The Incredible Science Machine:GAME ON!
https://www.youtube.com/watch?v=Q0jeohWnmAQ&feature=emb_rel_end



そして600000のドミノ倒し!! 2018年のギネスの3つの記録だそう!

7-3-Cattura.jpg

600,000 Dominoes - Celebrating Anniversary -
10 Years SDE - 3 Guinness World Records

世の中はやはり広い広い!!
様々な事に情熱を賭ける人がいて、やり遂げる人がたくさんいる!
うん、楽しませて貰い、そしてその情熱を少しでも頂きましょうね!!


*****
  
本家ブログには、
n.2 ヴェネツィア行き ・ カナルグランデをヴァポレットで その2
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント