・ システィーナ礼拝堂・ヴァティカン、 ミケランジェロの壁画以前は?

世界カトリック教会の頂点にあるヴァティカンのサン・ピエトロ大聖堂。
その大聖堂の中でも一番有名なのは、やはり
システィーナ礼拝堂・Cappella Sistinaですよね?!

1-Cappella-Sistina-bassa-1017x1024.jpg

今日はそのシスティーナ礼拝堂の中の、とりわけ有名な
ミケランジェロの正面と天井の壁画が無かった時はどんな様子だったか、
という話題を。

参考にしたサイトは、
COM’ERA LA CAPPELLA SISTINA PRIMA DI MICHELANGELO? と、

の2つです。

システィーナ礼拝堂は、以前からあった「大礼拝堂・Cappella Magna」に
シスト4世教皇・Sisto IV(1471年から1484年迄、212代教皇)が
ペルジーノ・Peruginoを主として、ボッティチェッリ、ギルランダイオ、
ピントゥリッキオと言った当時の著名画家に依頼し、壁画を描かせ、

1483年8月15日に落成の聖別式を行ったもので、そこから教皇の名を冠し、
システィーナ礼拝堂と呼ばれている物ですね。



所で正面の祭壇の後ろの「最後の審判」図と、

2-Michelangelo_Giudizio_Universale-1090x1200.jpg



天井の「旧約聖書」のお話を描いた場面や、間の予言者などの壁画は、
ミケランジェロが描いたのであるのは、皆さんもよくご存じと思いますが、

3-b9a47243b8f2b662f3c0b193cb92368e.jpg

4-6c01c71433.jpg



つまり現在我々が見ているシスティーナ礼拝堂は、天井が1508-1512年、
「最後の審判」は1536-1541年の作、つまりミケランジェロ(1475-1564)は、
天井画を描き始めたのが33歳の時で、「最後の審判」を描き終えたのが、
なんと66歳の時という事で!

天井画を描かせたのは、216代教皇、任期1503年から1513年のジュリオ2世・
Giulio IIで、
「最後の審判」はパオロ3世(220代教皇 1534年から1549年が任期)の、
これはどちらも性格の強い教皇様で、

とりわけ「自分は絵描きではなく、彫刻家である」と壁画を描くのを嫌がる彼に、
いつ出来上がるのか! 出来る時に出来る!と、喧嘩をしながらも
描かせたジュリオ2世の逸話がよく知られていますが、
それもあって2人はお互いに強い友情で結ばれていた様子。



実際今のシスティーナ礼拝堂を知っている身には、あの強いインパクトの
あるミケランジェロの絵がない事など想像も出来ない程ですが、

では、元のシスト4世時代から、ミケランジェロの壁画が描かれるまでの
システィーナ礼拝堂はどんな様子だったか、というと、

これは19世紀に描かれた版画で、「元はこんな様子だったろう」という物。

5-Stampa_del_XIX_secolo.jpg

つまりこれは今も変わりませんが、両面の壁が3層に分かれていて、
一番下には、織物が架けられている様子の壁画で、
その上の層にペルジーノ(1448-1523)の描いた壁画がぐるっと一周し、
これは2つのテーマを持ち、右に「キリストの生涯」、左に「モゼの生涯」
が描かれており、一番上には歴代の教皇の姿が。

そして今と大きく違うのが、天井と正面の壁で、天井には星空が、
そして正面にも両脇の壁に繋がる2つの窓と、間に教皇の姿、だったろうと。



こちらは、ピサ大学の教授陣が研究しての3Dの当時の想像図で、

6-.jpg



左の水色の囲いの中に書かれているのは、

7-.jpg

上から順にミケランジェロの半円図、その下に周囲と同じに窓を挟んで4教皇、
その下にはペルジーノの、左に「モゼ」、右に「キリスト生誕」の一場面、

一番下の層には、ラファエッロが下図を描いた17の綴れ織りが掛かっていて、
これは現在ヴァティカン絵画館に保存されているそうで、
真ん中の祭壇の背後には、ペルジーノの「聖母被昇天」があったろうと。



で、こちらが無名作家の手により模写されたらしい「聖母被昇天」図で、

8-Anonimo-artista-umbro-766x1024.jpg



こちらは同じペルジーノの手になる「キリスト生誕図」、後年他の教会の祭壇画
として描いたもので、こういう感じであったろうと。

9-Polittico-Albani-Torlonia-1024x915.jpg


つまりかっての礼拝堂の壁画は、きちんと図式化された、というか組織的に
配置された壁画のある礼拝堂であったろう、という様子のご案内でした。

が今を知る我々には、
やはり「ミケランジェロあってのシスティーナ礼拝堂」ですよね?!

1-Cappella-Sistina-bassa-1017x1024.jpg


*****
   
本家ブログには、 オルチャの谷、 緑の春を偲びつつ を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


    s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • yosh

    相変わらず口の悪いshinkaiさん。
    〉これはどちらも性格の強い教皇様で、

    でもこれも負けず、今の時代まで人々を圧倒させる壁画を残したミケランジェロはやっぱり凄い!!

    改めて制作された年数を考えると、画力のみならず体力的にもミケランジェロはモンスター級だったのだなあーと改めて感服しました!

    yosh
    2020年04月18日 21:03
  • shinkai

    ★yoshさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    shinkaiの口が悪いから、とは言えない程、本当にとりわけ強い教皇様だったのですよ、ははは。

    そう、天井画を描いていた時のミケランジェロは、目に絵の具が浸み込む、なんぞと泣き言を言いながら、描かないとぶっ叩くぞ、と脅すジューリオ2世と口喧嘩をしながら描いた、というのが残っていて、

    そう、それで本当に今の時代の我々もを圧倒する絵を残してくれたのですよね。
    「最後の審判」は60歳を超えての仕事ですものね。 画力も体力もまるで衰えておらず、レオナルド様よりも凄かったのかも!

    チャンスをみて、映画「華麗なる激情」を見てね。 チャールトン・ヘストンとレックス・ハリソンで、教皇になったレックス・ハリソンが大変素晴らしかったし、
    何度も登場するウンブリアのトーディの広場に惹かれて、見に行ったのでした。
    2020年04月19日 15:14