・ お終いと、描き始めと、 カルページカ村の日の出 


  そろそろお終いにしたいトンボと、
  描き始めの椅子を見てやってください。

  トンボ

+DSC04916_GF.jpg     

  赤い葉に止まり、虫食いの穴から覗く羽、
  そして胴体は葉を通して透けて見えているトンボ君。

  自分では、も少し濃いピンク系に塗った部分もあるよ、と
  思うのですが、赤1色に見えるようで・・。


  先回師の二木さんから、羽は透けて見えないの?との
  お尋ねで、最初は簡単に見えません!と言ったのですがぁぁぁ、

  その後しっかり写真用の紙に印刷してみたら、
  そしてその目で見つめたら、なんと細い細い羽の線が
  透けて見えるではありませんかぁ!
       
  きゃはは、偉大なる和菓子よ、我が師よ!

       
  ならば、と私メも細い細い線で描き込みまして、
  脚の6本は全部は見えないものの、多分これは脚の影、
  と思うものも意識して描きこみ、

  背景の色もまた何度か塗り重ねました。

  これでお終いにしたいのですが、どんなでしょうか?




  椅子 ピエンツァ   27,5x22cm  3号

+DSC04918_GF.jpg   
 
  黄色い紙がパネルに張ってあったのを使い、
  ピエンツァの町の、古い壁の前にあった椅子を描き始めました。

  ほんのちょっぴり椅子の座に光が当たっているのも面白く、
       
  ペンで下描きをし、墨を入れ、水彩で着色し、
  ほんのちょっぴり色鉛筆を加えた所です。


  いつも描く前は、鉢植えの植物とか木々とか、
  苦手でも何とかなるさ、と
  大きな気持ちで描き出すのですが、ははは、

  実際に描く時は、ああ、もう~!、となりまして・・、
  我慢だよ、新開ちゃん、と自分を励ますのでありまする・・。




 *****

  今日の第2部  カルページカ村の日の出

  この木曜日、朝6時前に1時間ほど歩いてこようと家を出る時、
  ひょっとしてと思い、小さなコンデジを首から下げて出かけました。

  以前は毎週日曜に仲間と集まって2時間半ほど歩いていたのですが、
  春にちょっと腰を痛め、それ以降ゆっくりと自分のペースで
  歩こうと決め、
  時間も自分の都合の良い時に、出来れば週2度ほど、と
  家の近所を歩いているのですね。

  今時は暑いので、朝早くが車も少なく汗もかかずで気持ちよく、
  家から北西に歩き、隣村カルページカの教会まで行って戻ると、
  1時間ほどで切り上げるのにちょうど良い距離なのです。
  日曜だと出会う車も殆ど無いので、もう少し距離を延ばしますが。

       
  家を出て暫く行った所で、
  西の空の雲にも少しピンクが見られ、建物の壁は赤く染まり、
3-DSC04882_GF.jpg
     
 


  東の空は日の出まじか。
4-DSC04884_GF.jpg
     



  そしてご来光!
5-DSC04885_GF.jpg
     



  葡萄畑のゆったりの坂道にかかり、もう一度太陽は隠れ、
6-DSC04886_GF.jpg
     



  北東の空は、薄くピンクに染まり。
7-DSC04887_GF.jpg
     



  ちょいちょいと眺めながら坂道を往くうち、
  太陽は昇ったものの、すぐ雲に隠れ、
8-DSC04888_GF.jpg
     



  暫く進んでからの、西の空。
  月の下に、細い真っ直ぐの飛行機雲があるのが、見えますか?
9-DSC04892_GF.jpg
     



  カルページカの教会まで行き、戻り道。
  これは行きに撮った辺りまで戻っての、射し込む光。
10-DSC04893_GF.jpg
     
  太陽もかなり高く上っていて、実際の目にはもっと周囲も明るいのですが、
  写真に撮ると、やはり周囲が暗く写りますね。




  これも葡萄畑の辺りから。
  線になって落ちこぼれる光。
11-DSC04911_GF.jpg
     



  北のほうの山並み、山の窪みの部分がぽわっと明るく・・。
12-DSC04912_GF.jpg
     

  歩く時にカメラがあると気になると思っていたのですが、
  逆に歩くのに、歩数とか時間だけが気にならず、退屈せずに
  早く時間が経つ気がして、これは良い!と味を占めました。

  風景は光と影の要素も多いので、
  ああ、これは!と思った時、すぐに撮れるのも良いですしね。
  道を歩きながらの風景、草花などもまたお目にかけますね。



 *****

  ただ今本家ブログには、修道院、地下教会、異端審問所、輪の競走 ・ ナルニ
  をアップしております。   
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!
       


          

この記事へのコメント

  • 小父さん

    こんにちは
    【トンボ】

    うわー、ちょっと寝不足気味でうとうとしていましたが
    正に目が覚めるような色彩です。

    葉脈でしたっけ、それとトンボ の羽根が見事です!

    はぁ~、虫食いの穴の向こうにも見えていますね。
    胴体のシルエットにも生きたトンボを感じます。

    背景がまた何ともいいです。
    森の中なんでしょうか!

    素晴らしいです。


    【椅子 ピエンツァ】

    いやー、shinkaiさんのお気に入りのモチーフに思えます。

    以前には古い自転車も立っていましたね!

    ほんと石積みの壁って豊かな表情を持っていますね。
    風雪に耐えてありとあらゆる歴史を見て来た石壁は
    味わい深く感じます。

    あっ、忘れていました。
    主人公は椅子でしたね!(汗)
    でもそこに椅子があるから壁も見るのだと思います。

    >椅子の座に光が当たっているのも面白く

    ほんとですね!

    主人公が哲学的に思えてきました。
    「考える葦」ならぬ「考える椅子」!

    どんな人たちが腰掛けたんでしょうね・・・。

    【第2部】

    カルページカ村の日の出、素敵です。

    日の出の方角だけじゃーなくって、西の空の雲に
    北東の空、北のほうの山並みにまで目配りを
    されていることに納得します。

    そうですね、360度の光景が変化するんですから!

    月と飛行機雲も確認できました。

    有難うございました。
    2016年07月25日 15:39
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    有難うございます!!  はい、葉の葉脈ももっともっとたくさんしっかり見えるのですけど、赤い葉ですので、余り描くと気持ち悪くなりそうで、ははは、適当な所でごまかしまして・・!

    abiさんの撮られた写真をブログで拝見して、これは良い!と許可をいただいて描いたのですが、
    背景は明るい緑や黒っぽい影、そして真っ白も見えるので、
    私は葉が逆光に光っている事のみを強調し、でも木の葉ですので、少し立ち木の陰っぽくにも見えたらな、と思って描きました。

    はい、壁フェチなので、またぞろ描き始めました、ははは。
    それとやはり光と影ですね、これが面白いと思って描き始めました。
    仰るとおりです、椅子があるので面白いのだと思います。 誰も座っていませんけど、人の面影が出ますよね。
    頑張りま~す!


    日の出は見るととても印象的で面白いのですが、撮るとどうしても光の強さで周囲が真っ黒に移りやすいので、これが問題ですね。
    射し込む光を強調しようとすると、暗いほうが見えやすい事もあるので・・!

    小父さんのウォーキングと同じで、カメラを首に下げて、せっせと歩く事に致しますね、はは。

    こちらこそ、有難うございました!
    2016年07月26日 00:46

この記事へのトラックバック