・ 描き初めと、お終いと、 スペルロンガの猫たち 


  新しく描き始めている「ティツィアーノの生家」と、
  お終いにしたいヴェネツィアのデッラ・サルーテ聖堂とを
  見てやって下さい。

  ティツィアーノの生家  ピエーヴェ・ディ・カドーレ  38x27,5cm  5号相当

+DSC04864s-_GF.jpg   

  16世紀のイタリア画家、ヴェネツィアで学び、著名人物の肖像画、
  宗教画、神話から題材を取った物などなど、いずれの分野においても
  一際抜け出た存在で・・、云々という説明が要らないほどの
  単に「ティツィアーノ・Tiziano」で通る大画家ですが、

  彼の生家が現在博物館となって、   
  ヴェネト州の北、ピエーヴェ・ディ・カドーレ・Pieve di Cadoreにあります。

  彼の一家は当時、土地のかなりの名家、有力者だったそうで、
  現在残っている家も立派なもの。
  何度か表からは見ているのですが、2年前に漸くの念願が叶い
  家の内部も見ることが出来ました。


  ティツィアーノがこの家で生まれ、ヴェネツィアに
  画家修業に出かけたという10歳前後まで、
  幼児期から少年期を過ごした家という事になりますが、

  窓からの光がとても美しく、石を敷いた床が逆光に光り、
  なんとも美しい静謐な空気が溢れ、

  その時即、いつか描こう!と思ったのでした。


  座の高い椅子が本当は3客があちこちに置かれ、
  この座の高い椅子は子供用でもない様子で、
  きっと床の寒さを防ぐ為なんだろうと思いますが、
  この椅子と手前両脇に小箪笥もあったのを省略し、

  囲炉裏端、きっと子供のティツィアーノも温まる為に傍で遊んだり、
  また家族団欒の時を過ごしたり、ご飯を食べたり・・、
  そんな囲炉裏端を中心に描く事に。

  まずは形を取り、影の暗さに注意して、
  下描きを始めた所です。




  ヴェネツィア夕暮れ・サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ聖堂

+DSC04847_GF.jpg   

  先回もかなり詰めて来ていたのを、今回もう少し細部を描き込み、

  手前の運河の水を描き、聖堂の明かりと影も落ち着かせ、
  空の色も抑えましたが、
  左手前のドガーナに灯る明かりは逆に濃く。

  これで大体OKかと思うのですが、

  どんなでしょうかぁ?



 *****

  今日の第2部  スペルロンガの猫たち

  今回の本家ブログには、ラツィオ州南のスペルロンガという
  かっての漁村、今は観光地ヴァカンス地となっている、
  「イタリアの一番美しい村々」にも選ばれている小さな町を
  ご紹介していますが、
     

  こちらは町の東の浜からの眺めで、16~17世紀に
  2度もトルコの海賊に町を破壊された後の町で、
  55mの高い山の上に町はあります。
G19_5914_GF.jpg



  現在の町の入口広場のオリーヴの木の根元で、ぐっすりの子。
G19_5950_GF.jpg
     



  これは古い町の中心広場で、
G19_6053_GF.jpg
     



  ここのカフェの椅子の下に歩み寄り、寛ぐ白黒君。
G19_5960_GF.jpg
G19_5962_GF.jpg

     

     
  我らは古い町の中の小路を辿り、白色が殆どの家などを
  あちこち楽しみ、写真を撮りまくり・・。

  小路の隙間から見える海と港。
G19_6040_GF.jpg
     



  そろそろ集合時間だと中心広場に戻ってくると、

  カフェの椅子の上で、丸くなっている2人を見つけ、
G19_6062_GF.jpg
G19_6064_GF.jpg
     

     

  横から覗き、声をかけたら起きるかと思ったのも、
  この茶白ちゃんはまるで起きず・・!
G19_6063_GF.jpg
     



  この白黒君、というよりは濃いグレーのこの子は、
  町探訪の前に出会った子だと分かり、

  ほらね、声をかけるとそっと顔を上げ、
G19_6066_GF.jpg
     


  シニョーラ、はい、これで良いですか?という感じ、ははは。
G19_6067_GF.jpg
     



  じゃぁ、もういいですね、ボク、眠りますから、という
  イタ男らしい礼儀をする子で、
G19_6068_GF.jpg
    
  イタリアはですね、断然男性の方が愛想が良いのです!
  女性は本当に可愛くないのも、ちょいちょいですがね、ははは。


  で、こちらから声をかけても起きないのは、
  無愛想なイタ女と決め付けたshinkaiで~す、はい。       
 
G19_6069_GF.jpg
     


  という、スペルロンガの猫ちゃんたちでした。


       
 *****

  ただ今本家ブログには、スペルロンガ ・ イタリアの一番美しい村々の1つ
  をアップしております。    
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!
       





この記事へのコメント

  • abi

    Unknown
    こんにちは、shinkaiさん(=^・^=)
    ティツィアーノの生家、博物館になっているのですね。
    shinkaiさんが感じられたとおっしゃる
    >なんとも美しい静謐な空気が溢れ・・・
    という空気がものすごく伝わってきました。
    ヨーロッパにも囲炉裏があるのですね。
    暖をとりながらスープがコトコト煮えていたのでしょうか?
    想像を巡らせております^^
    サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ聖堂の夕暮れの風景にうっとりです。
    額に納まると一層輝きを増して素晴らしく美しいでしょうね~
    と、またまた想像をめぐらせております^^
    第二部の、スペルロンガ☆
    こちらもまたなんとステキな町でしょう!
    イタリアの美しいかつての漁村にいる猫たち・・・
    あぁ・・・行ってみたい・・・☆
    イタ男にゃんこ、イタ女にゃんこ、探してみたいです^^
    ねこちゃんたくさん、リクエストにお応えしてくださり感謝です!
    ありがとうございます。
    本家ブログで登場していたわんちゃんも、美しく壁に馴染んで、とてもすてきでした(=^v^=)
    2016年06月24日 14:19
  • shinkai

    Unknown
    ★abiさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はい、ティツィアーノの生家、ちゃんと残っていて、内部の雰囲気がとても良いので、上手くあの雰囲気が出る様にと願っています。
    囲炉裏は、そうなんですよ、日本の様に掘り込んだ形ではなく、上で火を焚く形で、レストランなどでもこんな形で肉を焼くのです。
    冬にこうやって火を焚くととても暖かいですし、肉を焼く匂いが、肉を食べない私でも美味しそう!と思いますよ。 

    ヴェネツィアの方も、有難うございます! 良いなぁ、と思って描き出したのですが、へへへ、たくさんの彫像や装飾が描きだしてからが大変なのに気が付きました、ははは。
    何とか纏まってホッとしています、やれやれ。

    スペルロンガの方はかっては鄙びた貧しい漁村だったそうですが、その分元の形が残っていて、なかなか良かったです。
    日本でも島や港町にはたくさん猫ちゃんがいますが、ここももうちょっといるのだろうなと思います。
    トスカーナの田舎に行くと、猫ちゃんもたくさんのんびりしているのが見られて楽しいですよ。
    イタリアにも是非いつかお出かけくださいね!
    2016年06月24日 18:40
  • 小父さん

    Unknown
    こんばんは

    【ティツィアーノの生家  ピエーヴェ・ディ・カドーレ】

    ティツィアーノ・ヴェチェッリオのwiki及び絵画の画像検索をさっと見てきました。

    大画家の生家から何か不思議なものを感じます。

    10歳前後に絵の修業に出掛けるとは裕福だった証拠ですね。
    静謐な空気から三つ子の魂も生まれてきたんでしょうかね?

    この部屋は床、天井、壁とも石造りなんですか?

    shinkaiさんがご覧になって閃かれたものをまだ感じ取ることは出来ないのですが、

    ぱっと見、例えばスコットランド女王のメアリー1世なんかが幽閉された部屋(映画の)なんかを思い出します。

    すみません、どうも私はここでコメントするのに適していないようにも思います(汗)


    【ヴェネツィア夕暮れ・サンタ・マリーア・デッラ・サルーテ聖堂】

    いやー、この聖堂の前でこの時間に立って見とれているように思われます。

    聖堂内の灯りが部屋の中の想像をかりたてますし、街灯?には静けさや夜の帳が下りる時間軸を感じます。

    こんな光景を独り占めできたら別の世界にいざなわれるようです。

    完璧に感じます!

    【2部】

    >オリーヴの木の根元で、ぐっすりの子

    はっはっは
    まるで先ほどの私のようです。

    >椅子の下に歩み寄り、寛ぐ白黒君

    面白いです。
    目から表情が窺えますね!

    >シニョーラ、はい、これで良いですか?という感じ、ははは。

    ねぼけ眼なんでしょうか?
    可愛いです。

    >イタリアはですね、断然男性の方が愛想が良いのです!

    ということはshinkaiさんへのサーヴィスで目を開けたんですか?(笑)

    >イタ女と決め付けたshinkaiで~す、はい

    いやー、仕事疲れかも知れませんよ!(笑)

    どうも有難うございました。
    2016年06月28日 23:27
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    ああ、多分日本でも昔の子供は働きに、丁稚とか職人の見習いに、子供の頃から出て行きましたよね。
    あれと同じだと思うのです。
    家は少々裕福でも、貴族のように遊んでいられる身分ではありませんし、手に職を付けるのに、多分子供の頃から絵が得意なことが良く分かり、賢い子だったでしょうし、ならばヴェネツィアの絵の工房に、という事だったのだと思います。

    ピエーヴェ・ディ・カドーレには、ティツィアーノのは、この自然から色を学んだ、という看板が出ていますよ。

    はい、そうですね、外の壁は石で、床は木の梁の上に石を置いているのだと思います。 中の部屋の壁は木張りです。

    あっ、私もつい最近、スコットランド女王メアリーの映画を見ましたよ。
    バネッサ・レッドグレーヴでしたか?

    いいえいいえ、小父さんがコメントに適していないなんて事、ありませんで~す!!

    デッラ・サルーテ聖堂へのこと、有難うございます!
    はい、もう自分では現在の所満杯です。


    ははは、猫ちゃんの雄、雌は分からないのですが、なんとなしに、声を掛けたら応対してくれた方が、イタ男みたいに感じて、ははは。

    イタ女は本当に厳しい所がありますからねぇ、ははは。

    こちらこそ、有難うございました!
    2016年06月29日 00:49

この記事へのトラックバック