・ イタリアで白内障手術を受けた様子を

タイトルに書くと、如何にも大変だった様な手術に見えますが、はは、
はい、10日ほど前の2月25日に手術を受け、

済んでみると、やはり皆さん仰る通り、時間もあっという間、
痛みもなく、良く見える様に、ここが私の場合、現在少し違うのですが、

でも、手術自体はあっという間でも、待ち時間が凄く長かったのと、
これはこちらイタリア国全般の事かもしれませんが、
とか、看護婦さん、ドットーレの対応もまるで違うかも、と
いう部分があり、私自身も楽しんだので、そんなあれこれをここに。


年相応に、と言うべきか、白内障がある、と分かったのは既に
2016年夏の視力検査で、2017年の2月に白内障の検査を受け、
その後は半年毎に3回かな、検査を受けつつ待ち、やっと手術OKを貰い、
2019年11月末に2月25日の手術日が決まった、という次第でした。

初の白内障検査の様子はこちらに。
https://italiashinkai.seesaa.net/article/451921021.html

で、手術前の検査には信頼できる人の付き添いで、というので、
予てから頼んでいた友人のジュリアーナと一緒に検査に出かけ、
白内障の手術と一緒に近視の手術も出来る、というのでお願いし、
その時に注意事項も貰いましたが、

手術前日には朝の7時から4時間ごとに4回の目薬をさす、
というのがあり、朝の7時のをコロッと忘れており! へへ、
時間遅れで始め、一応こなしまして、

手術日当日は朝8時半に、という事で8時頃到着。
すると案内された部屋には既に先着3名、それぞれ付き添い付きで、
しかも3人ともすでに病院衣に着かえ、頭にキャップを被って。
ほら、シャンプーのキャップ状の薄い不織布のキャップです。

で、我らの到着と同時に最初の方が看護婦さんの押す座椅子で
手術室に運ばれて行き、shinkaiとジュリアーナはその後ずっと
次の人、次の人、と運ばれ、戻って来るのを待ったのですね、はい。
聞くと、彼らは朝の7時には既にここで待機だったそうで!

その後11時頃かな、私めも下着の上に病院衣を着て、
持参のパジャマのズボンを穿き、脚元はソックスに持参のつっかけで、
ソックスはいつもの濃い目の色だったのを、ジュリアーナは白じゃない、と
文句をつけ、はは、白だとは書いてなかったよ!と。 ははは。

看護婦さんが手首に名前の付いた札を付け、目薬をさしてくれ、
瞳孔が広がり始め、頭にキャップを被ると、ジュリアーナが
ブログ用に写真を撮ってやる、と喜ぶのを断り、ははは、

多分こんな目になっていたのだろうと。

gatto (1).jpg

遂に看護婦さんがお迎えに来てくれ、手術室に運ばれたのが
12時半頃だったと。 そう4時間以上待ったのでしたぁ!

広いガラス戸を抜け、もひとつガラス扉を抜けると、広い部屋で
エメラルド・グリーンのシーツのかかったベッドがあり、それに移り、
そう、こちらの看護婦さんやドットーレは緑色から
エメラルド・グリーンの上着でして、

看護婦さんが上から覗き込み、ボンジョルノ!

明らかに毛色の違ったのが来たのを楽しんでいて、
どこから? 日本人です、スコミーゴに住んでいます、
何をしてるの? 年金者ですけど、絵を描いてます、
とあれこれ質問に答えると、それをそのまま奥にいる朋輩や
ドットレッサ・女医さんに伝えるのが聞こえ、

薬は何も飲んでいない、というのに至ると、
70ウン才になるのに、薬を何も飲んでいないんだって、幸せねぇ、と。
そうなのですねぇ、有り難い事に良く驚かれますが、実際に。

もう一度上から目薬をさされたのを覚えていますが、
どうやらこの時の部屋には声から考えすべて女医・ドットレッサだった様子。

その内に看護婦さんに取り囲まれ、手首に注射針を刺され、
右目の方はまるで見えなくなり、手術する右目の下に何か
平たい薄い感じの物を押さえつけられ、
これがかなりの力で抑えつけられるので、うぅぅぅ、という感じ。

後でサイトで見ると、この時に濁った水晶体を超音波で
砕いていたのだろうと納得でしたが、

そしてベッドが押され奥の部屋に運ばれ、ここが手術室、と分かる
電灯が頭の周りにあり、じきに右側からすっぽり顔を覆われ、
看護婦さんが、日本のシニョーラは鼻の問題がないね、というのが聞こえ、
つい可笑しくて笑うと、ほら、シニョーラが聞いて笑っているよ。ははは。

音は聞こえるのですけど、右目の方はまるで感覚もなく、
ポンプの音が自動的にパタ、パタ、と動く音、
時にシュー、シューと吸い込む音、2,3度、目の周囲に雫が飛んだ事、
そう、鼻の問題がなくとも左側から強く抑えるのも分かり、ははは、
左の上腕に巻かれた血圧を測るバンドが物凄くきつく
締め付けたのが3回程かな、でお終いとなり、

いつ終わったのかも自覚がないまま、済みましたよ、シニョーラ、
との声に、グラーツィエ!と言い、表の部屋に運ばれ、

じきに手術室に運んでくれた看護婦さんが来て、
ほら、カピタン・ウンチーノのお帰りだ、と迎えてくれました。
カピタン・ウンチーノ、というのは、ほら、片足、眼帯、片腕の先が
鈎針になっている、あの海賊船長の事で、
鈎針がイタリア語ではウンチーノ!なのですね、ははは。
かぎ針編みも、ですから、ウンチネット、ね。

で、手術した右目はプラスチックのポッコリとした片で覆われて
タープで留めてあるのでね。

朝手術前に部屋で待っていた時は、術後の人には小さなコップの
温かい紅茶とグリッシーニが運ばれてくるのも30分後だったのに、
着替えもそれから1時間後、と言われていたのに、
shinkaiのは戻るとじきに紅茶が来て、ジュリアーナが着替えようか、と
これも直に言うし、痛みも何もないので、そろっと着替えて待ち、

順番に呼ばれて術後の検査を受け、大丈夫です、上手く行きました、
との事で、病院を出たのが午後1時半頃。

前日の夜中から断食ですし、済んだらお昼ご飯を一緒に、と
楽しみにしていたのも、晩御飯も軽いものを、と言われ、残念、
薬屋さんで言われた目薬類を買い、
彼女の家で紅茶とクッキーを2枚ほどよばれたのみで、家に戻りました。


薬屋さんで買った目薬類ですが、
左上は前日4時間ごとに4回さした分で、一箱買ったのにはなんと
20回分入っており、26エウロ位したのですが、こういうのは一種の
泥棒ではないのかなぁ! フィンランド製。

DSC03940_01_GF.jpg

下の左から、カピタン・ウンチーノの、はは、コンキーリエ・貝殻と呼ぶ、
最初聞いた時は蝉・チカーラと思い込んだのでしたが、
手術後の目の保護に。 6日程は夜寝る時に付けました。

目薬3種、左の赤い箱のはドロッとしたジェルで、1週間は日に3度、
現在2週間目は朝夕の2度、3週目は朝のみとなり、
真ん中の水色の箱のは1週間で終わり、青と茶の箱のは
1か月後の夜に1度のみ。

その横の平たいのは、目の下の瞼を拭く消毒薬を含ませたガーゼ、
あまり使わないままに済み、
右上のは、今朝薬局で買って来た、人口涙、の目薬。
目が乾いた感じの時にさすように書いてあり、今日お昼に1度。


手術後3日目の検査にも行き、OK! という事で順調に
回復している様子で、実際1週間たった一昨日位から
自分でも状態が落ち着いて来たなぁ、と感じています。

で、現在の目の状態ですが、右目は上記した様に近視もついでに
取り除ける様に人口レンズを入れて下さったのが、
まさに大変劇的な効果でして!! 

乱視があるのでぴちっとピントは合わない物の、遠くが良く見えま~す!

白内障手術後は、それ迄黄色く見えていたのが青白く見える、と
皆さん仰るのも、本当にそうなんだと実感する、青白さ!

ただ私の場合乱視があるので、それで眼鏡のレンズを術後1か月で
変える迄は焦点がしっかり合わずで、
現在は眼鏡をかけると右目に覆いをかけたようになり、
かと言って外すとピントが合わずで、とても不便。

レンズを変える為の検査の予約も取り、待ち遠しく待っています。

そして左目の手術がいつになるのか、これも問題なのですが、
眼鏡の右目がしっかり合えば、今ほど不自由も感じずに待てるかも、
とも思います。


今朝は術後初めて車に乗り、近くのスーパーで買い出しをし、
この1週間良く眠リ体力も十分回復したのを実感しているので、
早く絵が描けるように!とのみ願っています。

ええ、お陰様で今はこんな笑顔で~す。

gatto.jpg


*****

ただ今本家ブログには、イタリア・コロナヴィールスの現状 と、スコミーゴ村 春の兆し
を アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!



     s2019誕生日 - Copia.jpg

*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • YUN

    こちらにも書かせて頂きます。
    遅ればせながら、白内障の手術、お疲れさまでした!
    海外ではどんな感じになるのかと思ってました。
    かなり待たされて大変そうですが、看護婦さんや女医さんとお話しながらで和やかな感じですねぇ。目薬をたくさん入れないといけないのがまた大変! ピント合わせは眼鏡などの調整が必要ですね。
    早くスッキリ良く見えるようになりますように。PCの画面も大丈夫ですか。ご無理のない範囲でね。私も眼科で少し出ていると言われたため、いろいろ参考になります。
    2020年03月10日 03:02
  • shinkai

    ★YUNさん、こちらにもご親切に有難うございます!

    そうなんです、待ちに待った手術で無事済んだのでほっとしています。 
    というよりも、今はまだ手術した右目のメガネレンズは前のままなので、左右の格差が大きく、眼鏡なし、メガネともの両方が不自由なんですよ。 
    ええと、長年お付き合いして来た近視の酷いのと右目はあっさりさよなら出来たのですが、乱視が残っており、それでね。

    でも、本当に皆さんが言われるように、青白い、素晴らしい色に見えるのです、ほんと!
    これで両目とも手術終了したら、どんなに見えるかと楽しみです!!

    もう術後3週目になるので、今日から朝一度のみの目薬で、来週はなしです。 早いものですね。

    病院内の様子が可笑しいでしょ? はは、この辺りが日本とは少し違うだろうな、と思って書きました。

    YUNさんも少し症状が? 余り早くしてもダメなんだそうで、お医者さんのOKが出る迄待って、手術して下さいね。
    現代医学の進歩と技術で、有り難い事ですね、目が蘇りますよ。
    2020年03月10日 16:28