・ トスカーナ  Toscana 


◆ 糸杉の道 ピエンツァ  
  La stradina dei pioppi - Pienza  4P 

S31_8421_01.jpg
   
DSC_4340.jpg

  世界遺産指定オルチャの谷の東に位置するピエンツァの町。

  海抜490mの町から坂道を南に下り、すぐ東への地道に入り込むと、
  町の城壁越しに眺める広い起伏する平野の真っ只中で、
  なんともいえない感触を得られます。

  この糸杉の道はその地道から東に向って見えた道で、この辺りの
  何本かの小道は坂を上り、隣の小さな町モンティキエッロに。


  小麦畑に付く何本もの筋はトラクターの跡で、右奥にはオリーヴの畑があり、
  手前はどうやら休耕地で、同じ緑色でもどこもがみな違う緑。

  波打つ大地をどう描いたら良いかといつも迷いますが、
  でもその迷いも楽しんでいます。
       



   

◆ ジョットの鐘楼より フィレンツェ   
  Vista dal Campanile di Giotto    4P 
S31_8376_01.jpg

DSC_4331.jpg     


  花のサンタ・マリーア大聖堂のクーポラも、ジョットの鐘楼にも
  どちらも上りましたが、なにせ高上がりが好きなので、
  上れる鐘楼は上ることにしていまして、ははは、

  ジョットの鐘楼から同じ高さで見る聖堂のクーポラは、
  やはりまた格別な迫力!


  古い建物や鐘楼の階段は、長い年月を経てどこも磨り減っていますが、
  このクーポラを見る窓への段もすり減っていて、
  6世紀に渡る年月と、窓に近寄り覗いた人々の数を思い、微笑ましく。



  今年の夏からの中部イタリアでの地震災害の酷さを思うと、
  どうぞこれらの美しい歴史遺産が、
  これからも末長く生き残るようにと祈らずにおれません。




     

◆ ソラーノの村 真昼  
  Borgo di Sorano a mezzogiorno   5F 
S31_8464_01.jpg
   
DSC_4319.jpg

  ソラーノの村が位置するトスカーナ州東南のこの一帯は、
  凝灰岩をくり貫いた洞穴の家が今もたくさん残り、
  かってエトルリアの民が定住していた事でも有名ですが、

  高台には大きなオルシーニ家の古い城があり、町の東には岩の塊の様な
  大きな要塞があり、その上から見下ろす家並みの美しさ!! 
  小路がめぐり、高低差のある家並みが素晴らしいのです。


  いつかは描きたいと思っているこの町家並の、まず手始めに
  選んだのがこのモチーフで、灰岩の美しい色の古い壁と古い瓦屋根、
  どっしりと重いその姿に惹かれました。


  前の道には猫ちゃんたちが寝そべり、
  如何にものんびりとしたトスカーナの古い町の一廓、
  人の姿は見えないお昼時です。




   

◆ トスカーナの古い農家  モンテリッジョーニ  
  Vecchia fattoria toscana - Monteriggioni    3P
S31_8415_01.jpg
   
DSC_4338.jpg

  シエナの北西にある小さな町モンテリッジョーニ。 
  ぐるりとほぼ円形に城壁に囲まれ、ダンテがその様子を「王冠を戴き・・」と
  詠っているそうですが、


  この農家は東側の城壁を上った外に見える如何にも古い農家で、
  放置されている様子。

  3年ほど前に描き出したのが行き詰まり、置いていたのですが、
  漸く上下左右を縮めた形でやってみようと再トライし、
  何とか行けたかな、というのが今年の夏でした。
   
     
  そしてある朝パネルに紙を張りながら何気なく見たTVでやっていたのが、
  ハリウッド・スターのゴシップをあれこれ伝える物で、
  ジェームス・ガンドルフィーニという俳優の話。
  何気なく聞きつつ分かったのは、3年ほど前に旅行中のローマで亡くなり、
  今遺産相続で揉めていると、出た農家の写真にびっくり! 
  なんとこの家なのです!! 
gty_james_gandolfini (2).jpg

  自分が描いた家を見間違える筈が無く、驚きました。 
  名前も知らずでしたが、彼の目が好きで知っていましたので、驚きが一層で、 
  TVのマフィア・シリーズ、ソプラーノの役で大当たりを取ったのだそう。  
  何かのご縁と思い、ご冥福を祈ります。



   
 

◆ ひかげの椅子  Sedia nell'ombra  3F

S31_8469_01.jpg
DSC_4323.jpg   


  トスカーナの東南、オルチャの谷の東に位置するピエンツァの町。
  15世紀、教皇ピオ2世が自分の生まれたこの村を、ルネッサンス風の
  理想の町にしようと奮闘した跡の残る、世界遺産指定の小さな町。


  周囲を城壁が囲み、町の東西を抜ける1本の通りの周囲に家並みが続き、
  南側にある家々の壁に陽が当るのは、朝日の時間のみ。

  道端に出されたこの手作りの椅子に当っている陽もあとわずか!
  行き合わせたチャンスが有難かった、このモチーフです、はい。




   

◆ 刈り入れ後の麦畑 アシャーノ   
  Campo di grano dopo la mietirura - Asciano  3M 
S31_8439_01.jpg
     
DSC_4333.jpg

  シエナの東南に位置する、シエナのクレーターと呼ばれる一帯、
  太古には海の底だったという白い石灰岩が顔を出す大地の
  中心に位置するアシャーノの町。


  アシャーノの手前からオルチャの谷のピエンツァに向う道の、
  両脇に広がる大きな起伏のある大地に、春は緑の麦畑が一面に広がり、

  6月の末から始まる麦刈り後は、こんな風にトラクターの跡が無数に
  残る濃い黄金色、オレンジ色ともいえる麦畑が残り、
  まるで抽象画のような柄に魅せられます。


  広い広い谷の麦畑を、小さなトラクターが起伏に翻弄されながら
  ウンウンと上ったり下りたり・・。 

  そんな光景を見ると、その風景の中に居れる幸せを感じずにはいられません!




     



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック