・ トスカーナ風景の詰めと、 兵士とリスの友情、信じられないようなお話

一旦置いていたトスカーナ風景を詰めて見ましたので、見てやって下さい。

丘の上の農家  トスカーナ  33x21,5cm  4P

+DSC03228_01_GF.jpg

4月の初めに先回見て頂いたもので、暫く置いている内に、画面の半分以上を
占める空の描き込みの不足が気になり、手直しを。

先回の写真を見ると、結構空も描いている様ですが、それでも暫く間をおいて
見ると、やはりもっと描き込まないと、という気になったもので、
実際に手を入れ出すと、あっちもこっちもで・・!

丘の上の農家のちょうど上に濃い雲の色が来ていますが、その部分を広げ、
そして上の青空の下に広がる一番明るい部分に繋げるべく、
ほんの少しの陰影も拾いながら、あちこちと描き込みました。

今様子見をしていますが、色が落ち着いた頃にもう一度見て、手直しを。

青空の色もほんの少し濃くし、
農家の壁の色にも色味、茶色の煉瓦壁の色味を入れた事で、手前の丘が
ぐっとこちらに延びて来たような気がしています。

丘の緑色も少し気になっていたのですが、今は何とか落ち着いたような気が。

という所で、これでまた一旦置き、様子を見る事に致します。


*****

今日の第2部  兵士とリスの友情、信じられないようなお話

今日はサイトで見つけた、助けたリスと兵士の心温まるお話をどうぞ!

サイトは「L’INCREDIBILE STORIA DI AMICIZIA TRA UN SOLDATO E
UNO SCOIATTOLO」 です。

1-soldato-tassista-e-scoiattolo-minsk.jpg

死にかけていた動物を救い、また育てた飼育係との野生動物たちの愛情関係は
良くヴィデオでも見ますが、こちらもそんな楽しい嬉しいお話で、

上の写真の2人、元兵士のピョートル・パンクラタウ・Pyotr Pankratauと、
リスのミンスク・Minskがお話の主人公。



ベラルーシ共和国、というのをご存知ですか? 名前は聞いた事がある程度で
地図で見ましたら、ウクライナ共和国の北、ポーランドの東、という位置にあり、

何年か前、ベラルーシの兵隊達が演習中に森の中の木の下で、生後間もないと
見られる死にかけているリスの子を助け、軍曹のピョートル君の所に。

2-scoiattolo-minsk-piccolo-appena-salvato.jpg

で、彼は小さなリスの面倒を見始め、暖かい場所に置き、4時間ごとに子供用の
ミルクを注射器で飲ませ、歯が生え始めるまで続けたのだそう。
で、その後は徐々に一人で食べる様になった、と。

リスにミンスクと名付け、これは地図を見た時気が付いたのですが、
ベラルーシ共和国の首都の名前と同じなのですね、笑いました。



で、2年間の兵役が済んだ時、ピョートルはタクシーの運転手になる事にし、
既に大人になっていたミンスクを一緒に仕事場、タクシーに乗せる事に。

というのも、ミンスクはピョートルをすっかり気に入り、離れようとせず、
で、こんな風にボンネットの上にミンスクの居場所、寝場所をすえ、

4-scoiattolo-minsk-dorme-su-cruscotto-taxi.jpg

5-scoiattolo-minsk-su-cruscotto-taxi.jpg

お客さんも喜び、子供たちは狂喜し、ミンスクは愛撫も喜び、時にビスコットもね!

いやぁ、この寝姿は可愛いですねぇ! 



すっかり2人は揺るぎない愛情、友情で結ばれ、ミンスクは家の中で猫ちゃんとも
仲良しで、

6-scoiattolo-minsk-dorme-sul-suo-padrone.jpg

7-scoiattolominsk-a-casa.jpg

9-scoiattolo-minsk-con-gatto.jpg

10-scoiattolo-minks-salvato-dal-soldato.jpg

ちょっぴり特別で、多分再び起こるとは思えない様な、心温まるお話でしょう?!


*****
 
ただ今本家ブログには、
n.1 メディチ家のヴィッラ ・ ポッジョ・ア・カイアーノ を
アップしています。
ご訪問、よろしくどうぞ!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

この記事へのコメント