・ 下描きを始めた1枚と、 スペルロンガの夕暮れ 


  下描きを始めたトンボを見てやってください。

  トンボ   16x16cm  0号変形

+DSC04853_GF.jpg     

  絵が小さいので、小さく載せましたが、
  これでもほんの少し、写真のほうが大きい位かも。


  赤い木の葉に止まっているトンボ、といっても、
  羽の一部が見えるだけで、体は赤い木の葉に陰が映っているトンボ君。
  自分でついつい、「赤とんぼ」と呼びたくなりますが・・
  実はこれは「セレナ日和」のabiさんのブログで見つけた写真で、
  見た途端にとても気に入り、
  一度トンボを描いてみたいと思っていた私は、
  abiさんにお願いし、描かせて頂く許可と写真を送って頂いたのでした。

  abiさんはもう一枚、同じ葉の上方中央に止まっていて、
  羽が葉の両側に飛び出している写真も送って下さったのですが、
  私には重心が下に来るとは思いつつも、
  やはりこちらの方が気に入り、取り掛かりました。


  今回下描きを始めたと言いつつ、かなり描いているのはです、
  背景の空間意識が決まらず、つまり単なる空気にするか、
  具体的な距離を考えての空間にするかが自分で曖昧で、

  自分で絞り込む、決める為に、ああでもない、こうでもないと、
  色を置きながら、考えながら塗りこんで行った結果なのでした。


  お陰さまで少し色が暗めになりましたが、
  未だ特別に明確とはいえないまでも、へへへ、
  何とか方向が見つかった気がしています。

  葉っぱやトンボ君も、これから描き込んで行きま~す。

  abiさん、美しい素敵なモチーフを有難うございました!!



 *****

  今日の第2部  スペルロンガの夕暮れ

  先回本家ブログの方でスペルロンガの町のご案内をご覧頂き、
  最後に何枚か既に載せたのもあるのですが、

  夕暮れの途中経過を、これで見てやって下さいね。

  新しい方の町の広場に戻って来ての展望台から、
  ホテルのある西のテッラチーナ方面を見ていますが、


  雲間からそっと光がこぼれているのが見え、
G19_6070_GF.jpg
     


  正面に見えるポンツァ島。
G19_6071_GF.jpg
     


  雲間から落ちる光が大きくなり
G19_6073_GF.jpg
     



  長く細く、強くなり
G19_6075_GF.jpg
     



  強い部分が2ヶ所、そして3ヶ所となった一瞬。
G19_6080_GF.jpg
     



  スペルロンガの海の夕暮れ、
  細くこぼれ落ちる一筋の明かり、でしたぁ。
G19_6081_GF.jpg
     


 
 *****

  ただ今本家ブログには、ティベリウス帝の別荘跡と博物館 ・ スペルロンガ
  をアップしております。    
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!     

       


この記事へのコメント

  • abi

    絵はステキ!
    こんにちは、shinkaiさん(=^・^=)
    わっ!と驚きましたっ!!^^
    あのトンボが~!
    shinkai画伯に描いていただけるとは!
    諏訪の、shinkaiさんの個展にお邪魔した帰りに立ち寄り、出会ったトンボ君・・・
    私も、撮影した時は、体が透けていて面白いな~、と思ったのでしたが、
    たまたまカメラに収まったトンボが、永遠の命をふきこまれ、授かったように思われます^^
    私も本当に、とても嬉しく思います♪
    まだこれから描きこまれるのですか?
    絵はどこで手がとまるのでしょう?^^ それも楽しみです。
    「トンボ」の作品も、切手に似合いそうな絵ですネ♪
    こちらこそ、本当に有難うございます。
    第二部の、細くこぼれ落ちる一筋の明かり。
    私はそのような表現が出来ませんでしたが、以前、ニュージーランドで見た、「一筋の明かり」に感動して、一所懸命撮影したことを思い出しました。
    でも、このよな淡い夕暮れ色ではありませんでしたが、自然の美しさに感動しました(=^v^=)
    2016年06月29日 15:05
  • shinkai

    Unknown
    ★abiさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    有難うございます! お陰さまでよいモチーフを描かせて頂いてます!!

    へへへ、またabiさん、shinkaiガハハ、と書いて下さったですね、ガハハはご勘弁くださ~い。 
    まぁ、今回は冗談半分という事で、ガハハで~す。

    そうでしたか、あれは諏訪に来て下さった時のでしたか、 てっきり秘密の花園で撮られたのだと思い込んでおりました。
    ではやはり、ちょっぴり私が描かせて頂くご縁もあったのですね。 不思議ですね、こういうのは。

    はい、葉っぱがまだまだ描けてないですし、トンボ君も陰の体の方は色が付いているのですが、羽のほうはまだ紙の白をちょっと汚しただけなのです。

    じわじわと仕上げていこうと思っていま~す。


    光が雲間から落ちるのには、時々出会いますよね。
    でもなかなか良い形、色、というのに出会うのは難しいです。
    そうですか、abiさんも感動されるほどの光に出会われたのですね。
    ああいうのは本当に出会いのチャンスで、いつまでも心に残りますね。
    2016年06月29日 23:51
  • 小父さん

    Unknown
    こんばんは

    とても素敵な絵ですね。

    詩情が漂っています!

    もう完璧に思えますが・・・。

    あっ、また軽口がすべってしまいました(汗)
    モチーフって言うんでしょうか?
    そこから立ち止まってしまいます。

    【2部】

    夕暮れの連続写真にうっとりしています・

    この最初から最後まではどのくらいの時間なんでしょうか?

    一枚、一枚が絵になりますね。

    シルエットがいいです!

    これも光と影が展開するまさに芸術ですね。
    2016年06月30日 21:22
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは!  コメント有難うございます。

    有難うございます! 
    abiさんが捉えて下さった、これは本当に素敵な一瞬ですね。

    いえいえ、まだまだ描き込みが不足なので、粘らないといけません。


    この夕暮れの写真は、ここに載せたのは6枚ですが、全部で12枚撮っていまして、最初から最後までは4分ちょっとの時間になっているのを、今確かめて来ました。

    そうですね、もわっとした色合いで、海辺だったのも印象が絞れ切れたのかも知れませんね。
    2016年07月01日 01:26

この記事へのトラックバック