・ ヴェネツィア 途中経過と、 乗馬を楽しむ人々 


  ヴェネツィアはサン・マルコ広場の、ドゥカーレ宮と街灯の
  途中経過を見てやって下さい。

  ヴェネツィア サン・マルコ広場 (改題 サン・マルコ広場の街灯)

+DSC05032_GF.jpg     

  一見優雅なアーチと丸い花飾り、円柱の柱頭も、
  いざ描くとなると、とても細かくて大変な仕事量で、
  漸くにここまで詰めましたが、

  街灯と鳩の方はまだ殆ど手付かずで、
  下の大きなアーチの内側は、色が濃くなりすぎて消しゴムで
  ゴシゴシと消した所です。


  大理石の細工の方は何とか一応手を入れたので、
  これから様子を見て、明るく描き起こしたり、明度を整えたり、
  そうそう、欄干の部分も描かなければ・・!

  今はなんとなしピリッとした空気がないのが、
  我ながら、あまり気に入りません。
       

  一番左の円柱の左の隙間が、一寸中途半端で気になっていますが、
  右側同様に隙間を無くしても良いものでしょうか?
  それに一寸左に傾いていますね。

  一度描いてみたかった丸い花飾りのアーチなのですが、
  これが済んだら、暫くは満腹感が続くかも! ははは。



 *****

  今日の第2部   乗馬を楽しむ人々

  8月末の日曜の写真の一部ですが、
  コネリアーノの町から北に、オリアーノ村に向う途中
  少し大きな湖というよりも、日本の感覚で言うと大きな池があります。

  プラデッラ湖・Puradellaといい、
  一度冬の凍ったのを見て頂いた事がありますが、
  小さな島があり、水鳥がいて、鱒もいると聞いていて、
  夏の末の日曜の朝、寄ってみました。
2-R28_7605_01_GF.jpg
3-R28_7610_01_GF.jpg
     

       
  なんと初めて見た、魚釣りの人々で大賑わいなのに驚き、
  一人のシニョーレに、たくさん(魚が)いますか?と聞くと、
  ニエンテ、ニエンテ!! 全然!との事。 ははは。


  岸を歩きながら写真を撮り、そろそろ引き上げようかという時、
  大きな女性のお喋り声が響き渡り、
  近くのシニョーレが舌打ちしたほどで、ははは、

  向こう岸の奥に見えてきたのは、こんな乗馬姿!
4-R28_7613_01_GF.jpg
     



  待っていると、傾斜地を下り、こちらに曲がった一行が来ます。
  総勢5人のアマゾンたち!
   
5-R28_7617_01_GF.jpg
6-R28_7618_01_GF.jpg
7-R28_7619_01_GF.jpg
        
  すれ違う時に「ボンジョルノ!」と挨拶をしつつ、
  撮らせてもらいます。
  ほら、皆さん、にっこり笑っているでしょう?


     

  アマゾン達かと思ったのですが、最後から2人目は少年かも。
8-R28_7621_01_GF.jpg
     



  彼らは坂道を上って行き、shinkaiは隣の畑を撮り、
  靄の日の逆光で色が見えませんが・・!
  さて引き上げようかと思ったら、
9-R28_7632_01_GF.jpg
     



  向こうから、今度は男性一人の乗馬姿。
       
10-R28_7634_01_GF.jpg     

  すれ違う時に挨拶を交わしましたが、
  この道は、日曜日には結構乗馬での道筋になっているのかも、
  と思ったことでした。

  馬の背の上の高さから見える風景は、また格別でしょうね?!

  魚釣りの男性達、湖の様子は次回に。



 *****

  ただ今本家ブログには、サン・ジミニャーノから、ヴォルテッラへの道
  をアップしております。   
  http://www.italiashiho.site/     

  ご訪問、よろしくどうぞ!






この記事へのコメント

  • 小父さん

    Unknown
    こんばんは

    【サン・マルコ広場の街灯】
          ↑
    あれっ、このタイトルが最終なんですよね?(笑)

    ということは、今までは脇役に力を注いでおられたわけですね。

    >とても細かくて大変な仕事量で

    いや、こうしてど素人が見上げてもそう思えますね。

    >そうそう、欄干の部分も描かなければ・・!

    うひゃー!!!これは大変そうです。

    >今はなんとなしピリッとした空気がないのが、

    いや、街灯と鳩はそうかな~と思いますが、優雅なアーチと丸い花飾り、円柱の柱頭は荘厳な印象を受けますよ。

    >右側同様に隙間を無くしても良いものでしょうか?

    ど素人→「あった方がいいと思います(笑)」

    >暫くは満腹感が続くかも!

    そうでしょうそうでしょう。

    【第二部】

    プラデッラ湖凍った池、なつかしく見てきました。

    いやー、人影も少なく素敵ですね。

    >魚釣りの人々で大賑わいなのに驚き

    ありゃ、大勢の釣り人がいるんですか!

    >ニエンテ、ニエンテ!! 

    はっはっは、釣り好きな人はそれでも垂らしていますよね。
    私には向きません。
    でも気が短い人がやる趣味で、呑気な人には向かないといいますね(笑)

    >向こう岸の奥に見えてきたのは、こんな乗馬姿!

    いやー、いいですね~。

    あっ、そろそろ私もホースランドパークに出掛けたらこんな光景が見られるかも知れませんね。

    >待っていると、傾斜地を下り、こちらに曲がった一行が来ます。

    この写真最高です。

    アマゾンって「ギリシア神話に登場する女性だけの部族」←この意ですか?(笑)

    >ほら、皆さん、にっこり笑っているでしょう?

    私も声かけの練習をしなくっちゃー!

    写真教室の大先輩は「撮らしてなー!」とか言って
    次に行く時、引き伸ばした写真をプレゼントするとか
    言ってました(笑)

    >馬の背の上の高さから見える風景は、また格別でしょうね?!

    なるほど~!
    気がついていませんでした。

    有難うございました。
    2016年09月22日 23:23
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    あ、いえ、前に書いている太字の「ヴェネツィア サン・マルコ広場」がタイトルになります。
    カッコの中は、以前のタイトルという事で。

    有難うございます! 下描きした時点で一寸あれこれ考えてひるみまして、ボツにしようかと思ったりもしたのですが、まぁ、とにかく描ける所まで描いて、と思って頑張ったのですが、
    何とかこれで先に進めそうなところまで来ました。

    左側の円柱の隙間、そうですか、あった方が良いですか? はぁい、ご助言有難うございます! 考えて見ますです。


    プラデッラ湖、そうなんです、鱒がいると聞いていますが、今までまるで釣り人を見たことが無かったので驚きました。 20人はいたのではないでしょうか。

    そうです、女性だけの部族、ですよね、その名を拝借しましたが、どうやら一人少年がいたみたいでした。

    こちらの人はカメラを持って構えると、にっこりしてくれますから、こちらも声が掛け易いのですね。

    そうですよ、あの高さは魅力だと思います! で、乗馬学校に通おうかと思った事もあったのです、ははは。

    有難うございました!
    2016年09月23日 03:46

この記事へのトラックバック