・ 夏の葡萄畑 途中経過と、 スコミーゴ村周辺の冬景色 


  葡萄畑の夏を描き込んでいますので、見てやって下さい。

  夏、葡萄畑に埋もれて  カルページカ村

+DSC05809_GF.jpg   

  一旦全体の色を決める為、紙の凸凹の白い隙間を埋めるシラミ潰しをし、
  明るい緑色の部分と、影の緑色の部分を描き分けました。

  そして、手前の影の中の葡萄の畝を描き込み始めています。

  というのも、葡萄畑の畝は遠くから見るには1本の幅なのですけど、
  畝は全部が同じではなく、それぞれの枝が葉っぱを持ち、長さもそれぞれが、
  全体として1本の畝として見えているわけで、

  手前の畑の畝は、それぞれの枝が皆それぞれに伸びているのが見え、
  時には自分勝手な方向を向いている枝もあるわけで、

  よく見れば葉っぱも見える近くの畝をどのように描くか、どう描けば良いのか、と
  考えながら、少しずつ影の色で詰めて行ってます。

       
  埋もれて見える農家の壁も、最初は白一色で見えていたのが、
  今時分の枯れた枝越しに見ると、半分づつ色が違っているのが見え、
  ははは、あれま、そういうことだったのか、と!

   
  右上の隅に見えていたほんの少しの遠くの葡萄畑は、
  あれは縞のテントなの?! というお優しい
  師の二木さんのアドヴァイスにより少し増やしました。
     

  右下から出ている枝は下描きのままで、
  農家の左右に広がる木々の塊は、今描きあぐねている最中で、ははは、
  まだ見ないことにしてやってくださいませませ!




 *****

  今日の第2部    スコミーゴ村周辺の冬景色

  先日友人のジュリアーナから彼女のコンパクト・カメラ、ニコンを預かり、
  寒い風が吹きまくる中でちょっと試しに写したのを、見てやって下さい。

  なぜ私にカメラが来たかと言いますと、3、4年ほど前になりますか、
  以前のキャノンのコンパクトの後に買ったのが、イマイチ気に入らずで、
  本当の所どうなのか試してみて、というので預かったのですね。


  北に見える山の眺めで、左右からの山が重なる隙間を通り、
  北への道が続きます。  土、日に山の方で降った雪がまだ少し残り。
2-DSCN0311_GF.jpg
3-DSCN0316_GF.jpg
     

     

  そして東の山の高い部分。
4-DSCN0317_GF.jpg
     


  私はカメラのメカに詳しい訳ではなく、おまけに余りにも外が寒く、
  ちゃっちゃっと撮って、ははは、それで第1回目としたわけで、
  撮ってきたのをかなり修正、というか、殆どがピントを締める事ですが、
  弄りました。
  それと少し色味を出そうと。

  が、私は大体が大幅に色味を変えたりはしないタイプですので、
  整理したのを見ても、も少し発色が良いと良いなぁ、という感想のもあり、
  まぁ、悪くはないよね、と思うのを今回ここに選んでいます。

  同じ写真をジュリアーナ本人にも送りましたが、
  (カメラは)悪くはないよね? どう思う? という返事。
  うん、ピントはかなり修正したよ、とは言いましたが、
  まぁ、コンパクト・カメラの場合、一眼の望遠とは違い、
  かなり甘くなるのは事実ですので、

  本人がもう一度ちゃんと使ってみようか、と思ってくれるのなら
  任務終了と思い、もう一度お天気の良い日に試してみるつもりです。



  足元の葡萄畑から、隣のコッレウンベルトの村にかけて。
5-DSCN0314_GF.jpg
     


  コッレウンベルトの村。
6-DSCN0315_GF.jpg
     



  風の少ない方に引き返し、日陰に見えたモグラ君の活動の後。
7-DSCN0322_GF.jpg
     



  梢の鳥の巣。
8-DSCN0320_GF.jpg
     




 *****

  ただ今本家ブログには、

  をアップしております。   
  http://www.italiashiho.site     

  ご訪問、よろしくどうぞ!

この記事へのコメント

  • 小父さん

    Unknown
    こんばんは

    葡萄畑に影を作っている糸杉まるで湖面に映っている光景のごとく感じます。

    向こうに見えるのは農家でしょうか、畑に埋もれているのがいいですね。

    畑の緑も手前から絵画の頭まで幾重にも塗り分けられていてたくさんの表情のようです(笑)

    いや、右肩の部分も異なっていますし最上部にはいろんな緑が見事に描きわけられていますね。
    これは細かな作業でしょう。

    あっ、右下の葉っぱは、生け花かブローチに思えます。

    あれ~っ「・・・ませませ!」との説明がありますね。

    上記がど素人が目にしたものです。

    【2部】

    >左右からの山が重なる隙間を通り、

    雪が北への道を想像させますね。

    >そして東の山の高い部分。

    こういうのを見るとわくわくしてきます。

    >足元の葡萄畑から、隣のコッレウンベルトの村にかけて

    これいいです。
    日本ではもちろん、こちらのブログでも珍しい風景に思えます。
    絵画ならば遠近法のモデルのような・・・。

    >モグラ君の活動の後

    面白いです。

    >梢の鳥の巣。

    こんな撮り方があるんですね!
    参考になります。

    有難うございました。
    2017年01月25日 20:32
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はい、あれこれお褒め励まして頂き、有難うございます!
    色鉛筆を色分けして置いてあるガラス瓶の中では、緑色の色数がとても多いのですが、
    かと言って全部がその色で間に合うわけではなく、逆にとても欲しい色がない、というような不便さを感じます。
    というのも、結局実際の自然の緑色と、色鉛筆の緑色はとても違うのだということを改めて思い、ではどうするか、という・・!
    これでいつも迷い、困るのですが、頑張りませんとね、ははは。


    はい、スコミーゴ村はかなり高い丘の上にあり、東側はすぐ崖となっていて、その下を高速が通り、向こうのコッレ・ウンベルトの村が見えるのですね。
    そしてコッレ・ウンベルトの村も、下から丘にかけて広がる村なので、高低差がある広がりが面白く見えるのかもしれません。

    そろそろモグラの土の塊が増えて来ているようですから、春が近づいてきているのでしょう!!

    枯れ木になっているので、鳥の巣が、これは多分泥棒カササギだと思いますが、良く見えるのです。

    こちらこそ、有難うございました。
    2017年01月26日 00:18

この記事へのトラックバック