・ 糸杉の道 途中経過と、スコミーゴ村の花々 


  九州の地震速報、先ほど震度5弱の揺れがあった様子で、
  続いている余震と共に、どんなにご心配、お疲れの事かと・・!

  亡くなられた方々のご冥福を祈り、
  一日も早い収束を願います。
  皆様、どうぞお大事に!!
       

 *****

  トスカーナの糸杉の道の、途中経過を見てやって下さい。

  糸杉の道  ピエンツァ

+DSC04406_GF.jpg   

  先回描き始めを見て頂きましたが、

  どんな緑色にしたいのか、するつもりなのか、
  色を重ねつつ塗りこみ、シラミ潰しもし、
  何とかすべらかな麦畑の緑になりつつあるかな、と。

  ええと、シラミ潰しというのは、shinkaiが勝手に言っている、
  色塗りの時に出来る紙の凸凹の、凹の底の白い部分を潰す事でして、

  今は水彩紙を使っているのですが、使う紙のメーカーにより、
  厚さにより、随分と凸凹の目立ち方、出方が違うのですが、
  シラミ潰しをするかしないかで、色のしっとり度がまるで違います。

  それが分って以来、面倒ではあるのですが、
  大体色の重ね塗りが出来かけた時点で、頑張ってシラミ潰しをします。

  で現在、大体の色の方向はOKかなと思うのですが、
  描き込んで行くにつれ、再度、再々度のシラミ潰しが必要な事もあり、
  でも最初ほど大変な事はないので、
  今ちょっとホッとしている所です。


  一番手前下の木立の部分の色は、大体置いた所、
  麦畑の中のトラクターの跡は、位置を大体決めた所で、
  これから徐々に詰めていきます。


  目に青葉 山ホトトギス 初鰹

  う~ん、初鰹がないのが、ううっ、残念なのですがぁ、
  青葉の爽やかさはOK、ホトトギスならぬカッコウの声を聞きながら、
  頑張りま~す。  
     
  

 *****

  今日の第2部  スコミーゴ村の花々

  本家ブログの方には、スコミーゴ村の新緑の様子を載せましたので、
  こちらには、お家の垣根などに見えた花々をご覧頂きますね。

  花は殆ど日本と同じと思うのですが、


  これは、小でまり?  
  イタリア人は余り花の名に詳しい人がおらず、
  イタリア名を覚えないと同時に、日本名も忘れつつあり、ああ!
2-S19_4548_GF.jpg
     


  山吹も終わりかけ。 日本では梅雨頃の花では無かったですか?
3-S19_4556_GF.jpg
     


  これらも名しらず!
4-S19_4554_GF.jpg
5-S19_4578_GF.jpg
6-S19_4559_GF.jpg
     

     

  
  藤の花が満開になりかけ!

  最初の写真のお家のはまだ半分ほど咲いた所で、
  葉も小さく見えないほどでしたが、
7-S19_4620_GF.jpg

     


  毎年素晴らしい咲きっぷりを見せてくれるお家のは、
  ほれ、ご覧の通り! 蜂がぶんぶん言いながら飛び回り・・。
8-S19_4597_01_GF.jpg
9-S19_4595_02_GF.jpg
     


  これなんでしょう?! 紫陽花の小ぶりの花がびっしりの様子で、
  でも葉が紫陽花ではなく、見上げるほどの高い木なのですよ。
10-S19_4594_GF.jpg
     



  最後は、家の近くの広告板。 靴の宣伝も明るい色に!
11-S19_4539_01_GF.jpg
      
      


 *****

  ただ今本家ブログには、スコミーゴ村 春の色たけなわ
  をアップしております。  
  http://www.italiashiho.site/  

  ご訪問、よろしくどうぞ!
       

     


この記事へのコメント

  • 小父さん

    おはようございます
    熊本では夕べの18時近くには震度5強という速報が出ていましたね。
    まだまだ長期化する様相をしています。

    【糸杉の道  ピエンツァ】

    目に青葉 カッコウの声に Vin Santo

    お粗末でした(汗)

    鮮やかな緑が眩しいです!

    ここに居たら俗界のこまごまとしたイライラも忘れてしまいますね。

    ふぞろいの糸杉たちが愛おしく思えてきます。

    これって畑ですよね!
    畑までがエレガントに思えるのは私だけでしょうか?

    >一番手前下の木立の部分の色は、大体置いた所、

    なるほど手前を見ていませんでした。

    ミステリーサークルのようなものはトラクターでしたか!

    下描きからとても印象が変わりましたね。

    ワインが飲みたくなりました。
    素晴らしいですよ!

    【第2部】

    >イタリア人は余り花の名に詳しい人がおらず

    私もいっこうに覚えませんので安心しました。

    でも、日本と同じ花が並んでいてとても親しみを感じますね。

    いやー、今からでも花園に出掛けたくなりました。

    春は素敵です。

    >でも葉が紫陽花ではなく、見上げるほどの高い木なのですよ

    こちらは「他人の空似」かな?(笑)

    >最後は、家の近くの広告板。

    これてっきりブログ開設者gooが挿入した広告かと思いましたよ!(爆)

    どうも有難うございました。
    2016年04月20日 13:25
  • shinkai

    Unknown
    ★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

    九州の地震はなかなか収まりそうも無く、九州の方のブログを拝見するだけでもその大変さが偲ばれます。
    本当にお気の毒です!

    ***
    目に青葉 山にカッコウ ヴィン・サント ですか!
    はぁ、やられました! ははは。

    本当に!! あのオルチャの谷のあの雄大な広さの中にいると、海を前にして感じるのと同じです。
    少々の事はちっぽけな、取るに足らないことに感じられます。

    はい、麦畑で、トラクターの跡がついているのです。 
    麦を踏んづけまわって勿体ない気がするのですが、日本人の私はそう感じるのですが、はは、あの広さの中ではどういう事がないのでしょうかね?!

    ワインを飲まれたくなった?! それはそれは!(揉み手をしています、ひひ)では是非プロセッコの冷えた奴をどうぞ!!

    花の名も種も同じなのですが、よく見るとどこと無く違うのですよね、それが可笑しいのですが・・。

    他人の空似、gooが挿入した公告、ははは、小父さん、さすがです!
    いつも有難うございます!
    2016年04月20日 21:30
  • pinky

    春爛漫♪
    shinkaiさん こんばんは!

    連日の地震のニュースに一日も早く終息を願うばかりです。


    春たけなわなスコミーゴ村を楽しませて頂きました。
    糸杉の道の緑が綺麗ですね。
    これが更にしっとりとした緑に変わっていくのでね。
    すごく楽しみです。
    さわさわと風が渡ってくるのをもっと感じられるようになるのですね。

    コデマリ、ヤマブキ、ライラックみたいな花、ニラみたいな花
    フェンネル、フジ、オオデマリ♪
    あやふやですみません!

    オオデマリはお向かいの家の庭に大きな木があったので
    間違いないと思います。

    真っ白な丈の短いスカートに夏も近いことを感じますね~。
    もう縁遠いものになってしまいましたが・・・(涙)

    2016年04月20日 23:52
  • shinkai

    Unknown
    ★pinkyさん、こんにちは! コメント有難うございます。

    はい、イタリアも地震国なのですけど、有難いことに今住んでいる場所が大変地盤が固い所だそうで、コネリアーノ市内はかなり揺れたという地震でも、ここでは感じないほどなのですね。
    25年間で小さな揺れを一度感じただけで、あの揺れの怖さを忘れかけていますが、ニュースで皆さんの大変さを知ると、本当にお気の毒に思います。


    有難うございます! 今まだ丘の起伏が余り出ていないのですが、もっと広い起伏する野になり、
    なぜか畑によって色違いがあるのですが、そんな面白さも出る様に、描いて行くつもりです。
    上手く行きますように!!

    ライラック、ニラ、フェンネル(イタリア語ではフィノッキオと言います)、オオデマリ、ですか! 有難うございます! なるほど!!
    フィノッキオは大好きなんですけど、掘りに行こうかしらん、ははは。
    オオデマリとはねぇ、まさにそうですねぇ!

    こちらは5月の半ばにはもう暑くなりますから、春が短く、一挙に夏の装いになるのですよ。
    ははは、私など遥か昔の夢物語で~す、ははは。
    2016年04月21日 04:31
  • hiroko

    今晩は(^^)/
    始めまして、
    素敵な所でお住まいなんですね(^^♪
    糸杉の道広~いですねぇ
    緑がきれいですね、
    シラミ潰し懐かしい言葉久しぶりに
    聞きました。

    第2部のお花は日本でもよく見る
    花ばかりです。
    今大阪でも藤の花が綺麗に咲きだしました。
    2016年04月22日 19:05
  • shinkai

    Unknown
    ★hiroko様、初めまして、こんにちは! ブログご訪問、コメント有難うございます。

    はい、「糸杉の道」を描いている場所は、トスカーナ洲のピエンツァで、
    私は北のヴェネト州のヴェネツィアから北に60kほどの田舎に住んでいます。
    が、とても気に入っています。 有難うございます!

    ははは、「シラミ潰し」という言葉自体は、新語ではないですよね?!

    はい、花は特別違う種類がある、というのは少ないのではないかと思います。
    が、ちょっとどこか違う、という感じがします。

    日本は花が季節が動くにつれ順番に咲いていきますよね。 あれが良いです!
    こちらの花は一斉に、植わっている土地の状態によりてんでに咲き始め、薔薇も紫陽花も一年中咲いています。
    2016年04月23日 01:10

この記事へのトラックバック