・ 描き始め 花2点 と、 スコミーゴ村の葡萄畑 


  新しく描き始めている花2点を見てやって下さい。

  芥子   11,5x18,5cm  0号相当

+DSC04444s-s-_GF.jpg     

  これは以前見て頂いた、額屋さんで先に買って戻った額、
  黒の幅広の額の小のほうに入れるつもりで描き始めており、

  寸法が小さいので、ここで見て頂くのにも小さくしています。


  赤い芥子は好きな花で、今こちらの野や道端にたくさん咲いていますが、
  撮った写真の中になかなか気に入ったのが見つからず、
  古いスケッチの中から探しだし、描き出しています。


  で問題は、昔のスケッチの描き込みが不足でして、はぁ、
  ここどうなっているの?と疑問点があれこれで、
  考えながら、辻褄を合わせながら、ははは、
  描いております。

  新しく撮りにいかなくては、と思っている所で~す。


  背景は一度金色を塗り、その上から色鉛筆で重ね始めています。
  さて、まだ不安定な自分の気持ちがどう定まりますか・・。


  芽生え   24x19cm  2号

+DSC04440_GF.jpg   
       
  これも先に買った額、楓材の明るい茶色の額に合わせるつもりで、
  描きだしています。

  我がスコミーゴ村に咲く、野生の緑の小さなクリスマス・ローズ、
  川縁に咲く小さなのを描くつもりでしたが、
  前日に見直していて、ふっとこちらにしようと・・。
     

  落ち葉の枯れた中から芽生えた姿、
  斜めに伸び、それに朝日が当っている様子です。

  茶の水彩絵の具を塗り、その上から墨を重ね、
  緑の新芽にはちょっと色を入れかけた所です。

  新芽の初々しい、柔らかそうな緑色が、
  上手く行きますように!



 *****

  今日の第2部は、 スコミーゴ村の葡萄畑

  村のこちら側の畑も何度か紹介しているのですが、
  この春、葡萄畑の畝の間に黄色の花が咲きだし、
  余りにも春の色らしく爽やかで、撮りに出かけたのでした。

  写したのは4月の下旬で、
  今は既に刈り取られてしまいましたが、
  お天気の良い朝の光りの中の様子をどうぞ!
3-DSC04413_GF.jpg
     


  花は何でしょう? 
  こうして見ると菜の花のようにも見えますが・・。
4-DSC04408_GF.jpg
5-DSC04411_GF.jpg
       
  咲いている畝の間と、咲いていない畝がありますから、
  これは刈り取った後畑に鋤き込まれ、肥料になるのでしょうか。




  広い畑の間に道が通り、珍しく柵が開いていて、
6-DSC04414_GF.jpg
     


  向こうの丘の上の畝にも、黄色い花が咲いているのが見え、
7-DSC04417_GF.jpg
     
  手前の土色の畑は、前の葡萄を引っこ抜いて整備中で、
  きっと新しい葡萄の木が植え替えられるのでしょう。




  丘の上の一本の木。 
  素晴らしいお天気の青空でした!
8-DSC04416_GF.jpg

     

     
 *****

◆ グループ展のお知らせです ◆

  我が絵の師であり友人の二木一郎さんが講師をされている
  NHK文化センター、日本画青山教室の皆さんのグループ展
  未然会展が、
  東京中央区京橋のギャラリーくぼた本館3階にて、
  5月9日から15日まで開催されます。
43-mizen 3_GF.jpg
44-mizen3-2_GF.jpg
     
  どうぞお出かけ下さりご高覧賜りますよう、
  ご案内申し上げます。



 *****

  ただ今本家ブログには、ヴァルヴァゾーネ ・ イタリアで一番美しい村々
  をアップしております。  
  http://www.italiashiho.site/

  ご訪問、よろしくどうぞ!
       

   
  

この記事へのコメント

  • 小父さん

    おはようございます
    芥子

    ちょっと日本画みたいに思えました。

    >背景は一度金色を塗り、その上から色鉛筆で重ね始めています。

    なんだか背景の金色から屏風をイメージしました(笑)

    伸びようとしている姿、何かを訴えかけているようにも見えてけなげに思えます。

    >考えながら、辻褄を合わせながら、ははは、

    へーっ、そんなこともあるんですか!
    描くってことは難しいんですね。
    写真だとパチリですけど(笑)


    芽生え

    あれ、こっちの方はもっとけなげですね。

    あります、ありますこんな光景!
    か弱く見えても力強い生命力は神秘的です。

    ああ、朝日でしたか!
    赤ちゃんですね。

    >茶の水彩絵の具を塗り、その上から墨を重ね、

    墨って日本の墨ですか?

    枯れ葉は細かに描かれていますね。
    これも主人公の芽生えの引きたて役なんでしょう。
    いやー、素晴らしいです。

    第2部

    最初の写真はまるで絵画みたいです。

    不思議なくらい畑や畝に木々が並んでいますね。
    いや、雲まで!(笑)

    >広い畑の間に道が通り、珍しく柵が開いていて

    いいですね~。
    奇しくも、昨日は祝日・みどりの日
    「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨だそうです。

    それにもふさわしい写真の数々です。

    >素晴らしいお天気の青空でした!

    うわっ、これいただきです。
    いつか真似できるチャンスが来ないかな?(笑)

    どうも有難うございました。
    2016年05月05日 13:27
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はい、そうですねぇ、私もちょっと日本画風かな、と思います。
    でも、日本画好きですし、日本人ですから、そんな感じもあって良いのではないかと。
    それにこちらの教会の古い祭壇画などは黄金背景の絵もありますし、金の背景が特別日本だけとは限りませんし。

    あの芽生えて来たクリスマス・ローズの茎など、まだ緑になりきらずの部分もあって、
    本当に植物というのは健気に季節をちゃんと感じて出てくるんですよね。
    私もやはりそんなのを改めて感じて描こうと思ったのでした。

    そうです、日本から硯と墨を持ってきていて、すって使います。
    最初の描きだしの時の陰影を付けるのに使っています。 墨だと一旦乾くと上から水彩をかけても動かない、解けないので便利なのです。

    そうなんです、あの葡萄畑を撮りに行った日はとても良いお天気で、紫外線が強いのか、逆に写真の中で暗く写る位だったのです。

    みどりの日、本当に今いろいろな新緑の色が混ざって綺麗ですよねぇ!!

    ゴールデン・ウィークの混雑がそろそろ終わりますから、小父さんもお出かけですね!!

    こちらこそ、有難うございます!
    2016年05月06日 01:28

この記事へのトラックバック