・ 模写作品 ・ Copia

ベリー公のいとも豪華なる時祷書 カレンダー 4月 模写 48,5x30,5cm 8P相当


+DSC03387_01_GF.jpg  


ベリー公のいとも豪華なる時祷書  4月  模写_01_GF.jpg

14~15世紀にかけてのフランス王家の生まれ、シャルル5世を兄にもつベリー公ジャン一世

が、ランブール兄弟に命じ作らせた時祷書の中のカレンダーの4月。

1月は宮廷の大宴会、2月は冬の雪景色の中の農家、暖炉に暖まる一家の姿で、

3月はさておき、4月はこの貴族の婚約式、元の時祷書の大きさは29x21cmで、実物よりも

大きく模写しているのですが、それでも何とも難しく、必死に描き。


若い婚約者2人共が王家に繋がる出身と分かる衣装で、右の若い姫は差し出した

右手の親指と人差し指で婚約指輪をつまんでいる姿で、中に挟まれた年配の男女は

彼女の両親とすぐ分かる優しい眼ざしで彼女を、相手の許婚者を見守ります。


傍らの野で手を差し伸べる侍女2人は、姫の衣装と同じ紫のスミレを摘んでいるので

あろうと解説にあり、頂いた豪華本で細部が分かるので、ここはどうなっている、

という時には開き確かめつつ描きますが、眺めていて、姫は白い革手袋をはめている事、

母親の目はちょっとグレイの入った青い目と分かりました。 


麗しの春4月ですねぇ。


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント