・ 鳥の羽を使って創る、 信じられないようなアート

今日はタイトル通り、まさに薄く軽やかな鳥の羽を使って創り上げる、
信じられない様なアート、のお話を。

鳥の羽を利用するのに使う道具は、まさに外科医と同じで、
鋏とピンセット、そしてメス!

以前にご紹介した「枯れた木の葉」を使って切り込むアートをご紹介しましたが、
枯れ葉のアート 
http://italiashinkai.seesaa.net/archives/20190828-1.html

今回の羽を使うのは、もっともっと面倒で、繊細な技術が必要ですが、
このアーティストの名はクリス・メイナード・Chris Maynardと言い、

自分の仕事を「ファーザーフォーリオ・featherfolio」と名付けていて、
サイトはこちらに。 www.featherfolio.com

まずは作品をご覧下さいね。

・ 魅力的な孔雀

1-attarente-pavone.jpg



・ カラスの木

2-albero-di-corvi.jpg



・ 水浴びする小鳥

3-uccellino-che-fa-il-bagno.jpg


なぜこの仕事をするか、についての彼の答えは、彼の作品を見る人々が彼を
信頼し、見るために近寄り、そして見た瞬間以降は、今まで見ていた様には
小鳥を見ないだろう、と確信し、満足感を覚える事にあると。

使う葉根は動物園で、鳥舎で、また羽の種類を指定できる個人の鳥籠で
集め、決して鳥たちを苦しめたり、鳥たちから抜き取ったりはした事がないと。



・ ペッティロッソ・胸赤鳥とミミズ   

4-pettirosso-con-lombrico.jpg

「ミミズ」なるイタリア語、ロンブリーコ・lombricoを初めて知りましたぁ!



・ ミサゴ

5-falco-pescatore.jpg

ファルコ・ペスカトーレ・Falco pescatore、で「ミサゴ」と出て、
鷹科の鳥で全長約55cm. 水辺にすみ、飛びながら魚を探し、水中に突入して
足でつかみ取る、と! わぁお!



・ 眠る(夢見る)七面鳥 

6-sogno-turco.jpg

ちと、shinkaiには解釈不能で・・。


羽根に切り込みを入れ、形を与える仕事の大事な部分は、デザインとそれに
込めるメッセージが一番良い形である様に、一つ一つの羽を知り理解する事で、
それぞれの羽がそのデザインにとっての一番適切な羽で、クリス・メイナーズが
それを取り出す仕事を任されていると。

  そうですね、単に羽についての色とか大きさを知るのみでなく、
  まず最初に鳥たちの習性についても良く知らないといけませんね。

そして羽自体が薄く軽く、いずれにしても3D的な存在である事をアーチストは
展示の時に利用し、絵を描くのに深みと影を使うのと同じように、
彼の羽のデザインは背後に影を投げかけ、素晴らしい効果を生み出します。

そうなんですね、ほら、羽が浮いている様に見えるでしょう?
Youtubeで見ると、どうやら細い針を使って浮かしているのかも、という
映像もありますが。


・ 白と黒の鳥の群れ

7-stormo-uccelli-bianchi-neri.jpg



・ 沼地の鴨

8-anatra-nello-stagno.jpg


気に入られましたか?
美しい繊細な作品ですが、こちらでYoutubeをご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=_NZWSMRtf2E

*****
   
ただ今本家ブログには、n.1 久し振りに再訪の ポルデノーネの街・フリウリ州 
をアップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • YUN

    えっ!?
    鳥の羽ですか。それは柔らかくて扱いづらいことでしょう!
    よくこんなに細かく繊細な作品が作れますね~。びっくりしました。
    本当、浮いてる感じで、影がまた素敵です。
    2020年01月17日 02:33
  • shinkai

    ★YUNさん、こちらにも有難うございます! 
    そう、本物の鳥の羽ですね。 なので孔雀の様な派手な色があるのは小さく切っても見栄えがしますが、
    他の地味な色目の羽は、デザインが難しくなるのでしょうね。

    Youtubeで見たのでは、細い虫ピンみたいなものを刺して、浮かせている様なシーンがありましたが、でもピンを止めるのも難しいのでしょうねぇ。

    時計の修理をするときの様なレンズを付けておられましたよ!

    2020年01月17日 23:23