・ ジョットの鐘楼 詰めと、 カルページカ村の黄、紅葉 


  先回上手くアップできませんでした、ジョットの鐘楼からを
  見てやって下さい。

  ジョットの鐘楼から フィレンツェ

1-8376_01_GF_GF.jpg
          
  高上がりの好きな私は、ははは、各地の上れる鐘楼、塔は、
  出来るだけ、上れる内に上っておこうとトライしていますが、
  フィレンツェでは勿論、ジョットの鐘楼も、花の聖堂のクーポラにも!


  で勿論、鐘楼に上ると花のサンタ・マリーア大聖堂のクーポラが
  見れるわけでして、はは、

  高い位置から同じ高さで見るクーポラの迫力は、また格別!!


  古い厚い壁の細い窓からちょっぴり覗いて見えるクーポラ、
  とにかく薄っぺらく見えないようにと、頑張りました。


  ほんのもう少し、空の色が明るい方が良いのかな、と
  この写真を見ながら考えていますが、
  どんなでしょうか?

 *****

  今日の第2部  カルページカ村の黄、紅葉

  先回は逆光の中の、靄のかかった風景を見て頂いたので、
  今回は順光の中の、黄葉、紅葉の色を。

  イタリアでは一体に紅葉がなく、黄葉なのですが、
  それでも幾らか紅葉する葉もあり、蔦とか、これは何かな、
  鮮やかな色を見つけました。
DSC05119_GF.jpg
     



  そして葡萄畑、ここは南西向きの畑ですので、
  綺麗に紅葉し始めた葉が何ヶ所か見つかり、
       
DSC05121_GF.jpg
DSC05120_GF.jpg
     

     

  イタリアのススキ!
  日本のススキの様に、柔らかく儚げなススキと違い、
  太く、ツンと立った頑丈な姿、ははは。
DSC05122_GF.jpg
     
     


  ススキを撮っていたら、遊んで欲しくて出て来た小型犬。
  でもね、shinkaiはきゃんきゃん甲高い声で鳴くのが、
  余り好みではないんだよん。
DSC05124_GF.jpg
     



  カルページカ村から、スコミーゴ村の領域に入り、はは、
  葡萄畑の向こうに見えるスコミーゴ村の教会と鐘楼を。

DSC05125_GF.jpg     

  木々の色が、既に濃い茶色になりかけているでしょう?
  手前は葡萄畑ですが、こちらも濃い茶色に。



       
 *****

◆ ご案内 ◆

  11月22日から27日まで、広島三越7階三越画廊での
  個展がせまり、DMが出来てまいりました。
2-1-016DM_1_GF.jpg
2-2-16DM_2_GF.jpg
     

  どうぞ、秋の良い日を、広島、宮島観光と兼ねてお出かけ下さり、
  ご覧頂けます様、ご案内いたします。




 *****

  ただ今本家ブログには、再度の復興の願いを込め、地震被災地への追悼を
  をアップしております。   
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!




       

この記事へのコメント

  • 小父さん

    こんばんは
    【ジョットの鐘楼から フィレンツェ】

    とても素晴らしく思えます。
    前回のを今観ていませんが、ぱっと目の中に飛び込んで参りました。

    鐘楼の暗さが向こうに臨む聖堂を引き立たせているんでしょうか!

    ここから↓解説文を読ませていただきます。

    >出来るだけ、上れる内に上っておこうとトライしていますが

    すばらしい体力ですね。

    >高い位置から同じ高さで見るクーポラの迫力は、また格別!!

    なんだか分かる気がします。
    下から見上げたり、遠景とは全く違う世界ですよね。

    >ほんのもう少し、空の色が明るい方が良いのかな、と

    う~~ん、屋根と空の色に手前の鐘楼の壁がとてもいいバランスに思えましたが・・・。

    なるほど、もう一度拝見すると空が心もち暗いかな?とも思えました(汗)

    【第2部】

    うわっ!黄、紅葉に緑が絵画みたいな色をしてますね。

    葡萄の葉もこんなに綺麗に、かつ可愛く捉えることができるんですね。

    >太く、ツンと立った頑丈な姿

    ひゃー、生け花の投げ入れに適しているみたいです。
    (生け花のことも全くわかっていません)

    空や雲とのコラボがいいですね。

    >はきゃんきゃん甲高い声で鳴くのが、余り好みではないんだよん。

    はっはっは、君ふられたな!
    ん?でもどうしてここに載せてもらったんだろう?(笑)

    >葡萄畑の向こうに見えるスコミーゴ村の教会と鐘楼を

    秋の佇まいですね。
    地平線上の丘がかすんでいる遠景が近景に花を添えていますね。

    いよいよ、広島へ乗り込みですね!
    私も人影、作品の影から覗きに行きたく思っています。

    どうも有難うございました。
    2016年11月05日 21:02
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はい、そう思います、暗い中から明るい、迫力あるクーポラを目の前に!という感じですね。
    下から見ても凄いのですけど、やはり目の前にあの大きさが見える、というのは・・。

    今回は描きながら、ブログに載せるのに一生懸命読んだクーポラの建設記を思い出し、そうそうここは、なんぞと思い出したりで、とても身近に感じました。

    やはり空の色は難しいですね、ははは。
    ちょっと濃い目にすると、それで全体の印象も変わってくるので難しいです。

    いやぁ、小父さん、体力がとても落ちているのを実感します!
    週に2度歩くのを自分に課しているのですが、それでも歩き始めは脚がとても重いのを感じますし、本当は毎日歩くべきなのかも知れません。


    葡萄の葉も鮮やかな色になるのですけど、短くて、じきに焼けたような茶色になるのです。

    ははは、余り好みでないワンちゃんも、やはり撮ると載せますです。 一生懸命尻尾を振ってくれてましたし。

    この頃は日がかげるとすっと寒さがやってきて、日の落ちるのも早いですよね。
    あんなに暑かったのが嘘みたいです。

    はい、有難うございます! お目にかかれたら嬉しいです!
    2016年11月06日 00:28

この記事へのトラックバック