・ カステルッチョ 途中経過と、 元日の朝の色 


  カステルッチョを描き込んでいますので、見てやって下さい。

  遙かなるカステルッチョ

+DSC05802_GF.jpg   

  先回見て頂いた後、全体の色をまず決めるべく、
  大きく塗り分け、その後シラミ潰しで色を定着させてみました。
  そうでないと、いつまでも細部の描き込みができにくいので。

  村の大きな影と光も入れるようにし、平野から立ち上がる姿と、
  村から左手前の丘の伸びも考え、色を考えています。


  今は正面に立ちふさがるベットーレ山の色が青一色に見え強いのですが、
  これも植物の薄い緑と混ざるように、
  全体の空気を考えて色を決め、描き込んでいこうと思っています。



 *****

  今日の第2部   元日の朝の色

  先回見て頂いた初日の出の後の様子ですが、
  オリアーノ村の教会前まで戻って来まして、

  何度か見て頂いた高速道路が見えますか?
  薄紫の靄がかかるヴェネト平野南に向かい、続きます。
S31_8525_01_GF.jpg
     



  こちらは東のフリウリ平野の、一番東の奥の山々。
  多分あの奥はスロヴェニアになる筈の、空の色。
S31_8526_01_GF.jpg
     



  北のヴィットリオ・ヴェネトの町の奥の山々。
  手前と奥の山が重なる隙間を道が通り、北のべッルーノに、
  そしてオーストリアに続きます。
S31_8529_01_GF.jpg
S31_8528_01_GF.jpg
     

     
  真ん中下に見える教会が、スコミーゴ村の教会。
S31_8530_01_GF.jpg

     


  そして、ちょうど飛行機雲!
S31_8531_01_GF.jpg
     



       
 *****

  ただ今本家ブログには、
  をアップしております。   
  http://www.italiashiho.site     
  ご訪問、よろしくどうぞ!




       

       

この記事へのコメント

  • 小父さん

    Unknown
    こんにちは

    うわー!「遙かなるカステルッチョ」が益々お伽の国みたいに見えてきました。

    背景の山の青のせいでしょうか?
    足元の緑とその傾斜のせいでしょうか!

    うわっ、ここから細部の描き込みが始まるのですか!
    いやいや、下記の今後の予定の記述を興味深く読ませていただきました。

    こんな地上の楽園のような光景を残しておくことは貴重だと思います。

    それだけに自然災害は無慈悲なものですね。

    【2部】

    >何度か見て頂いた高速道路が見えますか?

    ごめんなさい。
    写真の左下から右上に波打っているものですか?

    二枚目は山の稜線が何とも美しいです。
    へーっ、隣はスロヴェニアなんですか!
    地図で確認しました。
    確か、本家のブログで訪問されたレポートがあったような・・・。

    北はオーストリアですか!
    昔の戦ばかりの時代だったら要塞が必要なはずですね(笑)
    いやー、ヨーロッパの歴史に興味を持ち始めたのも
    二つのブログのおかげです。

    そうそう、先日シチリアの田舎を歩いているテレビを観ていたらギリシアやアフリカばかりでなく北欧の文化も
    やって来ているんだとか!

    >真ん中下に見える教会が、スコミーゴ村の教会。

    鐘楼がいいですね~。

    >そして、ちょうど飛行機雲!

    ありゃNATO軍機じゃーないでしょうか?(笑)
    2017年01月06日 13:04
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    カステルッチョ、そうですね、ある意味仰る通り、お伽の国なのかもしれませんね。
    どちらから行くにしても高い長い峠を超え辿り着き、そこはぐるっと高い山に囲まれた大平原で、カステルッチョはその外れの丘の上にあるのですものね。

    描きながら、今頃はしっかり雪に埋もれ、村自体が冬眠したようになっているんだろうな、とも思い、ホンの何人かが残っているんだろうか、とか・・。
    春が待ち遠しい事でしょうね、皆さん。


    あ、そうです、ヴェネツィアに向かう高速は、左から右に斜めにカーヴしている道です。

    2枚めのあの遠い連山は、時に冬のお天気の良い日には、上のほうが真っ白になって見えるのです。
    はい、東がスロヴェニア、そして北がオーストリア、まさに3国が接しているんです。
    昔はねぇ、なんだかんだと翻弄されたのでしょうねぇ。

    そうです、そうです、シチーリアは北からの民族が、多分海賊の一種なんでしょうけど、ははは、やって来ているので、あの南の島に、金髪碧眼の人々がいるんですよ!

    いやいや、小父さん、私はあのスコミーゴ村の物見の塔みたいな、火の見櫓みたいな鐘楼が好きでないです。
    鐘楼となると、やはり天辺が尖っていて欲しいです、ははは。

    NATOの軍機?! さすがぁ!! はぁい、多分そうだろうと思います、私も。
    だってこの辺り民間機が飛ぶ航路ではないですしね、ちょいちょいあっちこっちに好きなように飛行機雲が見えるんですもの、きっと偵察機なんだろうと思います。
    まぁ、平和を維持するためのものなんでしょう。

    いつも有難うございま~す!
    2017年01月06日 20:19

この記事へのトラックバック