・ スコミーゴの朝 仕上げと、 掌に乗る小さな石に描かれた動物達

朝焼けの絵が仕上げの状態になりましたので、見てやって下さい。

朝焼け  スコミーゴ村   46,5x33cm  8号P

+DSC03788_02_GF.jpg

広島の個展の時に追加注文を頂き、11月末から描き始めていたのが
何とか仕上がりの状態になりました。

個展に出した絵よりもかなり大きくなり、そうなるとまた単純に塗る面積が
大きくなるだけでなく、どう描くか、という問題もあちこちで出て来て、
それが今回の問題点でもあったのですが、
何とか一応自分が納得出来る迄は頑張れたと思います。

そして今こうしてブログに写真を載せて見て、あ、あそこをもう少し!
と思う部分も2,3か所、木々の枝ぶり、左下、真ん中の空の色など、
見つかりましたので、この後また少し手を入れます。

まずはこの絵を仕上げてから、と思っていた他の作品も描き出せるのを
楽しみに、今年もしっかり頑張って行きたいと思っています。


*****
今日の第2部  掌の石を、愛しい小動物に変えるアーティスト

たまたまサイトで見つけた石に描かれた掌の上に乗る小動物の記事と写真、
L’artista che trasforma i sassi in… dolci animaletti da tenere sulla mano
のご紹介を。

誰も、これらの愛らしい動物たちが単純な石に描かれたものとは想像できないが、
これを現実にしている日本人アーチストAkie Nakataは、まさに並外れている。

犬、猫、カバ、梟、トラなど、細部に大変注意を払った手描きであり、
彼女は2011年から始めたが、子供の頃から石を集め、そしてそれに様々な方法で
色を付けていた。

動物たちは石の形を基礎にして選ばれるが、彼女が言うには、
「私にとって、動物が何か生きたものに変わったと思う時に描き終えます。
時に描いている時、たとえ生きた生物でなくとも、石に話しかけ、
手に抱きしめます」 

という事で、可愛い動物たちの姿をどうぞ。

1-pietre-animali11.jpg

2-pietre-animali.jpg

3-pietre-animali1.jpg

4-pietre-animali2.jpg

5-pietre-animali3.jpg

6-pietre-animali4.jpg

7-pietre-animali5.jpg

8-pietre-animali6.jpg

9-pietre-animali7.jpg

10-pietre-animali8.jpg

11-pietre-animali9.jpg

12-pietre-animali10.jpg

13-pietre-animali12.jpg

14-pietre-animali13.jpg

15-pietre-animali14.jpg

16-pietre-animali15.jpg

日本人アーチストであればきっと日本のサイトにも載っている筈と思い、検索を
かけましたら、「中田明恵さん」と仰るお若くて可愛い写真にもお目にかかり、
あちこちで紹介されているサイトも見つかりました。



「石を見つけるとき、その石もわたしを見つけている」という彼女の言葉がそのまま、
語りかけてくる様な動物たちの姿に現れていると思います。
  

*****
   
ただ今本家ブログには、1月6日は エピファニーア、またはベファーナの祭日 を 
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント

  • YUN

    朝焼けの絵、個展の後、すぐに取り掛かられてたのですね。
    どうもお疲れ様です。
    サイズも変わり、一層大変だったと思われますが、素敵に仕上がってます!

    石の作品もやはり凄いですね~。
    たくさんの動物を描かれていて、石の形を活かしたものが多いような。
    生きたものになるのは目がポイントでしょうね。
    前回のマンダラ風の石はまたカラフルで違った魅力。
    オーストラリアのアボリジニ絵画がドットを使って描かれてます。
    自然から影響を受けるのがわかりますね。
    いろいろ見せて頂き、ありがとうございます。
    2020年01月17日 03:06
  • shinkai

    ★YUNさん、そうなんです、朝焼けの絵は戻ってじきに取り掛かりましたが、なかなかすぐにはエンジンがかからずで・・!

    最後は、ブログに載せた後、注文頂いた方の言葉を思い出し、オレンジの色がお好きだった様で、それで頑張ってこの後また一段と描き込んでお終いにしました。 

    石の作品は、様々な形を生かしていて、両面というか、角を曲がってまた続く、という様な描き方もしておられ、かなりどれもが小さいのに少し驚きです。
    そして、目が良く出来ていますよね。

    曼荼羅風のも、色が楽しいですよね。 ああいうのも展覧会の時に、動物たちの作品と混ぜても楽しいかも、と思いました。

    そうですか、アボリジニの絵画がドットでね。 オーストラリアの作家さんでしたから、なる程、そこからドットで、という発想もあったのかもですね。
    一度サイトでアボリジニの絵を探して見ましょう。


    近いうちに記録庫の引っ越しで見つけた猫の写真を送りますね!

    こちらこそ!! 今年は頂いた岩合さんのカレンダーで楽しませて頂いてま~す。

    2020年01月17日 23:32